ジャンリュックが待つ理由

今日はクロエがピーマンを持って種をいただいているシーンに遭遇。
普段は好きなものを食べるためにとっととピーマンを投げ捨ててしまうクロエ。
午後のごはん交換までにクチバシを付けるタイミングもナゾなので食べるシーンはレアレア。
ダッシュでカメラを持ってきて撮影しました。

ピーマンのワタを取り出して種をいただくクロエ。
ピーマンを食べるChloe
使えないぴめーんもここだけはイケるの

ケージから出て来てもその上で佇んだままじっと待っているジャンリュック。
このところずーっとその調子。
自らラックに上がって行こうという気がありません。
こちらから寄っていくとあんよ上げて手タクを要求。
何かが心に引っ掛かって後ろ向き気分になっているのかと気になっていたかつをどり。
でもその割にはるんかるんかしてるなジャンリュック。
よーく考えてみたら、どうやら私にそっと甘えたくてやっているらしいジャンリュック。
夜は夜とて相方に。
よかよかじゃん兄さん、くろちんと共に思いっきり甘えるがよいわ!

ラックの上で指を出すかつをどりと握手するジャンリュック。
Jean-Lucと握手
はいよはいよあくしゅすれば帰らなくていいよな?

ケージの扉にクチバシをかけて触ってもイイよアピールをするジャンリュック。
ケージ扉にクチバシをかけるJean-Luc
ちょっとだけだからね

ラックの上から下を見るクロエ。
ラックの上のChloe
くろえこの部屋の出来事を見逃すわけにはいかないの

2009.07.27 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

コメント

甘ったれは愛情表現?

はああ~。。。くろちんのそのクチバシの、ぴめーんの種になりたい・・・。
クチバシの右横の種の次に、その場所予約~!!まだ締め切っていないわよね?
クチバシが2色になっているくろちんかわいいのー!!
う~ん、くろちんってやっぱりグルメよねー!
ミソとかワタとかおいしい場所をよくご存知だわ~^^

うんうん^^甘ったれじゃんさま、かわいいの~ん❤
おちりを向けた握手の角度もばっちりよん♪
ヨウムさんが甘えるときって、自分が甘えたいだけじゃなくて
愛情表現も含んでいるような気がします~^^
存分に甘えるがよいぞ、じゃんさま、くろちん❤

クチバシ引っ掛けて待つじゃんさま、喜びと期待に満ち溢れて
羽の隙間からも溢れ出しているのね~^^
このお目々、めちゃくちゃかわいいー!!!

くろちん、今日は何か変わったことはございましたか~^^

2009-07-28 火 09:50:54 | URL | りおん #szTeXD76 [ 編集]

くろえちゃんぴめーん(のタネ)を頂く!
タネへの最短距離はソコよねー!持ち方がまたかわええのよ(T T)
ぴめーんも喜んでらっさるわ~♪

じゃんくん、後ろむきな気分じゃなかったんだね(^^)
そりゃ甘えたい気分のときもあるさ!
そゆときはドンドン甘えるべし♪
握手してもらいつつおちりも堪能、はうはういつかわたくしもーー!
むふふ、クチバシかけてるじゃんくんのお顔が幼い(はあと)
きうっと抱きしめたくなる~~~!
ひゅーどかーんうぃんうぃんうぃんもセットでいかがですかっ。
ご所望ならわたくし何度でもー!

んっ、ちゃんと見ておかないとね。
おいちいのとか特に見逃すわけにはいかないのよー
灯台下暗しってコトもあるからねーぃ!

2009-07-28 火 13:04:15 | URL | ほ~せん #KEYj9RPo [ 編集]

「触ってもいいよ」のジャン君の横顔って・・・女のコみたいぃ~(疑惑再燃?(笑))。
1度遭遇させていただいた時にも感じたんですけど
ジャン君って、ニーマよりクチバシが小さいので(ウチのはでか過ぎるって噂(汗))
お目目のキラキラと相まって、とってもキュートです~♪

それにしても・・・クロエちゃんは何をしていても絵になりますね(♪)。
ぴめーんの種に目をキュー・・・確かにレアです、貴重ですっ。
ちなみにウチもぴめーんは食べ物と認めたくないらしいデス。はい。

2009-07-28 火 14:31:08 | URL | ネエサン #4zmNTPVE [ 編集]

りおんさん

写真撮られても知らん顔して食べていましたよ。
なかなか命を全うした気分になれないであろうぴめーんの種たち。
くろちんに渡されたらぴめーん種に生まれた甲斐を感じられるはず!
くろえのコナっぽいクチバシの先がキレイに光って、どこまで突っ込んだか判るようになってますー。
右側の写真は更に深く、迷わず掘り進んでますね。
ミソのいただき方知ってるだろってカッコしてたもんねーい(笑

ジャンリュックに甘えられるのはとっても嬉しいのでぃす。
甘えんぼなんだけど、ストレート表現よりちょっとひねったのが多いのよ。
そうそう、ヨウムは相手に対する愛情をこんな気持ちだよって表現してきますよね。
このくらい甘えるのはこのくらい好きだからと…
何かを認めてくれたときもそうなんだわ。
ヨウムさんって本当にいつも周りと自分の関係を考えてる。
うぃ、引き続き存分に甘えてもらいたいっすわ~!

じゃんの眼、イタズラっぽい眼でしょう?
嬉しそうに待っていてくれるところがそりゃもう可愛いです(^ ^
クロエは欲しいモノを見逃さないので食べ物関係の隠し事がしにくいわー。

2009-07-29 水 12:53:35 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

ほ~せんさん

のぁんとぴめーんはこうやって持つんだこのコ!って(笑
はぢめて知った開口部つかみ。
当たり前のようでいて意外に見られないシーンって多いっすよね!

そうなのねー、行きたいのは判っているのに行かないんだもんねー。
ちょっとだけでも触れたいからかなって思います。
じゃんの甘えかたはとっても遠回しな表現が多いのよ。
それがまた可愛いっちゃ可愛いんだけど…わかりにきーっす!
ヨウムのおちりがぷいって上向いてるのって萌え萌えよねおくさま!
じゃんはこうしてクチバシ掛けると、ほらほらおいでよって眼で誘ってくるんす。
くりっと眼を動かされるとあああがんばるわっって思うわ。
ひゅ~どか~んもこーゆー流れだとやりたいのかもしれない。
みんなにしてもらったらどんな顔するじゃろか(^ ^
チャンスがあったらぜひぜひひゅ~どか~んやらかしてみて欲しいの!
じゃんは人が好きなので本当はみんなと遊びたいんだわ。
かわゆいおねいさんが出現したら内心こそっと喜びますぞ~。

こんな厳しい監督をしているクセに、たまに目の前のエモノを見逃してることが(笑

2009-07-29 水 12:56:55 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

ネエサンさん

ありがとうございます(^ ^
やっぱりニーマさんは体格がよくって大きいのねー。
ジャンリュックはどのコをお迎えするかと見に行ったとき、1番クチバシが立派だったの。
だからジャンリュックのクチバシはそんなに小さくないハズ(笑
男のコのクチバシだったってことでしょうね。
じゃんは男のコとしては大柄じゃないから、比較すると大きく見えないのかな。
でも普段の彼を知ってると女のコに見えることはまずないすわ~、頭しっかりデカイし(笑
どっちかというとくるくる表情が変わるから、その表情の多さがじゃんの特性かなと思います(^ ^

ニーマさんもぴめーんは食べる気ナシですか。
あれは刻んで遊ぶと面白いんだよって教えてあげてもダメぇ?

2009-07-29 水 12:57:43 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

2回めですが・・・(汗)

これだけは一応断らせていただこうと思って~。
ニーマは体格がいいわけぢゃないんですぅ。ただクチバシがデカいだけ(笑)。
体の大きさとのバランスの問題なのかもしれませんが。

じゃん君については、以前じゃん君に会った時に感じた、
頭の形がしっかり角型で「わぁ~♪男の子♪」って思ったすぐ後に、
「クチバシが可愛らしい~」と思った印象を
未だに引きずってるだけなのかもしれないです~♪

2009-07-30 木 10:04:32 | URL | ネエサン #- [ 編集]

ネエサンさん

私はニーマさんとお会いしたとき堂々として立派なコだーって思ったんですよ(^ ^
彼って羽もクチバシも実にキレイで、クチバシはホント特に立派でした!
でね、ネエサンさんに今回のコメントいただいて、じゃんのクチバシは男のコとしてフツーなんだよなーって、膝を叩いて思ったの(笑
相方に男のコ同士で比べたら別に大きくないじゃんねって言いながら今更納得。
クロエが小さいもんだから、余計ですね。
わざわざフォロー&お気遣いいただいてすみません(汗
漢らしさを強調したかったわけぢゃないの、じゃんは可愛いと言われてとっても嬉しいです。
優しい言葉をありがとうございます。
ニーマさんの立派なクチバシ、密かにいいなあと思っておりますが(爆

2009-07-30 木 22:50:55 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード