ジャンリュック、ちょびっと頑張る

棚の上の折り畳みケージに張りついて降りようとしないジャンリュック。
なんかえらい嬉しそうなのは、たまに冒険した!と思えることをしたからでしょう。
彼にとってはこれはなかなかスリリングで微妙な出来事の一つです。
降りようとしないのはここに留まりたいという欲求と、手に乗ることがストレスになるという二つの理由があり、そのストレスも手の向きとかどっちの手かとか、失敗したらどうしようとか思うことから生まれます。
彼は成功を夢見ています。
ほかのヨウムにとっては簡単なことでも彼にとって容易とは限りません。
彼は自分を知っていてそっと悩んでいるのだろうと思います。
本当は可能なこともその複雑な意識ゆえにやろうとしないことが沢山あります。
彼を励ますことは大事な日課です。
ところで彼はステンレスのアミを差し出されて無事に下界に帰ってまいりました。
ケージに張りつくジャンリュック
たいしたことじゃないもんね

※ちなみに昨日のメジャー、プラが破壊されたところで取り上げられてしまったふたり。
ファイバーグラスを齧ると内臓に悪影響がありそうですし、バネがびよーんとか飛び出す前にやめさせないとヤバげです。
逆さクロエ
アクロバットはクロエさんが一手に引き受けてます

2007.06.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード