おはようのご挨拶

朝鳥たちを起こすと、クロエは「おはよう」を言ってくれます。
このところ朝のセッティングが終わる頃までやたらおはようを連発するので、おはよう返しが大変です。
しかしジャンリュックのほうは、絶対におはようを言ってくれません。
小さい頃から何度かはその言葉を口にしましたが、今では幻の言葉に成り果てました。
朝起きたときの挨拶は「おはよう」なんだと知っているのに何が何でも言いません。
その代わりといっちゃ何ですが、「くるんくるんくるん」と言いだしました。
クチバシのところでくるくる巻いてぽん、とやる遊びをするのですが、何を思ったかジャンリュックはそれを朝の挨拶にしてしまいました。
昨日の動画でクロエがやっていた「くるくるくる…」の元ネタですが、何やら語感が大好きな模様。
鳥たちのカバーをめくっておはようと声をかけるとジャンリュックに「くるんくるんくるーん」と言われちゃいます。
「はーい。くるんくるんだねー」と返しながら、これがデフォルトになっちゃうのか?と複雑。
実際クロエはジャンリュックのすることを真似したがるので、おはようが一時くるんくるんになりかけてしまいました。
「くるんくるんじゃなくておはようだよ」
と訂正するものの、ジャンリュックを否定するようであまり言えません。
彼のやる気を削ぐわけにはいきませんのです。
只でさえ頑固で寡黙になってしまう男ですから。
男の挨拶がくるんくるんでも無問題だってば。
朝のジャンリュック
これがじゃんの挨拶なんだもん

2007.06.25 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

コメント

くるくるくる~ん

ジャンリュックさんはお気に入りの言葉で朝の挨拶したいのかな~
でも挨拶って世界各国様々だからくるくるくるんがあってもいいですよね~
ジャンリュックさんの国ではくるくるくるんで。

2007-06-25 月 20:05:53 | URL | sakura #- [ 編集]

かわいい~!

かわいい~!ようちゃんは朝は絶対に「こんばんわんわ!」と言います。絶対に自分を曲げません!でもひと段落ついた頃話しかけると「こんにちは!」とか「おはよ~!」とまともに答えてくれます。どうやら朝の挨拶は「こんばんは」じゃなくてはダメ!と決めているようです。夜黒い布を掛けた後に私達の声が聞こえるとやっぱり「こんばんは!」と声を掛けてきます。(笑)単にこんばんはが好きなだけかも・・・でもヨウムってこだわりが強いような気がします。

2007-06-25 月 20:36:26 | URL | まめ吉 #TT0fzUCU [ 編集]

こんばんは、sakuraさん

そっかぁジャンリュックの国ではくるんくるんなんですね。
今日も回してますかーってご機嫌伺いするのもいい感じです。
くるんくるんが朝の挨拶の国ではみんなが性格も円くて住みやすそうな気がしてきましたー。

2007-06-26 火 00:49:11 | URL | かつをどり #- [ 編集]

こんばんは、まめ吉さん

おお、ようちゃんてばすごいですー。
あくまでも自分を曲げずに通したあと、相手を立てようと挨拶を返してくれているみたい。
ヨウムさんってそのコだけの決め事を何か必ず持っているみたいですよね。
「こんばんは」好きのようちゃんに他に譲れないものは? って聞いてみたいです。

2007-06-26 火 01:02:49 | URL | かつをどり #- [ 編集]

くるんくるんぱー!

くるんくるんであいさつっていいじゃないですか?
アオはごにょごにょ宇宙語が何かはっきりはしてきましたが
やはり何が言いたいか分かりません。ラブバの鳴き真似かぴよーっぴよーっとは頻繁に叫びだしました。
ちょいうるさいですが我慢することにしています。ぴよーっぽぴっ!

2007-06-26 火 12:19:28 | URL | アオ #Gu5nr342 [ 編集]

こんにちは、アオさん

ヨウムそれぞれに言葉や様式が違うってところが味ですよね。
アオさんはいよいよお喋り爆発しそうかな?
ぴょーぽぴっ、って速攻で頭に浮かぶ音ですね。

2007-06-26 火 15:07:56 | URL | かつをどり #- [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード