いぢわる習慣

クロエはラックから飛び立ってその辺を旋回して帰ってくるのが日常的な行動の1つになっています。
何しろ狭い部屋と部屋を繋ぐスペースも狭く、これにもテクニックが相当必要かと思います。
いやストレス解消が必要なのか。
だって以前から彼女がわざとしていること、それはジャンリュックの頭をスレスレに掠めて飛ぶ行為。
初めてやったときあまりに感じ悪くて眼を疑ったかつをどり。
それ以来いつでも何度でもジャンリュックの頭を掠めてゆくクロエ。
その度ピキィッとした表情でクロエを2度見していたジャンリュックでしたが、彼もいい加減シカト出来るようになりました。

するとクロエ、今度は私に向かって同じことを始めやがりました。
なんといういじめっこ。
いつか自分が怪我するかもしれないからおやめっつーの。
じゃん55止まり木スタンドにスクレイパーを下げてみたよ。
自分のケージから必死になってスクレイパーgetのルートを探るクロエ。
結局皿の上に上ることになったけど足を滑らせてしまったの図。

Chloe-1
こっちよこっち
ここからなんとかアレにさわることができればくろえのもの
くっそぅんじゃこっちから
うわーっち


上: 久し振りにクチバシにしたリモコンを離すまいと必死なジャンリュック。
下: リモコンを落としちゃった瞬間のジャンリュック。

Jean-Luc-1
よっしゃあgetだぜ━━━っ
つるっとな……


アルミ板をばっちんばっちんするジャンリュック。
Jean-Luc-2
踏ん張りかたで持ち上げレベルが決まります

ケージ扉の上に立つクロエ。
Chloe-2
くろえはなにひとつ見逃さないんだ

2009.11.30 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

謎の言葉、それは

時々クロエが発する言葉。
「○゛○゛」
聞き取れないのにも関わらず、どえらいはっきりキッパリと言う不思議な言葉。
ずーっと謎の言葉のまま、聞くたび首を傾げる我々。
で、最近よーく聞いているうちに突然謎が解けました。
なんで今まで判らなかったのかというと、すんごいだみ声だから。

それは私の名前です。
「○○ちゃん」とちゃんを付けて呼ぶときはそこまでヒドくないのになぜ。
じゃん55
カウンタにやってくるとバナナスタンドを狙うクロエ。
バナナが下がっていればかぶりつき、なければないで持ち上げて倒そうとするのです。
そこでキングGをバナナスタンドに宙吊りにしてやりました。
でもくろちんそんなことではめげません。
だってキングGは齧らせてくれる親切な友達だから。
ちょっとどいてね、と横通ったりやっぱり持ち上げたり。
キングGのあらゆる先っぽはだいぶ丸くなりました。

上: バナナスタンドをひっくり返そうとするクロエ。
下: キングGの足の下でケリケリするクロエ。

カウンタのChloe-1
よいしょっと
頭にほんのりきんいろのひとが感じられて落ち着くの


カウンタに立つクロエ・その尻。
カウンタのChloe-2
くろえのおしりおしょうがつに使っていいよ

カキカキされるジャンリュック。
カキカキされるJean-Luc
ずっとそこでお願いします

左: ティッシュ箱の穴から見るジャンリュック。
右: ちょっと感じ悪いジャンリュック。

Jean-Luc
じゃんをのぞくのはだれー?
みんなじゃんの思い通りになればいいのに

2009.11.29 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

情熱と倦怠のハコ囓り大会

ティッシュ箱がまたひとつ空になりました。
ラックの支柱に突っ込んで、さあガジガジ開始だ!
そこでわーっと寄ってきて齧り始めるヨウムたち。

しかしクチバシ跡を1つあけたのちすーっとテンションが下がってゆく下から担当のジャンリュック。
上でクロエが夢中でカジるほどに醒めてゆきますジャンリュック。
箱がうごうご勝手に動くのがイヤなのか、同じことをするのがイヤなのか。
少し離れて佇んでいたかと思うと、また気を取り直して箱カジりに出発。
そしてまたやる気をなくし去ってゆくのでした。
これは悪平等だとか思ってげ。

思う存分箱を楽しむクロエ左と楽しめないジャンリュック右。
箱とJean-LucとChloe
C: きゃっきゃっぱきぱきぷすーん
J: いちいち盛り上がれるヤツの気が知れねえな


左: もう一度情熱を燃やしてみようと箱にクチバシを刺してみるジャンリュック。
右: 箱の小さい破片を楽しむクロエ。

箱とJean-LucとChloe-2
J: よぅしじゃんも思いきってヴァカになってみるか!
C: ちみちみしたりべきべきしたりするとごはんも美味しくなるじゃんね


羽繕いをするジャンリュック。
羽繕いするJean-Luc
今回のきのこは割合うつくしいと評判なんすけどどっすか

扉の向こうで相方が玄関を開ける音がしたので期待するクロエ。
乗り出すChloe
あっ帰ってきたよー来るの?来るの?すぐ来るの?

穏やかな気分のジャンリュック。
Jean-Luc
じゃんもかわゆい気分になることがあるんだよ

2009.11.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

握手は危険な香り

じゃんケージの上にいたクロエ。
無表情に下を覗き込みながら佇んでおります。
相方が猫なで声で握手を要求しますと、足を持ち上げて応じるクロエ。
「はい、あくしゅ。いいこだねークロエ」
ニコニコとクロエを褒める相方の指にはクロエの足が可愛らしく乗っかったまま。
「じゃあもう一回」
再び握手に応じ、足を乗せ直すクロエ。

しかしその時。
一天にわかにかき曇ったクロエのこころ。
握手していた相方の指にクチバシをさっくりと差し込み、ぐいぐいと力を加えてみたりして。
「いててててて何すんのくろちゃ━━━ん!!」
虚しく鳥部屋に響く相方の悲鳴。
やっとのことで指を離し、のたうち回る相方に冷たい視線を投げかける女クロエ。

最近相方ともかなり上手くやっていてフレンドリーなクロエです。
相方のことは大好きです、大好きなんだってば。
ちょっとダークサイドに行っちゃっただけだってう゛ぁー。

上: 相方の握手に応じるクロエ。
下: タイヤハウスをごっつ出っ張らせて噛みつくクロエ。

Chloe-1
C: はいはい…はいはい
っていい加減くろえにこんなことさせてんじゃねえよ
N: ぎゃー


痛がっている相方を観察中のクロエ。
Chloe-2
だめでしょって…んなこととっくに判ってるもんねふふーんだ

そこで手当てせねばなるまいと出てくるバンド○イド。
ウチの棚にはこのメーカーからノーブランドまで何箱も積み上がっております。
鳥部屋に持ち込まれたのは
『バラバラな分をまとめたいなあと思ったとき買ってきた缶入りバン○エイド、結局まとまってないけど』
であります。
すると欲しい欲しいオーラを放つジャンリュックに取り巻かれたかつをどり。
相方は泣きながら指に○ンドエイドを巻いている最中でしたので撮影を手伝ってくれません。
ひとりで撮影するのは大変なのにねー。

何とかして絆創膏の缶を手に入れようと本気モードのジャンリュック。
Jean-Luc-1
隙を見つけて何とか奪わねばな

届きそうで届かない憧れの缶に触れようとするジャンリュック。
Jean-Luc-2
もう少しでこれってじゃんのものになっちゃうのかへへへーい

2009.11.27 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

逆さでストライキ

昨夜はクロエがじゃんケージから出たくないとストライキを始めました。
いつものパターンではマンネリだと思ったのか、趣を変え逆さストライキを決行。
こうなるとクロエはみんなが部屋から出てっちゃうまで頑張ります。
みんなが傍にいてクロエを取り囲み、イイだのダメだの声を掛けるのが思うつぼであり快感なのです。
そんなわけで
「くろちゃんばいばーい」
をしようとしたところ、案外素直に降りて来ました。
逆さだったのでちょっと自分でも違う感じがしたのでしょうか。

じゃんケージの中で逆さになるクロエ奥と出ていくジャンリュック手前。
じゃんケージの逆さChloe-1
C: くろちんここにいるんだもん
J: はいはいじゃんは外ね


逆さでしばらく頑張ったあと降りてくるクロエ。
じゃんケージの逆さChloe-2
えっと…うーん
そろそろいいかなー
よいしょっと…どうもしっつれーい


この日ジャンリュックの居るべき場所に帰還を果たしたジャンリュック。
実はその後もあまりヨウム返しに近寄りませんでした。
しかし今日、中段ラックから勇ましく上に登りずんずん近付いて行くジャンリュック。
そこでいろいろ確かめて、再び勝利を足先に収めました。
まあまたうっすらリセットされるかもしれませんが、うっすらうっすら近寄るがよかろう。

ヨウム返し目指して進んでくるジャンリュック。
ラックの上のJean-Luc-1
じゃんがきたじゃんがきたじゃんがきた

定位置に落ち着いて声を出すジャンリュック。
ラックの上のJean-Luc-2
ほー。成すべき事は完了しました

2009.11.26 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

FAX祭り

うちのFAXは鳥部屋にあります。
私も相方も必要なものはデジタルデータで受け渡しをするため殆ど使われていません。
しかしそれだけで済まないのが仕事というもの。
相方の仕事の連絡で、滅多に使われないFAXが突如稼働することになりました。
ただ単に受信しただけなんだけど。

すると色めき立つじゃんくろ。
すごく見たそうだったのでジャンリュックを止まり木スタンドで傍に連れてきてやりました。
向こうにはラックの上を行ったり来たりして盛り上がっているクロエ。
FAXの原稿受信だけで幸せになれてよかったね、じゃんくろ。
ホントは紙が動いたらビビってぶっ飛んでしまうかもと思っていたかつをどり。
ありがたいありがたい。

FAXから出てきた原稿を嬉しそうに見るジャンリュック.
Jean-Luc-1
うわー噛み心地のよさそうなのが出てきたよ
うわーあれじゃんがもらえるのかなあ


いつまでも興味津々のジャンリュック。
Jean-Luc-2
もっともっとたくさん出そうよー

いてもたってもいられなくなってタテに伸びるクロエ。
Chloe-1
んじゃくろえは長ーくなっちゃおっと

窓辺にて口角のシワを見せるクロエ。
Chloe-2
きゅっとおくちを閉じるとはしっこも畳まれるんだよ

2009.11.25 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

じゃんはナナメでくろえはマルで

先日TVを新調した鳥部屋ですが、当然の如くヨウムコナにまみれております。
TV本体の基本カラーは白。
しかし液晶回りの黒い部分が特に目立つので、ホコリ取りをヨウム部屋に持ち込みました。
ささ、後はヨウムたちの反応を見るだけです。

ただただ怖いのではなく大変興味は持っているじゃんくろ。
自分の傍にこなければOK、むしろ使用中のホコリ取りをよ~く見せろと行ったり来たりするふたり。
傍に来るとアレだ、静電気がアレなんだ。

ヨウムたちの間で話題沸騰のホコリ取り
ホコリ取り
HT: もっさもさ~

ナナメになってホコリ取りから距離を取ろうとするジャンリュック。
Jean-Luc-1
背中伸びる背中伸びるって
じゃんの脚の長さも限界だってー


マルく膨らみっぱなしのクロエ。
Chloe-1
えっとくろちんにそのひと紹介して欲しいかなっつ
でもでもこなくていいかなっつ
やーんやーんこないでっつ


無視をキメるジャンリュック。
Jean-Luc-2
は? じゃんの部屋にヘンなものがあるなんてことは一切ないから…ないったらないから

コワ嬉しいクロエ。
Chloe-2
くろちんいつかアレにちゃんとさわるんだ

2009.11.24 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

床に降りたりカウンタ蹴ったり

今日のジャンリュックは床に降りて探索も行い、概ね満足に暮らしております。
変わったことといえば、ジャンリュックの残した枝豆をクロエが取りに来なかったこと。
冷凍小分けされた枝豆を何種類か作ってありますが、このロットはダメだそうです。
寛大な受け入れ体勢で臨むたべっこの評価がこれではどうにもならんよね。
残された枝豆に合掌ね。

上: 止まり木がいつもより高い気がして登るのを躊躇しているジャンリュック。
下: 止まり木がいつもより高い気がして降りるのを躊躇しているジャンリュック。

止まり木クリップのJean-Luc
この上から床まで降りるんだけどいつももっと低いんだよな…だんだん下がってきたから楽勝だったんだよな…
じゃん…油断してたじゃん…


袋のクリップを狙うクロエ。
カウンタのChloe
くろちんこれスキなんだよねー

カウンタでケリケリするクロエ。


これからお弁当を持って上に移動する予定のジャンリュック。
ケージ扉のJean-Luc
これを豪快に上でぼりぼりするよ

ケージに戻って次のイベントを待つクロエ。
玄関パーチのChloe
えっとくろえはもう配給分いただきましたっけ?

2009.11.23 | | Comments(8) | Trackback(0) | 動画付き日記

イヤイヤじゃんくん

本日は何でもイヤがるイヤイヤじゃんりゅっく特集にするよ。
だってイヤイヤ画像が大漁だったしね。
普遍的に何でも欲しがるクレクレくろえと1組で暮らしているさ。
●・・・・・・・・・・・・・・・・・・●
相方に向こうへ行こうと誘われたじゃん兄さん。
ぺったんとガードスタイルを取って手タクの逆乗車拒否を繰り広げます。
止まり木スタンドを持ち出されてもなお頑として拒否。
じゃん兄さんはこれをやったあと、○○ちゃんが誘うと何故か乗って来ます。
どんな使い分けなのかただいま調査中だよ。

手に乗るのを拒否してガード姿勢を取り続けるジャンリュック。
Jean-Luc-1
じゃんはぜっーたい
うごかねえって
何があってもここにいるって魂が決めた


差し出された止まり木スタンドをまるで他人の持ち物のように拒絶するジャンリュック。
Jean-Luc-2
しつけーな今度はソレかよ
乗らねえって言ってんだろがぁ


台所で水栓に落ち着いていたじゃん兄さん。
冷蔵庫から相方がジュースを出してくると嬉しそうに眼で追いかけるじゃん兄さん。
…しかし味見したその先にあったものはイヤイヤ。
くろえがいくら嬉しそうに飲んでいてもじゃん兄さんには関係ありません。
イヤだったらイヤなのです。

左上: 期待してジュース(パック時)を眼で追うジャンリュック。
左下: 味見してがっかりしたジャンリュック。
右: クロエが飲む所を冷ややかに見るジャンリュック。

Jean-Luc-3
あれはなんだろう? ウマイかなウマイかなー
はぁ? なんで? なんでこんなものじゃんに飲まそうとするの?
ち…早く終われよこんなイベント


上: 美味しそうにこくこくと野菜ジュースを飲むクロエ。
下: クレクレ願望が満たされたクロエ。

Chloe
おいしいねー
くろえもっと飲めるけどこのくらいにしておいてあげるね


再び差し出された野菜ジュースをイヤがるジャンリュック。
Jean-Luc-4
イラネって…
はー…イラネって…

2009.11.22 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

クロエの朝からシャワーまで

朝。
クロエはジャンリュックがケージから出てこないと自分も出てきません。
小さい頃は好き勝手にやっていたクロエ。
最近では何故ジャンリュックがそうするのか判断してから動きます。
クロエにとってジャンリュックは群れのリーダーなのです。
でもこの場合うんpが出て来ないだけのジャンリュック。
予兆が訪れるまでケージの中でじっと待っております。
ジャンリュックのうんpがやってくる様子を横目で見ると、やっと差し出した私の手に乗るクロエ。
毎日
「今日も武人美人さんだねー」
と褒められて、逞しくもとい美しく磨かれてゆきます(予定)

朝の日向ぼっこの後はシャワー。
シャワーを終わらせて再び窓際に連れてくると、クロエが嬉しそうに見上げてきます。
なんたってシャワー後すぐに鳥部屋に連れて行くと、寒さ対策のため私の頭とラックの往復キックを始めるクロエ。
窓際のお日さまは暖かくてほっとするのでしょう。

ジャンリュック的ブームの「じゃんぼ━━━」もマスターして、今日もクロエは元気です。

左: ピーナツをいただくジャンリュック。
右: クチバシが剥けそうか確認されるジャンリュック。

Jean-Luc-1
旨いぴーなつほど細かく砕いて食うものさ
ふんふん


上: 折りたたみスタンドで下を覗き込むジャンリュック。
下: 折りたたみスタンドで陽射しを浴びるクロエ。

Jean-LucとChloe
J: 頭を下げて覗いてみたらなんとじゃんのシリがあったかいんだよ
C: くろちん背中がじゅーっとしてきた


シャワー後のジャンリュック・窓際にて。
Jean-Luc-2
じゃんはビショヌレで干されています

シャワー後のクロエ・窓際にて。
Chloe
ふふ~んくろちん中まで濡れないようにお水から逃げてるもんねー

2009.11.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュックの帰還

今日は自らラック上段に登って行ったジャンリュック。
さてはそろそろ自分の定位置に戻りたくなってきたのかジャンリュック。
こうなったらボトルを叩いてパーカッショニストの魂を揺さぶるのが吉。
いつもやっていたジャンリュックとの遊び、ボトルコンコンしかなかろう。
てなわけでコンコン誘ってみましたかつをどり。

するとジャンリュック、ふらふらと誘われてまいります。
やっぱりこっちに来たかったんだねジャンリュック。
ついにボトルの傍に立ったジャンリュック、頭を伸ばして覗き込めるようになりました。
但し自分でボトルコンコンをするには時期尚早らしく、どんなに誘っても楽しそうに見るだけ。
&ボトルキャップに満足そうに触るだけ。
その代わりその下に挟み込んであるアルミ板をばっちんばっちん始めるジャンリュック。

久し振りに戻って来た自分の場所で、いつまでも響くばっちんばっちん。
微笑ましくもうるさすぎ。

ヨウム返しの傍に堂々と立つジャンリュック。
ヨウム返しとJean-Luc-1
じゃんこっちに戻ることにしたよ

ペットボトルコンコンを嬉しそうに見つめるジャンリュック。
ヨウム返しとJean-Luc-2
こんこんこんこんこ~ん
じゃんは参加しないけど○○ちゃんは頑張っていいよ


その時ラックのあちら側で見ていたクロエ。
さかさか寄ってきてジャンリュックとクチバシで挨拶します。
ジャンリュックのやることが何でも羨ましくなってしまうクロエ。
ジャンリュックが再び定位置に戻ってクロエのぶんを遊んでしまうと思ったのか、ちょっと焦っていたようです。

ジャンリュックがすっかり満足してケージに戻されたあと、ここぞとばかりにペットボトルに飛びついたクロエ。
帰りたくないとごねたあげく、私の手をぎゅうっと噛んだので怒られてしまいました。
しかし優しく説教されるとおとなしく帰っていくクロエ。
殊勝すぎてお気の毒。
ジャンリュックの居ない間に進めたい気持ちはよ~く解るんだけどね。

ジャンリュック左の傍にやってきて交渉しようとするクロエ右。
Jean-LucとChloe
じゃんそこどかないの?ねーどかないの?
そこってくろえのぶんだから…じゃんがやったら減るし


ラック横の止まり木に戻ったクロエ。
Chloe
とりあえずじゃんがいなくなるのを待つしか

2009.11.20 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ギリギリメシを食う

昨日出先の階段の途中で滑ってしまい、すっ転んだわたくし。
身体を投げ出すことだけは阻止しようとしたため、思いっきり膝で受け身を取ってしまいました。
おかげで地面についた手のひらですらろくに体重を支えることなく、擦り傷1つ出来ていません。
要はその代わりに膝回りがアレなことになってしまったと、そんな事情の夜でした。

本体は元気、歩いても痛みは全くなく、コブとアザが出来ただけなのでそこは心配要りません。
ただ、鳥部屋で座り込むとそのコブが当たって痛かったり動きにくかったり。
それで済まねぇなと思いつつもちみちみ文句垂れながらの放鳥に。

おかげさまで何をしてもテンションが上がらないじゃんくろ。
ジャンリュックはケージに戻っておやつをもらうと、程なくあんよを畳む気分に突入。
クロエもジャンリュックのテンションに倣い、自室であんよを畳んでぼーっと立っています。
彼女は既にじゃんケージでひと通り食事を済ませていたので、おやつをいただいたらもうすることがなくねんね待ち。

ケージで脚を畳むジャンリュック。
Jean-Luc-2
もうじゃんは特に言うこともないから

欲しいモノが出るまで辛抱強く待つクロエ。
Chloe-1
これだけは我慢するけど早くしてね

ケージでボーっとするクロエ。
Chloe-2
くろえに話しかけないでいいからね

それならもうねんねしようと、ケージにナスカンを掛けてねんねの準備を始めた我々。
私がカメラを自分の机に戻して鳥部屋に帰ってきたとき。
突如猛然と食事を始めるジャンリュック。
ものすごい勢いでペレットを水場に運んではバリバリ噛み砕いてゆく男。
扉を閉められたらメシ食ってないことを思い出したのか。
その頃隣で眠気に包まれていたはずのクロエ。
ジャンリュックを見習って嬉しそうにメシ時間第2ラウンドを始めました。
めっちゃイキイキしておりますじゃんくろ。

ふたりが食べ終わるまで待つことになった我々。
メシのラストスパートは大変結構。
できればもうちょい早くしていただけると助かります。

覗き込むジャンリュック。
Jean-Luc-1
なにあの色とりどりのふといあしは

2009.11.19 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

大事な場所を捨てたり守ったりする

最近ラックの中段とその上辺りが混み合っています。
ヨウムたちがふたりとも奥のヨウム返しの傍に長居しないから。

ヨウム返し横の止まり木は元々ジャンリュックの指定場所。
大事な場所の筈なのに一定以上の距離から近付こうとしないジャンリュック。
彼は最近手タクを待たないことにしています。
だって手タクを呼んでしまったらヨウム返し横に送り届けられてしまいます。
そんなわけでそそくさと自分から中段ラックのほうに移動してゆくジャンリュック。
あんまり慣れたくないようで。

謎のおやつ物質でヒゲが出来てしまったクロエ。
ヒゲ付きChloe
クチバシのしたっかわがちょっと冷たいね…なんで?
なんか重いね…どうして?


リキシーカップの固定台・取り付け部分の隙間にはすぐにゴミが溜まります。
相方が取り外して掃除をしたところ遺憾に思ったらしいジャンリュック。
取り付ける間中邪魔をするのはもちろんデフォルトクオリティ。
更には必死で台を押さえます。
2度と持って行くなとの青年の主張でしたがまた汚すであろうぜじゃん兄さん。

リキシーカップの固定台をクチバシでしっかり押さえるジャンリュック。
押さえるJean-Luc
じゃんに断りもなく動かすんじゃねえつの! うぉら

堂々と箱の残骸を齧って見せるジャンリュック。
ハコ囓りJean-Luc
このカスがいい案配ってこった! ぎゅむぎゅむ

そろそろ自室へ戻っていいものをもらえそうな予感にあんよが出てしまうクロエ。
足を上げるChloe
くろえを送ってくれるのはダレ?

2009.11.18 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

タイヤハウス作ったりスジばったりする

今日はポリ袋の箱が空になったのでじゃんくろに進呈。
ふたりして夢中でお楽しみ。

で、前々から思っていたこと。
くろちんの眉山って車のタイヤハウスのようだなーってこと。
あいや、だからなんだというわけでは。

寒い日はヨウムたちの顔でも見て一緒にハコ囓りの気分を味わうのが肝要です。
ジャンリュックを見ると一緒に筋張ってしまうかもしれませんのでご注意下さい。
寒いと余計にこわばるかもしれません。

箱を前に優先権を巡って対立するジャンリュック右とクロエ左。
ハコ囓りJean-LucとChloe
J: じゃんがニヤニヤしているのは逃げ腰の胴体と頭が別々の気分だからでしょう
C: くろちんが先ー!


陶酔しながら下顎が前に出てしまうジャンリュック。
ハコ囓りJean-Luc
ぎぅ~
はぐぁ~
きぅきぅ~


くっきりタイヤハウスが浮き出るクロエ。
ハコ囓りChloe
くろえは意地でもスジばるわけにはいかないの
おんなのこは表情に気を使うの
つるっとしてればドコが盛り上がってもいいんじゃね?
はっスジ出そうっ


上: 不敵な笑みを浮かべるジャンリュック。
下: スジばりながら箱でなくクロスを噛むジャンリュック。

Jean-Luc
箱はあっさり千切れるからスジばりレベルは低いんだよ知らねえのかよ
見てみ? 布だとほぅれ

2009.11.17 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

季節も財布も寒くなる

一昨日突然鳥部屋のTVがぶっ壊れました。
電源を入れ直すと3分ほどまともなフリをしたのち再びキゼツするという、気持ちいいほど判りやすい壊れ加減。
上下左右とも視野角が狭く、何が映っているか判らないこともしばしばだったこのTV。
おかげさまでさっくり買い替えて、安い液晶で手を打った呪いを解くことに成功しました。
鳥部屋のTVはブラウン管から始まってついに3台目になりました。

ところで何の関連性もなく予告もなく、先ほど炊飯釜が壊れました。
電源入れても無反応です。
寒い寒い冬、財布も寒い季節を迎えます。

新しいTVを覗き込むジャンリュック。
ラックの上のJean-Luc
じゃんの部屋に戻ってもちゃんと見えるのかなー

クロエがヨウム返しのペットボトルに近付いて行くのを見ていたとき。
何もしないうちにハッと私の視線に気付いて、慌てて離れて行きました。
どうやらヨウム返し攻略は完全に隠密行動を取ろうと思っているらしいクロエ。
いやいやそれはどうだろうかと思ったかつをどり、ボトルをコンコン叩いて誘ってみました。

するとクロエ、嬉しそうにたかたかと寄ってきます。
この周りにいてもいいんだねと確認するように甘えてきたクロエ。
安心して頭を掻かせてくれました。

甘えるクロエ。
ラックの上のChloe
取り敢えずくろちんサービスしちゃうっと
何かくろえのわるいこと撮ってるんじゃないよね?


羽繕いするクロエ。
羽繕いするChloe
きゅ━━━っ

左: ジャンリュック。
右: ジャンリュック。

Jean-Luc-4
じゃんがとなりのじゃんと双子だったら二卵性ですか

2009.11.16 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

朝のフルコース

ちょっと寝坊したら(寝坊したからじゃないけど)素晴らしくいい天気。
今日はヨウムたちがいい影を作ってくれる朝。
いい影がget出来たら今度はそろそろいいヨウムコロンが出てくる頃。
ぬくぬくヨウムたちを床に降ろしてやります。

折りたたみ式止まり木に乗った窓辺のジャンリュック奥とクロエ手前。
Jean-LucとChloe
C: くろえに愛のぴなーっつ待ってます
J: じゃんは愛のこもった生け贄を待ってまーす


嬉しそうに周囲を見渡し、クッションをハミハミ齧りながら進んで行くクロエ。
世界の全てをくろちんのクチバシにかけてみたいだろうね。

くっきり影を落としながら床探索中のクロエ。
床の上のChloe
やだっこれってカジリごこちばつぐん! どれどれヨコッパラを味見
うっわ・早く気が付けばよかったー・うっわ
ち…ジャマされるから今度にすっか


ジャンリュックも床をずーっと歩いていくうちにソファの下に新しい空間と素材を発見。
齧り付かれたのでもちろん追い払ってやりました。

上: ジャンリュックの凸凹。
下: 床を探索中のジャンリュック。

Jean-Luc
おおっ!
話は変わってじゃんもそろそろ領地拡大ねセナカとかハラとか狭くてしょうがないんだよ
この辺にいい専用休憩所が欲しかったんだよねー


日向でほかほかになってほとぼりが冷めないうちにシャワーを浴びて仕上げられたじゃんくろ。
くろちん、シャワー後は雑巾のかほり。
これまたいい匂い。

上: 翼を広げて水を受けとめるジャンリュック。
下: あんよを上げて水を押し返したいクロエ。

シャワーするJean-LucとChloe
J: ばっちこーい
C: くろちんそっとかけて欲しいのー

2009.11.15 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

今日は爪切りだ

朝のクロエはカバーをめくるといつも天井に貼り付きます。
今朝はクロエが爪を引っ掛けて一瞬焦ったのが見て取れました。

ヨウムたちを出してから相方に
「今日は爪切ろうね! くろちゃんそろそろあぶない」
などと言っていましたら、クロエ元気がありません。
なぜってピーナツを受け取らないのです。
さては気が付いちゃったのかと思いつつ話は午後へ。

・ジャンリュックの場合
保定用のタオルを出した我々から一斉に注目を浴びた中段ラックのジャンリュック。
その時彼はすごい勢いで逃げ出し、奥の棚の上を渡り歩き、ケージ上に行きつ戻りつ。
追い詰められてケージから飛び降りて床へ。
慌てて自分のケージへ逃げ込もうとしたところを捕まってしまいました。

何がすごいって普段躊躇してやらないことをやりまくったあげく全部上手くやり遂げたこと。
逃走ルートで失敗なし。
やれば出来るじゃんじゃん。

・クロエの場合
ジャンリュックの後にされ、すっかり恐れをなして逃げ惑ったあげく激しく暴れてしまったクロエ。
今までだったらもう少し力を抜いて出来ていたのに、今日はすっかりボロボロに。
しかしそこはクロエ、すぐに羽をリセットして何事もなかったような顔に戻ります。

その後ご褒美を渡しても受け取っては投げ捨てていくクロエ。
抗議か、今日は一日抗議の投げ捨てかといろいろ出しているうち、ついに胡桃を受け取りました。
グレードアップを狙っていたのかよ~ん。
まあね、おやつの容れ物を出されると期待顔で待ってるから一目瞭然なんだけどね。

左: じゃんケージに素早く侵入するクロエ奥とケージ扉に避難中のジャンリュック手前。
右: 侵入成功したクロエのカカトとケージ扉に避難中のジャンリュック手前。

じゃんケージに入り込むChloe
C: くちちんダーイブ!
J: きたきたー


何だか嬉しそうなジャンリュック。
Jean-Luc-1
最近じゃんは色艶のよいうんp産出を続けています
いい仕事してるねってほめられます


羽繕いするクロエ。
羽繕いするChloe
コレしてると時々あたまポンされるけどくろえ寛大だから許す

ケージ扉の上で足を揃えるジャンリュック。
ケージ扉に立つJean-Luc
細いところに乗るのはじゃんがトリだからだよ

2009.11.14 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

ヨウム返し攻略を成功させる秘訣

殆どヨウム返しの傍に行かず、他の場所で遊んでいることが多いクロエ。
しかし彼女は確実にヨウム返しのボトルキャップ回りを狙っています。

2日前のこと、この勢いだとあっという間だと思ったかつをどり。
齧ろうとするクロエに向かって
「ダメよくろちん!」
だの
「やめてくろちん!」
だのと言いながら割って入りまくったのです。
結局はそれこそが思うツボのツボ。

手前のプラスチックリングをあっという間に外して齧っていた今日のクロエ。
気が済んで投げ捨てると、奥のボトルに首を伸ばします。

手前上のボトルからプラスチックリングを取って齧るクロエ。
Chloe-1
コレで2個目getだよ

しかし私が見ていることに気付いたクロエ。
はっとして様子を覗うと、そーっと現場から離れて行きました。
ホントはやりたきゃ怒られたってやるであろうクロエ軍曹。
長期的に考えれば今欲望に任せるのはいかにも不利。
ここは迂闊なことをして出入り不能にされるより、コソコソ狙おうと思っているのが丸わかり。

そんな戦略的な考えが出来るなら上級士官になれるがな軍曹。

上左: 奥のボトルのリングを囓り取ろうと首を伸ばすクロエ。
上右: 視線に気付いて気配を殺そうとするクロエ。
下: 後ずさってから横に遠ざかっていくクロエ。

Chloe-2
もうちょいだねぺろーん
Σはっマズい! どうするくろちんオトボケ作戦?
くろえ何にもしてないよ? よいこだもぉん


上: なんだかまだヨウム返しが信用ならないジャンリュック。
下: ちょっとだけ近付いて安全を確かめているジャンリュック。

Jean-Luc-1
あんよを広げるとなにかが間から通っていきそうだから
ここからあっちではまだくるんくるんできんなー


シッポを振るジャンリュック。
Jean-Luc-2
要らないチカラをぬくよーぶーん

2009.11.13 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

鬱陶しい男ジャンリュック

中段ラックの止まり木にずーっと付けられていたツートンカラーにアレンジされた洗濯用クリップ。
ついにジャンリュックによって齧り落とされました。
拾い上げてクロエに渡すと、自分のだと主張するため寄って来るジャンリュック。
しかしどうしても返して欲しいわけでもなさそうに、また奥の止まり木に戻ってゆきます。

左: クリップをもらって齧り始めるクロエ。
右: クリップを取り返そうとこちらへ踏み出すジャンリュック。

Jean-LucとChloe-1
C: くろえが最後の仕上げをしてあげよっと
J: 返せよそれじゃんのだし


しばらく齧ってからクリップを投げ落としたクロエ。
もう興味がなさそうに羽繕いを始めてしまいました。
取り合いして遊ぶ雰囲気でもなし、なんだかジャンリュックにとっては面白くない展開に。

その時イイことを思いついちゃったジャンリュック。
じゃん的にナイスアイデアであろうソレ。

おもむろに下を気にして覗き始めるジャンリュック。
下を覗くJean-Luc-1
をやぁーあんなところに何かが
なんだ気のせいか
あれっ気のせいじゃないのかな


これでもかと下を覗き続けるジャンリュック。
下を覗くJean-Luc-2
あーほぅらなにかあるかもしんなーい
なんだろなーなんだろなーってう゛ぁー
くろちゃんも見てみないかーい


頭をくるりんくるりんと回転させてはいつまでも下を覗いてばかりいるジャンリュック。
クロエの気を引こうとしているらしく、それはもうしつこい男ジャンリュック。
するとその時。
突然羽繕いしていた身体からばっと頭を持ち上げたクロエ。
ジャンリュックに向かって突進したかと思うと、クチバシで思いっきりツッコミを入れてから元の位置まで戻って行きました。

意味はおそらく↓
「ええい、いつまでやってるんじゃおまえは鬱陶しーい!」
いや間違えようもなく。

心外な顔をしつつも下覗き作戦を諦めましたジャンリュック。
だってクロエと何とかして遊びたかったんだもんね。
でも逆効果な狙いかたはやめたほうがよさげ。

左:クロエ手前にド突かれて体勢を立て直すジャンリュック奥。
右: 憮然としたジャンリュック。

Jean-LucとChloe-2
C: しつこいし!
J: べ…べつにじゃんは何も

2009.11.12 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュック、クロエを誘いに出掛ける

ヨウム返しを付けられてから部屋に引きこもってみたジャンリュック。
しかし彼は別のことを考えていました。
ケージから出てブランコの所でアスレチックおもちゃを齧っているクロエの所へ出発。
接近するとクロエに合図を送ります。

ジャンリュックがラック上以外の場所で自分からクロエに近付いて行くことなど通常殆どありません。
そんな彼が積極的に誘いに来てプレゼントを用意しながら待っています。
どうにかしてちゃんとしたコミュニケーションを取ろうと本気になっているらしいジャンリュック。
クロエも優しい気持ちになるのが見て取れます。

しばらくしてクロエに頭をさしだすジャンリュック。
それに応えるクロエ。

上: クロエ右に近付いて行くジャンリュック左。
下: じっとクロエ手前がその気になるのを待つジャンリュック奥。

Jean-LucとChloe-1
J: くろえとじゃんで仲良しして遊ぼうよ
にこにこにこにこ
C: くろえこっちカジってて忙しいのに?
うーんと…でも悪くないかなー


頭を差し出すジャンリュック奥と繕ってやるクロエ手前。
Jean-LucとChloe-2
J: かいて
C: くろえでよければやってあげる


差しだされたジャンリュックの頭を2回も黙って繕ってやったクロエ。
しかしながら例によって詰めが甘い男ジャンリュック、自己中の虫が暴れます。
思わず「ちげー!」と頭をブンブン振ってクロエのクチバシを拒絶してしまいました。
それも2回とも。りょうほう。ぜんぶ。

左: 頭を振ってクロエ手前を突き放すジャンリュック奥。
右: 失敗したことを自覚するジャンリュック奥。

Jean-LucとChloe-3
J: ちげ━━━よ!!
はッちげってーそーじゃなくてえっとー|||


クロエもいつもなら特急でうんざりしているところ。
でも今回はジャンリュックの気持ちが解っていたクロエ。
穏やかにじゃんの傍で待ちました。
木を囓りたい気持ちをそっと押し隠し、ジャンリュックの気が済んであっちに行ってくれるまで。

だって仕方ないのです。
頑張ってクロエと仲良くするんだというジャンリュックの本気オーラがその辺に漂っていたから。
頭を振った後、しもたーっと思ったジャンリュックが一生懸命フォローしようとしていたから。

上: クロエの様子を覗うジャンリュック奥。
中・下: 穏やかな気持ちで傍に立つジャンリュック奥とクロエ手前。

Jean-LucとChloe-4
J: くろちゃん…怒ってないよね? えへごめんねごめんね
C: もう遅いとか言えないから言わないけど
まあくろえもじゃんはスキ


とにかく頑張れじゃんくろ。

2009.11.11 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

ヨウム返し本格的デビュー

昨日の今日ですが、やっぱりな展開をご報告。
予測を全く裏切ることなく、ある意味期待通り。
そんな結果を絵に描いたような午後でした。

決意のもとラックに登り、ペットボトル型ヨウム返しにそっと近付いてゆくクロエ。
見上げて愛おしげに挨拶をすると、彼女を押しとどめるものは皆無となりました。
心ゆくまで楽しむつもりなのが丸わかりな眼をしてかぶりつきますクロエ軍曹。

基本攻略は今までと同じで、根元のボトルキャップを齧ります。
まずはそのまま残してあるキャップ止めだったプラスチックリング。
午後の放鳥時間内に楽勝で囓り取り、時々本体を舐めてみたり中身に触りたがってみたり。
どうやら本気で愛しています。

こうなるととどまるところを知らないインコ心。
なんか必死で全身が伸びてます。
ペットボトルの形状自体がヨウム除けなので、愛されちゃっても構いません。
ええ、一向に。
しかし今回は奥に行けそうな隙間アリなのでちょびっと手に汗握ります。

やめれ軍曹、奥へ行くのはやめれー。

上: ヨウム返しVer.0.2に近付いて挨拶を済ませるクロエ。
下: エモノをいたぶるクロエ。

ペットボトルとChloe-1
こんぬつは~
捧げものいただきまーす


奥の隙間に踏み込もうと頑張るクロエ。
ペットボトルとChloe-2
ふ…イケそうねまた今度ね

ところでラックの上でいつも帰宅拒否するためにくるんくるんしていたジャンリュック。
ヨウム返しが新しくなってから、くるんくるんする踏ん切りがつきません。
何度も何度も奥のバーに足を掛けては考え込んでおります。
新しいアレ、嫌いじゃないのに。
で、午後はのてのてとケージの上を歩いてくると、その後どうしようかと長々悩むのでした。

ケージ上アクリル板のフチで考え込むジャンリュック。
Jean-Luc
うーんうーん
じゃんは行きたいんだよ? ほらこんなにアタマが上のほうに


ヨウム返しを克服して気が大きくなったクロエ。
勢いよくラック支柱に登って伸び上がります。
もう天井にも届いてやると思っていたのは明らか。

ラック支柱に駆け上って天井を目指そうとするクロエ。
伸び上がるChloe
やったよーこの世はくろえのものだよやっほー!

2009.11.10 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ヨウム返しマイナーチェンジ・Ver.0.2

今日は昨日行ったマイナーチェンジの様子をお伝えしたいと思います。

ずーっと何とかしたいと思っていたヨウム返しを改装すべく準備していた我々。
飲みたくもない飲み物を飲み、ペットボトルを用意。
しかしそれはそれこれはこれ。
いつまでも準備中のままダラダラしていましたが、重い腰をやっと2人同時に上げてみました。

ヨウム返しは2種。
壁際からデジタル温湿度時計の真横にPET板を折り曲げて作ってあったもの。
その右側、ラック上下に伸びるペットボトル4本。
まずはそれらを取り外します。

左: 何が始まるのか不安と期待でいっぱいのクロエ。
右: 何かが始まる予感で色めき立つジャンリュック。

Jean-LucとChloe-1
C: くろえの庭に一体何が起こるというの?
J: じゃんは破壊と再生を受け入れるよ


上: 奥に避難したものの好奇心に突き動かされるクロエ。
下: 何故か現場に背中を向けて嬉しそうな止まり木スタンドのジャンリュック。

Jean-LucとChloe-2
C: ここはくろえが行って確かめなくっちゃね!
J: ふーんくろえも期待するくらいすごいんだ


現場に背中を向け続けつつも熱心に様子を見守るジャンリュック。
Jean-Luc
わーなんかしてるけど何してるんだろう
ねぇねぇじゃんの好きな止まり木の傍だよ?


古い部品を外し終わると眼を輝かせるヨウムたち。
一体何が始まるのかと更にワクワクし始めました。
ペットボトルが外されてラックの上が奥まで開通したあと、嬉しくてラックの上にやってきたクロエ。
新たに取り付け始めたボトルキャップを齧ろうと襲いに来ます。
そんな彼女を何度も押し戻すかつをどり。

そうかいそんなに嬉しいかい。
もうすぐだからね待っててくれよクロエ軍曹。

左: ペットボトルキャップの取り付け。
右: 奥のヨウム返し板の取り付け。

改装-1

さあワクワクしすぎて急かすような気持ちのじゃんくろの前に仕上げの部品が出てまいります。
取り付けます。
ああ、なんということでしょう。
ああなにやらビフォーアフター。
くろちん、ドシッと思いっきり仰け反って逃げ出してゆくではありませんか。

上: 早く早くと期待に胸が膨らむクロエ。
下: あらぬモノが出現してすごい勢いで後ろにドン引きしたクロエ連続図。

Chloe
わーいそこが広くなってくろちんの遊び場が増えるんだね齧り放題だねっ…
ひぃぃぃ


さようならふたり、さようなら。
ヨウム返し、異様に効いてます。
本日ラックの上は大変空いております。
本当はペットボトルの形がシャープすぎて入られる恐れありの失敗作かもしれないんだけどなー。
しばらく作り直さないで済んだら楽ちんだなー。

よかったらclickで画像拡大してご覧ください。
左側のヨウム返しは判りやすいように画像に輪郭を付けてあります。

ヨウム返しの全貌。
改装-2

2009.11.09 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

浮かないジャンリュック

今日人間たちは外出しませんでしたが、何故かジャンリュックが浮かない顔をしています。
浮かないどころかちょっとキビシイ顔をしているのです。
放鳥時間に演奏中だった曲が気に入らないのかと疑ったりもしました。
隣ではその曲でクロエがタテノリしておりました。
クロエはイヤじゃないらしくむしろ気に入っている様子。
ちなみにデンマークのメタル系バンドでございます。

万一に備えサーモスタットの温度設定を上げてみたりもしました。
いやいやうんpも悪くなく、多分眼付きが悪いだけ。
夕方過ぎまでどうせいなくなるんだろという疑いの眼付きで見ていたし。

そしてアーモンドをもらったジャンリュックは好きなものに目が眩んでいるせいか問題なさげ。
30分ほど後、部屋のマイナーチェンジを始めるために鳥部屋へ。
見ればしっかりおやつを完食して、いつものジャンリュックに戻っていました。
彼にも休日ってなんだろう的悩みとかあるのかもしれません。
まあ家出しようとか思ったんでなければそれでよいのです。

マイナーチェンジの詳細については明日以降。

奥の棚を掃除するため中段ラックごと避難させられたジャンリュック。
中段ラックのJean-Luc
ぬーじゃんの居場所を勝手に変えないでくださーい

止まり木スタンドで拾い食い中のクロエ。
止まり木スタンドのChloe
くろえのクチバシは小さなツブも逃さないの飽きるまで

比べるシリーズ・斜め上から見るじゃんくろくろ。
上: ジャンリュック。
下: 開いたクロエと閉じたクロエ。

Jean-LucとChloe
J: オレがジャンリュックだぜ…は?じゃんだ? そんな弱っちい呼び方はダメだな
C: くろえは開いても閉じてもくろえだよ


比べるシリーズ・丸い眼のじゃんじゃん。
開いたジャンリュックと閉じたジャンリュック。

眼を丸くしたJean-Luc
夢見るじゃんでーす
おおっくるみがまだ○○○くんの手の中にあった!

2009.11.08 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

あんな顔やこんな顔を見てみる

今日もよいお天気で窓辺で日干しされたヨウムたち。
まったり過ごしていますがジャンリュックはやや上の空。
水栓の上にいても鳥部屋にいても考えごとをしているようでした。
相方が床屋へ行って髪を切ってきたのが気に入らなくてしばらく抗議行動も取っていたようです。
まあでも平和であります。
じゃん55平和なときは変な顔とか見てから寝るとイイらしいよ。

アゴカキしながら何とかして半端なムズムズを払拭しようとクチを開けるジャンリュック。
Jean-Luc-1
あが…
あががー! ちがーうばしょがちがーう! くわぁぁぁ


アゴカキするクロエ。
Chloe-1
くろえのあたまは○でめが△?
だからってくろえの得になるの?かわいいの?


アイホールが浮き出てほくそ笑んで見えるジャンリュック。
Jean-Luc-2
ぷ…誰もじゃんがワルだってことに気付いてないよ

横ベロを出すクロエ。
Chloe-2
いろいろ気になるクチバシ回りをチェーック

上: 後ろアタマを掻くジャンリュック。
下: 眼を見開いた正面顔でカメラを見るジャンリュック。

Jean-Luc-3
アタマを傾ければ傾けるほどよく掻けるのでね
じゃんは台形だってダレが決めたんだよ? 事実って何だよ

2009.11.07 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

超特急フロ場ゆき

夕方放鳥しているとき、突然ジャンリュックに
「シャワーする?」
と訊ねたかつをどり。
戸惑った顔をしつつも肯くジャンリュック。
そうかそうか、シャワーするか!
ってなわけで気が変わらないうちにじゃんくろを止まり木スタンドに乗せ、ぴゅーっとフロ場へ。

何故そんなことをしたのかというと、ジャンリュックがイヤーな羽繕いをしていたから。
ジツは昨日更に刈り込みを行ったジャンリュック。
背中側をかなり短くしてしまいました。
ご丁寧に今日になっても勢いが止まらず、やるだけやらないと気が済まなくなっています。
既に刈り込んだところを掴んで(咥えて)千切るような動きをしまくるジャンリュック。
イライラして引っ張るという怪しい気配がクロエにもちょっと見えています。
しばらくシャワーを浴びていない上乾燥も進んできた今こそ超特急フロ場行き。
寒くなってきて嫌がられたため強制せずにきましたが、彼等もホントは水浴びしたいハズ。

どさくさに紛れて水をガンガン掛けられるハメになったヨウムたち。
クロエは相変わらず尻餅をつきながら、ジャンリュックは固く翼を閉じたまま、私を見上げて震えるヨウムたち。
しかしふたりとも怒ってはいません。
ジャンリュックは翼を広げようともしなかったのに、穏やかで肯定的な眼をしています。
クロエも最後まで逃げ出すことなくシャワー終了。

鳥部屋に戻ってからドライヤーをかけ、ケージに戻ってアーモンドをもらったヨウムたち。
静かに、しかし機嫌良く私を送り出してくれました。
怒られないでえがったー。

シャワー前ジャンリュック。
Jean-Luc-1
すでにじゃんのどこが新たにボロイかわかるまい

シャワー前クロエ。
Chloe
くろえは最近○○ちゃんのアタマゴリゴリし過ぎてよく怒られるよ

シャワー後ケージに戻ってアーモンドをいただくジャンリュック。
Jean-Luc-2
当然の報酬だけどまあサンキウ

ブランコを登ろうと向きを変えるジャンリュック。
ブランコのJean-Luc
くるっとね

2009.11.06 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

クロエの所業

ジャンリュックの止まり木スタンドはくるくる回ってしまうだらしな~い横木で出来ています。
彼がコレを手に入れてから間もなく、基本性能としてくるくる回り続けるようになってしまいました。
あまり真剣に手当てしてもらえず紙を差し込むというふざけた方法で固定して幾年月。
時々ジャンリュックごと回っております。
ジャンリュックもその状態が嫌いなわけではありませんが、何しろすぐにぶっ飛んでしまう男。
上手く飛べないため危機回避が出来ないこともあって、あまりユルユルのままではいけません。

しかしジャンリュックが自分の止まり木を離れた隙にこそっとやってくるクロエ。
彼女は紙を齧って帰ります。
大概はティッシュ箱素材なので余計に楽しいらしく、挟まっていることを意識する度やってきて齧るのです。
貴女が飽きて忘れるまで何度も紙を差し込み直すのはイヤでありますクロエ軍曹。
どうかやめていただきたい。

じゃん用止まり木スタンドの横木とジャンリュックのあんよ。
Jean-Lucの止まり木スタンド
K: 挟まっているわたしが見えるでしょうか

吊り輪で扇子を振るナスカンにぶら下がってスクレイパーをどうにかしようと頑張るクロエ。
逆さ吊りChloe-1
もっとクロエに遊んでもらいたいってこのコが言うんだよー

スクレイパーを上に運ぼうと頑張るクロエ。
逆さ吊りChloe-2
えいほえいほ
ってなにコレ頑張っても頑張っても振り出しに戻ってるよーな気が
ココでかじっちゃえば解決かもじゃーん


スクレイパーを落としてしまったため帰還を決めたクロエ。
逆さ吊りChloe-3
いくらくろえでもできないことはあるんだよねー

2009.11.05 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

鳥部屋冬支度

気温が急激に下がってきたため、昨日は鳥部屋の冬支度をしました。
部屋の模様替えやら、とにかく何かが新しくなるのが大好きなジャンリュック。
ひよこ電球を取り出すと眼を輝かせて寄ってきました。
その喜びようが半端なく、それはそれは嬉しそう。
最初から最後までひよこ電球設置のあれこれを観察しまくっていたジャンリュック。
一体何が嬉しいのか、これほどまでにひよこ電球に親近感を覚えていたとは。
まあ付き合い長いしな。

クロエは普通にしていましたが、いつもの暖かいアレだねと判っていたようです。

これから始まるあんなことやこんなことを期待するジャンリュック。
Jean-Luc
じゃんが手伝ってあげようか?
ねえねえフタ閉める前にじゃんが見てあげようか?


ケージの中で様子を見守るクロエ。
Chloe-1
ほかほかするの? いつほかほかするの?

相方が床下に潜って配線を始めると襲いにやってきたじゃんくろ。
放っとくといろいろされるので要注意。
配線中の相方にちょっかいを掛けようとうろうろするヨウムたち。
ジャンリュック左、クロエ右。

Jean-LucとChloe
J: いょーしあっちだつんつんしてやれー
ちょここからじゃ遠いのか遠いのかー
ちいぃ見つかった
C: そっちに何があるの? ドキドキだね
1回こっちに戻ってからにしよっとドキドキだから


背中に双葉のハミ毛が出たクロエ。
Chloe-2
ぴよ~ん

2009.11.04 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュック、休日を迎える

今日は相方が何とか休みを取って久々の休日進行。
しかし寝坊は計算外。
かなり遅くなって鳥たちを起こすことになってしまいました。

窓辺に連れてこられたヨウムたちは特にいつもと変化なし。
ところが相方が傍から離れる度に不安そうな顔になるジャンリュック。
ピーナツの配給を始めると、私の手から受け取っては落としてしまいます。
折角つるつるセレクトを厳選進呈しているというのに。
仕方なく相方から渡してもらうように手配すると、素直に受け取って食べ始めました。

休日がいつまでも巡ってこないことに気付いていたジャンリュック。
また相方が居なくなってしまうかもしれないと心配していたようです。

窓辺でピーナツをいただくジャンリュック。
ピーナツを食べるJean-Luc
まあピーナツは食ってやるけれども…そろそろ落ち着いて家にいたらどうなの
ぽりぽりぽり


動物番組のちんぱんじーさんたちをバックにして立つジャンリュック。
TVの前のJean-Luc
あそび方もいろいろあるもんだねえ

止まり木スタンドで台所の横に置かれたジャンリュック。
私がしっぽにでも触ったのか、慌てたジャンリュックはゴミストッカーとして使われている袋の中にダイブ。
記念撮影だなおい。
ゴミストッカーの内側でうごうごするジャンリュック。
袋の中のJean-Luc
ふにゃふにゃで登れないのだから…じゃんがヘタなワケではないのだから
ゴミぢゃないのだから~


窓辺のクロエ・ピーナツ待ちの図
窓辺のChloe
いいのくろえはどうせ食べれば気が済むの

2009.11.03 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

スクレイパーとヨウムたち●その2

遠巻きにしていたスクレイパーに興味を示し始めたジャンリュック。
クロエがスクレイパーを拾って自分の水ボトルの上で齧り始めたときのこと。
ガチャンコと自分のケージの内側に貼り付いて反応したジャンリュック。
急いで自分もケージの外へ。
そしてすすっとクロエに近付いたかと思うと、華麗にスクレイパーを奪い取ってゆくジャンリュック。
何歩か下がっただけでクロエに見せつけるように齧り始めました。

まさに指を咥えて見ている状況に陥ったクロエ。
怒るでもなく、哀愁を帯びた瞳でひたすらジャンリュックを見つめるばかり。
愛しいスクレイパーを早く、早く奪い返したい。
だけどそのチャンスがやってきません。
クロエはジャンリュックが本気になると強いのを知っています。
ちょっとやり過ぎてキレられたりしたもんで。
そんなわけで最近は相当長~く、場合によっては必要以上に間合いを計ります。

スクレイパーを嬉しそうに齧るジャンリュック左と取り戻したくて仕方がないクロエ右。
スクレイパーとJean-LucとChloe-1
J: 面白いなーコレじゃんがもらうことにしたよはっはっは
あーげない
ふふふゼッタイ返さなぁーい
C: くろちんのだもん…
それくろちんのだもん…
だよね? くすん


クロエの様子を見ながら楽しそうに齧っていたジャンリュック。
いつまでもチャンスが掴めないままでいるクロエに視線を投げかけるジャンリュック。
齧るのをやめると今度は黙って差しだすようにスクレイパーを持って立つジャンリュック。

ジャンリュックはクロエが取りにくるのが楽しみだったのです。
それをネタにしてクロエと取り合いして遊びたかったのです。
だからクロエに譲ろうとじっと待つことにしたのでした。

クロエ右の出方を覗いながら彼女が取りやすいようにスクレイパーを持つジャンリュック左。
スクレイパーとJean-LucとChloe-2
J: ほーらじゃんは隙だらけだよー取られそうだよーこわいなーこわいかもなー
C: うっどこで見切っていくかが大切だわッよぉーく考えないとぉッ


はいはいジャンリュックの気持ちを無駄にしませんクロエ軍曹。
ジャンリュックからスクレイパーを奪い返すと、すごい勢いで逃げてゆく少女C。

スクレイパー強奪犯が逃げてゆく現場が写っていた監視ビデオ映像…のようなもの。
スクレイパーとJean-LucとChloe-3
少年J: 犯人は慌ててあっちの物陰へ逃げていきましたよええ
そらもうダッシュではい


クロエが逃げてケージ上の端っこでスクレイパーを齧り始めたとき。
全てをやり遂げたかのようなすっきりとした顔で上を見上げるジャンリュック。
彼は首を伸ばし私に視線を投げかけ、じゃんを上に連れて行ってと語りかけるのでした。

君は本当にいいやつだなジャンリュック。

左: 爽やかな顔をして上を目指そうとするジャンリュック。
右: 取り戻したスクレイパーを噛みしめるクロエ。

スクレイパーとJean-LucとChloe-4
J: じゃんはもうソレのことは忘れたよ
C: えへへへよかったーくろえ上手くやったよねうふふふー

2009.11.02 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

スクレイパーとヨウムたち●その1

スクレイパーを初カジリしてからその後。
切ない眼付きでスクレイパーをガン見してくるようになったクロエ。
私がこれを動かす度に思わず視線が追いかけてしまう惚れ込みよう。

あまりにも純粋なその姿についに負けたかつをどり。
先日クロエに貸したブツがもうイラネな状態に歪んでいたので進呈することにしました。
だってコレ実は複数枚存在してるし。
でもクロエのやる気を台無しにしたくはありません。
自分の力で掠め取った勝利感こそが陶酔のクチバシごたえを彼女にもたらすことでしょう。
そこで迂闊な○○ちゃんが近場に置いてしまったフリをして奪っていただきましたスクレイパー。

上: スクレイパーを拾いに行って自室に持ち帰るクロエ。
中: スクレイパーを落とさないように必死で頑張るクロエ。
下: スクレイパーと自分を同時に部屋に入れる方法を何とかして開発中のクロエ。

スクレイパーを運ぶChloe
やったーあんなところに忘れちゃってくすくす! くろえがもーらい
いーよぃっしょー! うッこれはドコを押さえたら…あしがたりないっつ!
ううッ考えるの考えるのよくろえ! 今コレを失うわけにはいかないのッ


クロエ決死のスクレイパー奪還大作戦が繰り広げられている間中、ラックの上から暖かい眼で見守っていたジャンリュック。
彼はクロエの様子を面白そうに覗き込み、我々と一緒に笑います。
クロエは幸せそうに手に入れたスクレイパーを齧ります。

んでもって10分後。
クロエの文句なしの幸せはかなりバッキバキになりました。
でもまだまだ使えるぞ。
スクレイパーへの執着は続きます。

クロエの様子を覗き込むジャンリュック。
Jean-Luc-1
そんなに楽しいのかなあくろえってばーエヘ

スクレイパーを抱えて齧る幸せなクロエ。
スクレイパーを囓るChloe
乗り越えるってさいこうなんだ…

微笑むジャンリュック。
Jean-Luc-2
みんながよかったんならじゃんもよかったんじゃない?

2009.11.01 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード