クロエが伝えてくる気持ち

ジャンリュックがぶっ飛んでいったりするとき。
彼は大袈裟に心配されると表情が曇ります。
クロエはびっくりして飛び立っても余程のことがない限り自分の力で危険回避が出来るコ。
でも彼女は自分も心配して欲しいと思っているから、放っておくと怒りを胸にため込みます。

自分がワルいことをして叱られると嬉しいジャンリュック(噛んだときとマジは別)
腫れ物のように扱われるのが嫌いです。
叱られるのが嫌いなクロエ。
でも何かを落としそうになったりつついたり、そんなことばっかりしてるクロエ。
ジャンリュックより動き回っているから、もらう注意も盛り沢山。
私が本気で叱るのはかなり危険なとき、痛いことを教えるときの一瞬だけ。
それでもコラコラーとか言われる度になんでクロエだけ…と思うらしいのです。

クロエはずっとそんな気持ちを持ち続けているのかもしれない。
フォローしているつもりでも彼女の心にはそんな疑心暗鬼がくすぶっているのかもしれない。
さっき、なんとなくクロエがそんな気持ちを投げてよこしたような気がしました。

あんよのお手入れをするクロエ。
Chloe
こんなときくろえは余計なことを考えないの

クロエのあくび。
Chloeのあくび
なんか…まだ寝る時間じゃないのに…だまされたぅゎぁー

クロエがジャンリュックのケージに入り込んでのんびりしたがる行為。
あれはやはり輪の中心にいるためだと思います。
いやそれは五分。
もちろんクロエである以上、食べっこだからという理由が五分。
だけど彼女はものすごく淋しがっているような気がします。

そう。
つんつんしてとりつく島もないことも多いクロエですが、それでも頑張って点稼ぎしろと。
ワルいコトしても優しくヨシヨシしろと。
具体的に言うとなんだかなですが、これもひとつの真実。
ヨウムたちは状況が解った上で、常に相手に気持ちを証明して欲しいと思っているから。

そんなクロエにさっき死ぬほど申し訳ない気持ちになってがっつんがっつん謝りました。
共に頷きあってわかった、大丈夫という顔をする太っ腹なクロエ。
ただまあ、○○ちゃんのことだからどうせアレだよねって思われたようです。

ジャンリュックのケージに入っていくクロエ。
Jean-Lucのケージに入って行くChloe
うっふん今日もよろしくね

カメラと見つめ合うジャンリュック。
Jean-Luc
じゃんの真実を写してくれたまえね

2008.10.01 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

コメント

だってクロエちゃんは

「やればできる子」ではなくて「ちゃんとできてる子」だから。
しかも「相当できてる子」だし。
その辺をね、きちんと「やっぱりすごいねクロちんは!さすがだね!」って言われたいよね。
ちゃんとできてて当たり前な子はさ、その辺ほっとかれるからね。。。
駄目な時も勿論あって、でも普段できてるからその部分だけやたら目だって怒られたりするのはやっぱ「なんでぇ?!」って思うんだよね。
いつもちゃんと頑張ってるんだからさぁ、ちょっと失敗した位見ない振りしてくれてもいーぢゃーんっ!って思うわな。
女子はね。。。クロちん、女子はそうなんよ。。。なんでじゃっ!って正に思う事ばかりよ。。。。ふーっ。。。飲もうか。。。。うん。。。

2008-10-01 水 21:33:34 | URL | jojo #- [ 編集]

かわいさは同じなのですけれどね^^

ライバル意識なのかなあ・・・?
わんこも多頭飼いしていると、自分が一番なのー!!って
アピールしてくる子がいるけれど、そういう子は例外なく賢いです。
できる子なんですよね。
ヨウムさんは賢いだけに、その傾向が強いのかしら?
かわいさは同じなのですがね・・・手をかける必要があるかないかだけなんですが・・・それを理解してもらうのは、難しそうですね~。

くろちんのあんよアップ、ごちそうさまです~!!感涙TT
あくびもステキ!
じゃんさまのまんまるお顔、かわいい~^^
おかげさまで今日はいい夢みれそうです。


2008-10-02 木 01:09:48 | URL | りおん #szTeXD76 [ 編集]

jojoさん

クロエは出来るコかあ…
彼女は凄い勢いで感受性を獲得して来たので、実際思うところがありすぎて。
ちゃんと評価しているつもりなんだけど…言われたいこと全部じゃないとイヤなんだろうな。
それもズレたほめ方されると腹立つモノよね。
正当な評価ってのは、比較でないけど競争で成り立つ部分がありますよね。
肝心なときに比較して上だと認めて貰えず、何故かワルいときだけ怒られたらそりゃがっかり。
jojoさん、まさにそういうデキる女子なんだろなと勝手に思ってみた。
いっちゃん大事なところをほっとかれてたりする子?
だとしても見てるひとは見てる、解ってるひとは解ってる。
んでもってくろちんのぶんは、jojoさんが話聞いてやって…くろちん、お水の水割りで。

2008-10-02 木 04:36:47 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

りおんさん

ライバル心はあるんでしょうね。
たとえ仲良し同士でも競争意識は芽生えるし、良くも悪くも他者と自分を比べたくなる。
わんこも賢い生き物として、そういう意識は強いんでしょうね。
わんこだから特に順番を気にするのでしょうか?
ヨウムっていうのは、家族で自分の位置づけをするときにタテに順位付けをしているわけじゃないと思うんです。
賢いだけに、他者との関係に複雑な力関係が出来るのは自然の成り行きだなあとつくづく思いますね。

くろちんのあんよの先、ピンが甘くなってしまいますた…
くっきり写ってたらもっと悩殺だったのにぃ(笑
ヨウムのあくびは舌の形や位置がまた楽しみですよね。
ふふふふー、じゃんの正面顔、軍ちゃんまんじゅうとはまた違った風情で攻めてみましたよ。
たっぷり休んで楽しい夢で、明日の活力を養ってくださいまし!

2008-10-02 木 04:39:46 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

またまたおじゃまじゃま

正当な評価って人間同士でも難しいですよね。。。
何が正当って永遠の問いだと思うす。いっちゃん大事な処ってとても個人的なひっかかりの部分だから、他者からは見極められないのもあるし。。
jojoんとこの数種間でも「偉い」というヒエラルキーは持ってないように見えますね。でも「羨ましい」とは思うみたい。

クロちんはできる事の中でも、褒めてもらいたい部分とスルーしてもらいたい分があると見ましたわ。
できてない事は全部スルーして下せーなのは人間も同じ(笑)
ヴィッ○ルのアル○ス天然水割りにする?JOJOはヴォル○ックの浄水割りにするって。シングルモルトに拘るらしいよ(笑)
ほんとだ、じゃん君の正面は軍ちゃんよりちょいシャープ!

2008-10-02 木 12:35:44 | URL | jojo #- [ 編集]

いつも拝見させて頂いて、かつをどりさんの言葉を噛み締めて
いるんですが、考えてるうちに言葉でどう表現すればいいのか、で
詰まってしまってコメント書けない事もあります。
いや、考え込んで沈むという感覚では決してないんですよ。
ああ、思ってる事があるのに私は上手く表現出来ないなぁ、と。
クロエちゃんはやっぱり私と被るとこがあるのよねー。
怒られるの嫌なの。あるじに。でも私は自分なりに進歩してるから
それをあるじに評価してもらいたい。
でもクロエちゃんの方が大人だと思うわ(笑)
コドモでいたい部分と、大人な部分と。
同種の仲間がいるっていう事は、特にそれがあにいもうとのような
関係であれば、本人達が得る事も多いけれど「なんで?」って思う事も多いの
でしょうか。1人っコでも勿論みんなそれぞれ思うところはあるのだけれども。
そういえば、ゆーちゃんは今まですぐクチバシが出るコだったんですよ。
反射的にガブ、と。それが自分が家族の一員であるとはっきり自覚した
辺り、今年位から噛まなくなったんですよね。寸止めするんです。
噛む事を推奨する訳ではないけれど、ここまでセーブされると胸が詰まる。
エキサイトして遊んでる最中位たまには指と区別つかなくてもいいじゃん。
なもんで今までとはちょっと違った戦いをしてもらったりしてみました。
あるじが布団からナマ足を出し入れ。ツボにハマったよーです(笑)
クロエちゃんが凄い勢いで感受性を獲得したように、ゆーちゃんも今まで
コドモの無邪気さでいろんな事を受け入れられていました。
大人な部分が出てきて、自分の中でせめぎあってる感じがします。
ホントにもう、このコ達ってなんて思慮深く、愛おしいのでしょうね。
ああ、毎度支離滅裂でごめんなさい(T T)しかもなげーよ!俺!

2008-10-02 木 15:03:27 | URL | ほ〜せん #KEYj9RPo [ 編集]

jojoさん

そうなんですよね…
みんな自分を評価されたいと思っているはずだし。
その基準が様々なことは鳥たちも同じ…そのコたちの資質を出来るだけ見極めてやるしかないと。
鳥ってつまり、タテ構造に頼らなくても「価値」を理解する生き物なんだってことですよね。
ああそれってホントスゲーと思うッス!
くろちん、選んでスルーして欲しいのは確かにそうだわ。
彼女どーも見た目を褒めても喜んでくれてないような気がする。
うをー、なんかその水割りゼータク!JOJOたん違いのわかるおとこのこだよねぃ。
コント○ックスとかだとコドモはおなかこわしそうだなー(笑

2008-10-02 木 20:48:21 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

ほ~せんさん

とってもよく解ります、心のうちを表現するのって難しいですよね。
言葉がそこに並んだ時点で意味を持ってしまうから、慎重に語ろうとすると今度は当てはまる言葉が見つからなかったり。
クロエの感覚は誰にでもある感性なんだと思うんですよ。
ひとは本当に評価されることが必要で、それなしには生きていけないもの。
ほ~せんさんの感じ方はむしろ当然で、とても健全なありかただと思います。
最終的には他者との関係をうまく作用させるための表現を心がければいいんですよね。
わ、私はそこんとこダメダメですけんどorz

うちの場合完全に兄妹ではなく男女の意識もあって、性格的に程良くリラックスしやすい関係でもありますね。
でも同種であるということは、激しいライバル関係を生む可能性もより強くなると思います。
これも相性というものがあって、ある面でよくてもある面では悪い、ピッタリなことはきっとほとんどないんじゃないかな。
クロエはもっと幼い頃はほんとおサルだったし、このコは毛引きと無縁だと思っていました。
3か月ちょいの時、輸入時の輸送で何らかストレスバーが入るのが普通なのに、それがない珍しいコだと病院で言われたんです。
でも今じゃワキの下とかだけでなく襟の回りもやってます。
一見解りませんがかなりヤバくなってるんですよ。
考え得るあらゆる理由、根拠…いろいろありすぎて奥が深いです、本当に。
ゆーちゃん、成長過程で起こるジレンマなんですね。
この世のあらゆるものは二面性があるし、ジレンマがあり命題を持つ、それこそが成長のカギだから。
それは大事なことで、避けて通れないこと。
ゆーちゃんが噛んだらいけない、我慢しなくてはいけないと思う過程があればこそ、ゆーちゃんの次のステップがあるんだものね。
否定的な物事なのか、どの程度まで許されるのか、それを理解するために揺れて戻るのは大事な大事なオトナへの階段だから。
愛おしく見守るほ~せんさんたちの存在がある限り、ゆーちゃんは何があっても幸せなコでいられます。
自信を持ってゆーちゃんのこと守ってあげてくださいね。

2008-10-02 木 20:49:27 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

わわわ。。。みなさんのコメントが

とても内容があって素晴らしい。
「くろちんのあくびに萌えたぜ~」とタイトル書こうとした自分が(恥)。

くろちんの気持ち解ります。
出来ちゃう子はつい後回しにされちゃうんだよね。
でも「出来る」と心の繊細さは当然別ものであるわけで。。。
うちはマーが飛べないから放鳥中全員がパニックしたとき、
落下してしまうマーから助けるのが当たり前としてきた。
キーは何事も受け入れる器があったし、すべてにおいて出来る子だったけど、
グーはくろちんと一緒で傷ついていたかもしれない。
今はひめ丸との放鳥をあきらかに不快そうだし(これはひめ丸も同じ気分)、
グーだけをリビングに連れてきて相方と私のさんにんで過ごすと
幼児の様にキャッキャ遊び回るの。
自分だけが見られてることを身体いっぱいでウキウキしてる。
キーとマーが空から見てる今、グーは更に甘えっ子になってしまいました。

くろちんも愛されてるって解っていても、更に試したいんだよね?
不安なわけじゃないけれど、毎日愛されてることを確認したいんだよね。
そんなことが出来る、それこそが愛されてる証なんだよ、くろちん。
ねっ?ジャンさま♪

2008-10-02 木 22:01:29 | URL | sas_p #t50BOgd. [ 編集]

sas_pさん

いやんおくさま、くろちんのあくびネタ大歓迎ッスよ!
それぞれ思うところもツボもあるんですもの。

sas_pさんのうちの中で起こっていたことは、至極当然のことだと思う。
そういう葛藤って避けて通れないもの。
マーチャンのときは対応としてそうあるしかなかったのでしょう。
ヒトも鳥も関わり合いの中で傷つかない、全くストレスがないなんてこと有り得ないし、それは成長すべきモノの芽を摘み取ることにもなる。
でもそれを強さの元に出来るかどうかは、やっぱり状況によってまちまちだよね。
最善の道は結局判らない。
ただなんであれ畏れないことが大事だと思います。
グーちゃんとひめ丸さんの道に交差する部分がないのなら、別々の時間を持つのが1番なのかもしれないね。
自然に過ごすうちに、いい方向へ誘導してあげられればいいけど、それが何かは…
幸せなグーちゃんでいてくれればそれが最高な過ごし方。
長い時間を共に過ごすことを前提に、無理なくできるといいね。

愛されてるって言われることは、必ずしも全てじゃないかもしれない。
認められることとは別だから。
認める言葉を聞けば、それは愛の証拠かもしれません。

2008-10-03 金 12:57:24 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

子育てを思い出す・・・・

うちは、ミチルがじゃんさまタイプ、チルチルがくろちんタイプの幼児であったのだ。
性格の違うふたりを叱ったり注意したりするとき、
ああそうだな、悩んだよな、と思い出しました。
謝ったことも多かったよ・・・
じゃんくろ、それぞれの人格を丁寧に認められて愛されて、
ほんっとに幸せなコたち(^^)

2008-10-04 土 19:42:32 | URL | ルー #OucFHXVM [ 編集]

ルーさん

ルーさんは常にそういう子供たちを見て育て、違いの意味を感じてきたのね。
それぞれの個性を見てあげることでルーさん自身も多くを学んでこられたのでしょうね。
大切なことは何か判ってはいても、現実の出来事はきっとはるかに複雑なのね。
コドモたちは常にそうやって個性を発揮して、いろいろな問題をくれて。
悩むことがひとつの幸せなのかもしれない。
じゃんとくろえを可能な限り尊重して行きたいと思うけど、どれだけのことが出来てるか…こちら側の視点だけでは判らないよね。
彼等も幸せでいてくれるといいな、本当に。

2008-10-06 月 13:17:13 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード