万願寺とうがらしの運命

珍しく万願寺とうがらしを見つけたので買ってきました。
どうなるか本当は判っているのです。
表面が柔らかいと真剣に相手をしてくれないジャンリュックであり、いきなり投げ捨てるに違いないクロエだから。
しかしピーマンはそれ以上にダメダメなものしか売っておらず、目先を変えるのも考え方のひとつ。
少しでも野菜を口にして欲しいと僅かな望みを抱きつつ。

上・中: 万願寺とうがらしと準備した朝ごはん。
下: 食後のクロエのケージにて打ち捨てられた万願寺とうがらし・じゃんケージも同様の光景だったため省略。

万願寺とうがらし
そんなわけで結局ヒトかじりもされないという結果に。
各方面の方々に申し訳ない結果になりました。

かじり木コーンを愛でるクロエ。
かじり木コーンとChloe-1
えへここのはしっこはくろえのクチをセルフカキカキするのにぴったり

左: クロエケージに入り込んだジャンリュックと心配になって様子を見に来るクロエの足。
右: クロエケージで用を足すため腰を落とすジャンリュック。

ChloeケージのJean-Luc
ちっくろえがきた…戻って来なくていいのに
あっち行ったから安心してよいしょ


かじり木コーンを囓るクロエとかじり木コーン本日の最終形。
かじり木コーンとChloe-2
今回はムダなく齧り終わることにしたの

2010.07.12 | | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード