じゃんくろ劇場-No.33

洋鵡的官能世界・R18指定ありの巻
じゃんくろ劇場-No.33
なんだったのかなんて聞かない方がいいと思います。

●この物語はフィクションなんだぜ。登場する名称は全て架空のものであり、 実在する団体、地名、企業名、個人とは一切関係ありませんぜ。

2008.02.06 | | Comments(16) | Trackback(0) | じゃんくろ劇場

コメント

洋鵡的官能小説

ヨウムならやっぱりこなは、こなでもそっちの粉なんですよね。
それはやっぱり外せない。(笑)
いや~~ちょっとドキドキしちゃいましたよ。
続き読みたいと思ったら齧られちゃったよ~~(泣)
どうなるの~~続きは~~続きは~~

2008-02-06 水 22:48:38 | URL | sakura #- [ 編集]

わらった~

ヨウムの嘴の粉と官能小説を結びつけるとは。。。
やぱスゲっす、師匠!

まだ粉砂糖が…の『粉』に過敏反応してしまった私。
鳥飼いは『粉』に敏感(笑)
ヨウム的官能小説もっと読みたいです!
クライマックスを是非!

2008-02-07 木 08:24:41 | URL | sas_p #t50BOgd. [ 編集]

刺っ激的~

J氏に現実に引き戻されちゃったけど
続きを読みたいなあ・・・なんちゃって(笑)
C嬢の「齧ってどーする?」的表情が何とも言えず
かわいらしいので今日はC嬢の勝ちかな。

2008-02-07 木 08:53:08 | URL | アオ #Gu5nr342 [ 編集]

官能のつぼもヨウムの数だけ~

じゃん様ドキドキして先が読めなかったからちぎっちゃったんね?
「ぅぅうわぁ~!」ってなった中学男子みたく、ぷぷぷ。
「粉をふき取る」ってのがヤマね!
「微かな粉の残り香」とかも切なくていいよね、クロエ先生!
「彼女の豊かな首のモフにそっと顔を埋め…」とかさ。
あー、ヨウムロマンス妄想一直せーんっ!(ごめんなはい)

2008-02-07 木 09:50:23 | URL | jojo #- [ 編集]

ヨウムチックな校正

ジャン様素敵、何と素敵な手直しなんでしょう♪
クロエ嬢は、人間描写で書いてみたのね。可愛い♪

やっぱり、黒い魅力的な嘴と。
あのコナが意味深になるのですね。う~ん、ヨウムチック。
続きが気になる気になる~。
真っ赤な尾羽は、小刻みに震え彼女の気持ちを代弁していたなんちゃって。
いいわぁ、妄想が広がります。

2008-02-07 木 10:41:53 | URL | 楓 #VLBf9j/g [ 編集]

ヨウムって官能的インコ

けっこう・・どきどきしちゃった。
かつをどりさん、官能小説家の才能もあるんじゃね?
あ、ヨウム的官能小説家の・・・。
私もクライマックス気なるなぁ・・・。
「彼女は、快楽のあまり彼の小指をきゅっと血が滲むほど噛んでしまった」なんちて?
ヨウムのカキカキしてあげると目をつぶる恍惚の表情、ちょとエッチな感じと思うのは私だけでしょか?(^^;

2008-02-07 木 14:03:59 | URL | sana #AW0hm7dg [ 編集]

ぷすぷす言っていいですか

…そしてクロエ嬢の官能小説を読んでしまった
おかず作りに飽きた主婦おみちがふと足もとに目をやると
半ば開いた引き出しからむっちりと熟れたぽーちゃんが
「アタシをかいて!」と潤んだ瞳でこちらを見上げているのだった。

半開きの黒いクチバシから誘うように黒い舌をひらめかせている。
「ぎゃーモエス!」
今日ならイケるかもと指がぽーちゃんをゆっくり回り込んでかのじょの…
「アッいたい!カンニンして!」

今日はねー右手の小指にあったさかむけ
ぴーって引っ張ってくれてね、
小技が効いてて怖いです。
でも大丈夫。M女だから。

2008-02-07 木 18:43:19 | URL | みちよ #AbZbc6b6 [ 編集]

sakuraさん

うふふふ、魅惑の粉でございます。
ヨウム飼いの皆様にはすぐに通じるやめられないお粉。
続きはオトナの会員制クラブにて配布されます。
そのクラブは耳毛同盟でもなければマニヤの会でもありません。
路地裏をお訪ねください、見つかれば奇跡。
…だってまだ何も考えてないんだも~ん(爆

2008-02-07 木 19:23:20 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

sas_pさん

笑っていただけたので安心して粉生活を続けられます、ありがとうありがとう。

粉マニアのココロをくすぐれば共感が得られると思ってしまったざます。
うふん、やはりヨウムコナはど真ん中に直球だったのですね。
クライマックスは18歳以上であることを証明された方のみ閲覧できます。
証明したからって閲覧を保証するものではありません。
なぜなら。
だってまだ何も考えてないんだも~ん。

2008-02-07 木 19:29:56 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

アオさん

じゃんのヨウム的官能はやっぱりちょっと違った?
私は私でくろちんがほんとにこんな小説書き出したらすごいだろうなあと考えながら描きました。
親だったらどーすんだよみたいな(笑
続きはデスねえ。
…ヨウム5歳の考えたクライマックスでいい?

2008-02-07 木 19:35:39 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

jojoさん

中坊だったらそらもうドッキドキでしょうなあ。
ヨウムっていくつで官能のツボを極めるンスか。
やっぱ5歳にして官能小説界の彗星となることもあり!?
妄想突っ走ってくれますか?
クロエはjojoさまの秘孔を付いたざますか?
しばし粉幻想に酔いしれていただけますれば幸いでごんす。

2008-02-07 木 19:43:18 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

楓さん

うふふふ、まさにヨウム的なる校正。
粉とクチバシでございます~。
つ、続きはクロエの都合次第で(笑

ヨウムのクチバシはヨウム同士では淫靡なイメージあるんでしょうか。
尾羽、これほんとにロマンを感じるかもしれませんねヨウムたち。
マニアな人々が集うと粉にもディティールにも敏感ですもんね。
それだけでクライマックスが出来ちゃいそうだ~(笑

2008-02-07 木 19:53:24 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

sanaさん

ドキドキしちゃってくれました?
コナマニアがヒト向けの官能小説書いたらとんでもないことになりそう(笑
sanaさんのそれ、リアリズムの追求ね!
血が滲む小指…それそれ。
ヨウムの恍惚の表情にはエロスを感じますよね。
でも危ういところで留まっているのがいいのかな。
まだない続きをいつかクロエに書いてもらおうかなw

2008-02-07 木 20:02:02 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

みちよさん

おや、コメント欄に官能ヨウム小説がもひとつ落ちているよ。
主人公はみちよさんという主婦であるようだ。
熟れた主婦かと思ったのだが、熟れているのはぽーちゃんであった。
話は始まったばかりだというのにもうアヤシい空気が取り巻いている。
読み進めると黒いクチバシを駆使する描写が。
い、痛そうだ!
これは、これはSMしょうせつなんぢゃあるまいかっ。

SなヨウムMなみちよさんという、何気ないようでいて刺激的なこの設定。
いかにもそそられるのだが。
なんかでも、解決しちゃったようだ…
今度ぽーちゃんのぷすぷす音が聞こえてくるのは一体いつ?

2008-02-07 木 20:15:16 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

同じリズムで

かのじょのどこをどうするんですかーーーー(叫
こんもりとしげったはいいろの羽根をそっとかきわけぴんくいろの地肌を
同じリズムで刺激しつづけたりとかするわけですか~!
コーフンしてしまひましたぜ。
だいたい、ヨウムの舌とかたいそうエロい形状してますよねぃ。
ロリコンが見たら鼻血を噴水状に出しそうな形状ですしーーー

くろちんの次回作にハゲしく期待。
黒絵は黒く輝く爪で乱暴に愛するかつをどりのメガネをはらいのけた。
そしてカノジョの額を嘴で打擲し薔薇のようなアザをきざみつけたとかなんとかかんとか

2008-02-07 木 22:12:33 | URL | ルー #OucFHXVM [ 編集]

ルーさん

ルーさんの官能も相当なトコまで掘り下げてますな。
ちっとやそっとではルーさんを満足させらりないような気がするぅ。
でもヨウム官能、これ最強。
ヨウムの舌って気持ちいいですものね。
サラサラのくろい舌。
アレって個体差あるのよね…どこまで黒いのか、とか。

ぢゃ、5歳児の書く官能世界に乞うご期待っ。
って、そのあとの創作文、Sが書いてるわ。
別の意味でリアルで痛いわ痛い。

2008-02-08 金 12:18:33 | URL | かつをどり #npNid/5k [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード