ジャンリュック、かつをどりに乗る

今日の午後、じゃんくろを居間方面に連れてきた時のこと。
最近では大体そうであるように、意図的にぶっ飛んだジャンリュックがびたーんと床に降り立ちました。
キョロキョロしながら床を歩いて私の方へ向かってくるジャンリュック。
いつもより確信に満ちて周囲を見回すと、悩むことなく床に座った私の脚へ。

ジャンリュック移動開始。
どんどんどんどんよじよじ登って、遂に頭の上までやってきましたじゃん兄さん。
なんということでしょう。
ジャンリュックが私の頭に乗ってくれたのは初めてだったのです。
彼の登頂回数は10年の生涯で延べ3回、今年1月以来。
ジャンリュックの足の下にいることの嬉しさと痛みを感じながら写真を撮りますかつをどり。

え"え"、痛み。
ジャンリュックの研ぎ澄まされた爪は半端なく、足から腕から背中から、ギリギリ耐えつつ得た歓び。
最近爪を丸めるようになったクロエに乗られていたので忘れていた痛み。

その後再び頭から果敢にぶっ飛んで行ったじゃん兄さん。
大好きなテーブル下に案内され、まったりした夕方を過ごしたのであります。

嬉しそうに床を歩くジャンリュック。
Jean-Luc-1
ゆかの掃除したほうがいいんじゃないの

かつをどりの頭の上に立つジャンリュック。
Jean-Luc-2
高い位置が好きなのはじゃんがトリだから

テーブル下の横木でどっしりするジャンリュック。
Jean-Luc-3
ヤハリここがじゃんの書斎であることは間違いなし

テーブル下の横木で余裕を見せるジャンリュック。
Jean-Luc-4
くろえは来なくていいよふんふん

2010.05.01 | | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード