シリコンシートで半年

昨年の秋以降、ケージのトレイの中敷きにシリコンシートを使っています。
それまで毎日新聞紙を折ってきましたが
・うちでは新聞をとっていない。
・実家からもらってくるのでいちいち確保するのが面倒。
・切らすと買うのが勿体ない&面倒。
・うっかりスポーツ新聞だったりすると派手すぎ&紙面がゴチャゴチャでワケが判らず、糞のチェックに向いていない。
・ゴミの量が多くなる。

等々やめたい理由があれこれと浮かび上がります。

エコや節約のためなどという立派な目的ではありません。
「何かを切らす」事態になるのがかなりイヤであることと、毎日新聞折りをしなくて済むという考えからです。

理想はシリコンシート。
でもそれは高いので、まずビニールシートで敷き紙交換に代わる掃除の仕方を研究しようと型を取りました。
(洗って離型剤を落とし、一定時間干してビニール臭を抜いてからです)
ところがケージの床がピカピカ光ってじゃんくろが気にしまくります。
クロエなどは慣れたかに見えても反射でびくっとする始末。
そして冬を前にしてペットヒーターを入れるとなればどのみち危険で使えません。
ということで翌日には撤去。

掃除の工程が上手く機能しなければ意味が無いので次はゴムシートで実験しましたかつをどり。
あわよくばビニールの次に安いゴムシートでそのまま行けないかと夢見たりもしました。
しかしゴムは傷がつきやすく、表面の組織の孔にあっさり色が染み込むので採用は見送り。
その上やたらと摩擦が大きいために拭きにくさ抜群だったのです。

遂に選択肢を失い試すしかなくなった本命シリコンシート。
熱にも強く、色にも傷にも相当の防御力を誇ります。

弱点はヨウムと値段だけ(当社比)
シリコンシートはとっても楽しそうに見えるらしく、べろべろ持ち上げるとじゃんくろが寄ってくるので要注意ね。

上: 敷き紙としてトレーに合わせて折った新聞。
下: トレイからシリコンシートをめくり上げたところ。

ケージトレイシート-1

ケージ扉に干してみたシリコンシート。
ケージトレイシート-2
SS: こんなショット意味あるんすかね

アゴを掻く瞬間のジャンリュック。
Jean-Luc-1
はいはいかゆいのはここねうりうり

ワキワキしてカメラを覗き込むクロエ。
Chloe-1
ねーねー! ね━━━!

2010.06.05 | | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード