ジャンリュックの野望の邪魔をした

ふと見上げるとクロエに向かって頭を差し出しているジャンリュック。

J: 掻いて。
C: は。なんでくろえが。
J: 掻いて~。
C: う…うーん掻くのはイヤだけどちょっとだけ相手するか…


その後行ったり来たりして落ち着くポジションを探すじゃんくろ。
大体いつもの場所に収まってふたりの世界に入ります。
この状況なら写真を撮っても気にしないぞバシバシ。
横から撮りたいなバシバシ。
ところが私が立ち上がった途端に空気が変わる音が。

さささと離れた枝に移動するクロエ、呆然とするジャンリュック。
いつでも逃げ出すきっかけを探していたんだねえクロエさん。

そんなわけでじゃん兄さん、済まん。

クロエ左に頭を差し出すジャンリュック右。
Jean-LucとChloe-1
J: 掻いていいんだよー
C: じゃん…くろえあの頃のこと忘れてないから


ジャンリュック左とクロエ右・プレゼント交換。
Jean-LucとChloe-2
J: 愛し合うっていいなー
C: もらえるってイイけどねー


ジャンリュック奥から離れて止まり木に移動したクロエ手前。
Jean-LucとChloe-3
C: それじゃそういうことで
J: ………なんで?

2011.06.10 | | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード