ありがと2008年

2008年も残り僅かとなりました。
今年もヨウムたちといろいろな経験をしてきました。
1年とは長く短く、貴重なもの。

窓辺にて

今年も皆様のおかげで1年間頑張って来られました。
そっと訪ねてくださる方、言葉をかけてくださる方、ヨウムを通して有意義な時間をくださった方。
多くの方たちに支えていただきました。
その感謝を胸に、引き続きじゃんくろと共にうりうり続けてまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

じゃん55おっ、2009年まであと半日。
皆様よいお年をお迎えくださいませ。

Jean-LucとChloe
J&C: それじゃ日付変更線をまたいだらまた会おうね!

2008.12.31 | | Comments(18) | Trackback(0) | 日記

今年のヒット・じゃんけんぽん

今年ヨウムたちに気に入ってもらえたことの1つはじゃんけんぽん。
一緒にじゃんけんをしてくれたら楽しいなと思って始めましたが、ヨウムたちふたりとも全然じゃんけんはしてくれません。
その代わり彼等にとってはリズムを刻む詩(うた)のようなものとして、時報に次ぐヒットとなりました。

「じゃんけんぽん! あいこでしょ!」
と言いながらグーかチョキかパーをヨウムたちの前に出し続けるだけ。
そりゃそうだ、じゃんけんぽんなんだから。
でも全然勝負と無関係。
これを始めるとタテノリしながら近付いてくるジャンリュック。
一緒にリズムを取りながら時々
「ぽん!」
と入れてくれるクロエ。

それは楽しそうに聞き入ってリズムを取るヨウムたち。
おかげさまで止めるタイミングを探すのが辛いが仕方あるまい。
自分たちも足を出してじゃんけんしてみようと思わないところがなぜなぜヨウム相談室。

ラックの上から人の様子を観察中のジャンリュック。
Jean-Luc
じゃんのこと呼んだ?遊んであげてもいいけど?

カメラに向かって何やら言いたげなクロエ。
Chloe
そんなもの覗いてないでくろえと遊ぼうよー

今年も残すところあと一日。
今日は反省と共に散らかった部屋をちょっとだけ片付けました。
ちょっとだけですので魔境が消えることはありません。
でも少しは年末を過ごしやすくなった予感。

そして今日はヨウムダマの日。
ふたり、ヨウムダマとなってわらわらと洗面所を襲いました。
今日も元気に遊んでくれてありがとう。

左: 居間の扉の向こうに歩いて行ってしまったジャンリュックを追いかけようかと逡巡するクロエ。
右: 向こうに立っているジャンリュックの脚の影。

床のChloe
くろちんどうしよう…こわいかも

洗面所で暴れようとするヨウムダマ。
ヨウムダマ
YD: これをうにょうにょにしてやる~くろちんもやる~

2008.12.30 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

いけず野郎ジャンリュック、自業自得

クリスマスに靴下に入れてみたリモコン2つ。
しばらく遊んでいないので新鮮になっただろうと、靴下から取り出して渡してやることにしました。
そこに置かれたリモコンを早速持ち上げるジャンリュック。
クロエもやってきて上から覗き込んでいます。
2個並べて置いたので、もう1つをクロエが取りに来ればそれで平和なはず。
しかしリモコンは久しぶりだったためちょっと様子を伺っているクロエ。

その時何を思ったのか、ろくに遊ばないうちにリモコンを投げ捨てるジャンリュック。
嬉しそうだったのにどうしたジャンリュック。
拾って渡してやるとクチバシで大きく振りかぶって思いっきりアピールしてから投げ捨てます。
拾わんでいい、と言っているようでした。

しょうがない男のことは放っておこうと思って見ていると、もう一つのリモコンを咥えるジャンリュック。
それで遊ぶ気があるなら何故に投げ捨てるかジャンリュック。

しかし彼の顔を見ているとはっきり理解しました。
彼は2個あるうち1個を投げ捨て、自分だけ楽しもうと思っていたのです。
いかにも心狭い同盟会長を務める男のやりそうなことであり、胸に落ちる行動であります。

リモコンで遊ぶジャンリュック下と上から様子を覗うクロエ。
リモコンとヨウムたち
J: これはじゃんのぶんだからねはははくろえのはないからねへへへ
C: くろちんを差別するひとはてんちゅうだもん…


呆れつつ拾った方のリモコンをまた置くと、今度はクロエが取りに来る気になりました。
その頃には集中を始めていたため、もう心狭い行為に及ぶ気がなくなっていたジャンリュック。

そしてふたりで嬉しそうにリモコンを齧って遊ぶ光景がそこに。
ラック上段にクロエ、ラック中段にはジャンリュック。
これで鳥部屋の平和は保たれたと思ったその時。

リモコンをもらって嬉しそうなクロエ。
リモコンとChloe
くろちんこれを手に入れたら満足したよ

おもむろにリモコンを持ち直し、更には持ち上げるクロエ。
上から勢いよく投げ落としました。
がっちゃんごろーん。
音を立ててジャンリュックの目の前を落ちてゆくリモコン。
眼を剥いているジャンリュック、でも無傷。

ああ。
やっぱりジャンリュックの行動の意味をわかっていたんだねクロエ。
いつだって周囲の出来事をよく見ているクロエだから。

クロエがリモコンを落としてしまうことは充分考えられるので注意をしていました。
しかしわざと落とすのは想定外。
よって以下の件特に反省いたします。
→復讐されそうな男が下にいる時は頭上注意を促すべし。

呆然とする眉山ジャンリュック下と目的を達して満足気にしっぽを振るクロエ上。
Jean-LucとChloe
J: じゃん…じゃんはそこまでいじわるしたっけな
C: るんるるーん♪


呆然と状況を噛みしめるジャンリュック・無傷。
Jean-Luc
いや…じゃんはそこまでワルくないと思うんだよな…

2008.12.29 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

そこはジャンリュックにとって書斎

ジャンリュックをテーブルの下に連れて行くと、いつまでもそこに居たがります。
何もしていないし、特にるんるんしているわけでもないし。
よほど心が安まるのでしょうか。
帰らせようと手を出しても絶対乗らないジャンリュック。
端っこに追いつめられてお腹をぐいぐいされても乗りません。
喉をぐるぐる鳴らして断固拒否。
ここから手タクで帰るのはイヤだというジャンリュック、アミを持って行くとあっさり乗ってきます。
手で帰るくらいならいつまでもここがいるほうがよいというわけだね。
で、ここもいいけどアミに乗るのはやぶさかでないと。

ジャンリュックが長居を決め込んでいるその頃、暇を持て余してその辺を練り歩くクロエ。
いろいろ味見をして歩くのはやめてくれたまへね。

テーブルの下で粘っているジャンリュック。
テーブル下のJean-Luc
ここはじゃんの書斎なので邪魔をしないでください

ソファの背に乗るクロエ。
ソファの上のChloe
くろえこのへんをおうちにしようかな

下は青いクリップが健在だった数日前のヨウムたち。
クロエがクリップを狙って下から攻めてくるところ。

2008.12.28 | | Comments(6) | Trackback(0) | 動画付き日記

クリップ、2色に生まれ変わる

齧られて先がクロスしてしまったクリップ。
まだ欠けてない側同士を組み合わせて青+緑の2色クリップにしてしまおうと思い立ちました。

新生・あおとみどりの2色クリップ・完成度高いひと。
2色クリップ
2C: いつでもこいや

クリップを持ってケージの前に座るとはっとするヨウムたち。
ラックの上から凝視しています。
アレンジし終わったクリップを持って行くと何故か仰け反るふたり。
あんなに好きだったじゃないかねきみたち。
あまりにそれは心変わりが激しいんじゃないのかね。

仕方なくそれを愛してもらうのは諦めて掃除を終わらせた我々。
相方が残りの片割れ同士を組み立て始めました。
するとラックの上からいそいそ降りて来るクロエ。
クロエの大事なひとがそれであることに初めて気がついたかのように。

そしてジャンリュックのケージの扉に陣取って、クリップを組み立てる相方の手元をガン見。
いつまで作業が長引こうと眼を逸らさず見張り続けるクロエ。
出来上がって差し出した途端、速攻で奪い取って逃げていきました。
ヨウム的お約束は今回も見事に果たされたであります。

ケージ扉から相方とクリップを見張るクロエ。
ケージ扉のChloe
一瞬でも気を抜いたらくろえの知らないうちに隠されちゃうと思うのね

クロエがクリップを持ってだーっと去っていったのを見て思わず
「あっ」
と声を漏らしたジャンリュック。

=じゃんのバリエ=
●すっげー遊びたいけど我慢。
●全然遊びたくない。
●興味もない。
◎すっげー遊びたいので邪魔するヤツは全員抹殺←発動するとスゲー


…等々の様々な顔を持つ男ジャンリュック。
初めに作った方のクリップを渡しましたが、やる気なさげ。
こっちの方が完成度高いのにも関わらず、ただ触るだけ。
この場合のバリエーションは、
●クロエに先に遊ばれてしまったためオリジナリティがなくなってつまんね。
だったようです。

奪ったクリップ・完成度低いひとを齧るクロエ。
Chloeとクリップ
これがどれだけスゴイかは普通のひとには理解できない高度な話なので省略するけどね

キビシい顔でクリップを咥えてみるジャンリュック。
Jean-Lucとクリップ
じゃんにこれで遊べと? いまさら?

眼で語るヨウムたち・クロエ左とジャンリュック右。
Jean-LucとChloe顔
C: コレよコレー待ってたコレー
J: ふん………

2008.12.27 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

ノンフィクション劇場-No.53

■よの字の主張劇場■
ノンフィクション劇場-No.53

2008.12.26 | | Comments(6) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

なんであれクリスマスだった

昨夜は何がクリスマスイブなんだかという夜を過ごしたかつをどりです。
相方の帰宅は日が変わってしまい、放鳥時間に間に合わないということになりました。

でもみんなでギリギリまで待ってみようと居間に連れてこられたヨウムたち。
すると何が怖かったのかあっちこっちへぶっ飛びまくるジャンリュック。
しまいにはクロエすら行こうとしない守護神(手ぼうき)の守る秘境へ着地。
キッチンスケールの上に乗ってしまったジャンリュック、無論それは何かの間違いであり何が何だか判らずあたふたするばかり。
そこにあるものを見て怖がる余裕もないほど何かが気になっていたようです。
すまんのー散らかってて。
おかげさまでどれがジャンリュックをビビらせた犯人だかワケ判りません。

やはり帰ってこないと諦めて、ケージにinしたふたりにカバーを掛ける寸前、相方帰宅。
お休みの挨拶が出来ただけでも上出来なイブでした。

そしてクリスマスプレゼントをあげるフリなどしてみようと思ったかつをどり。
プレゼントの用意もしていないのに、ヨウムに渡すにはぴったりの靴下だけは手に入れていたのでした。
しかしどうしても中に入れるものが思いつきません。
ナッツなどを何かに包んで渡すとビビるか捨てるか必至のメンバーなので、靴下に入れても無駄。
考えたあげくヨウム用使い古しリモコンを入れてみました。
靴下から覗いていれば安心してくれるかと思ったからです。

結果、ジャンリュックにもクロエにも却下されました。
靴下はコワいからイラネんだそうです。
中古のリモコン如きではその恐怖に勝てないってことね。

靴下にリモコンを入れてみたの図。
プレゼントくつした

静かに考え事中のジャンリュック。
Jean-Luc
じゃんの静かな生活を乱すヤツがこの世に沢山いるな

朝ごはんのブドウの皮付きクロエとその部分拡大図。
ブドウの皮付きChloe
C: なによぅくろえに何か付いてるとでも?
BK: はいなわたくしがここに付いております


かじり木コーンでクチバシ回りをセルフカキカキするクロエ・官能の世界。
Chloeと齧り木
バッキートはくろえをいちばん巧く掻いてくれるの

2008.12.25 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

キョロちゃんBOXと素敵なサンタじじい

キョロちゃんの絵がプリントしてあるクリスマスのお菓子BOXを鳥部屋に持ち込みました。
ヨウムたちビビってます。
キミらのために買ってきたんだからちょっとくらい集まってくれよと。

こうなったらパーカッションとして使うしかなさげ。
というわけでぼこぼこ叩いて見せる人間ども。
するといつもリズムを取って遊んでいるせいか、それなら怖くないヨウムたち。
楽しそうに寄ってきます。
肩に乗せたり床で叩いたり。
どんな形で叩いても嬉しそうにニヤニヤ笑いを浮かべ、頭を上下させながら近付いて来るジャンリュック。
しかし叩くのをやめて差し出すと途端に腰が引けてしまいます。
いつもいろんなとこゴンゴンしてるクセに、これに限って自分では演奏したくないジャンリュック。
でもちょっとだけ囓ってみたりもするジャンリュック、キョロちゃんBOXと微妙な関係。

キョロちゃんBOXとジャンリュック。
左: キョロちゃんBOXを叩く相方と嬉しそうなジャンリュック。
右: キョロちゃんBOXを差し出されて迷惑そうなジャンリュック。

キョロちゃんBoxとJean-Luc-1
いや…じゃんは見てるだけでいいってば…あとでねあとあと…

ラック中段のキョロちゃんBOXを咥えてみるジャンリュック。
キョロちゃんBoxとJean-Luc-2
じゃんが成敗してやろうかって一瞬思っただけ

ラックの上のクロエ。
ラック上のChloe
クロエの機嫌が変わらないうちに貢ぐことね

=サンタじじいの奇跡=
ここで私を驚かせたサンタじじいのその後をご報告。

彼を捜し回ろうとした矢先目に飛び込んできた姿。
それはカーテンにしがみついて生き延びていたサンタじじい。
サンタじじい、期待を裏切らないじじいです。
カーテンを振り回しても落ちないという生命力はまさにバイオレンスサンタじじいの名に相応しく。
むしろじじい、ラッキーホラーアイテム。
半世紀近くに渡って愛し続けた甲斐があったぜじじい。

あ、でもその姿が面白すぎてまだ救出してません。
ちなみに踏ん張りの利かない手下共も無事回収されました。

これは決してネタの仕込みではありません、念のため。
※clickでそこそこ画像拡大する哀切
サンタじじい遭難現場。
サンタじじい遭難現場-1
オレさまがそう簡単にくたばると思うかよ

※clickでかなり画像巨大化しちゃう悪夢
サンタじじい詳細。
サンタじじい遭難現場-2
ひゃひゃひゃアタマに血が下がってきたぜ…このギリギリ感がたまらねえぜ
…もしかしてオレがここにいるのはてめえが無精だからじゃねえのかコラ


皆様よいクリスマスを!
ツリー

2008.12.24 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ツリーを曲げてみる、そしてクリスマスの戴き物

今日も窓辺にいたヨウムたち。
眼を離したとき、そのあたりから突如ばさばさと騒音が聞こえました。

びっくりして飛び立ったクロエが戻ってきてジャンリュックの止まり木に。
ジャンリュックが留守の時にはすぐここに留まります。
そしてジャンリュックは。
「じゃんはドコー!?」
と眼をやると、TV台の上、TVの裏側にはまり込んでいました。
すぐに手に乗ってきたところを見ると居心地はよくなかったようです。
飛んでしまうとほとんどが不時着となってしまいますが、衝突音が(あんまり)しない。
そんなことも多くなってきたジャンリュックではあります。
ともあれ怪我しなくてよかったね。

窓辺のジャンリュック。
Jean-Luc
じゃんは何気なく飛んだだけだが…たぶん

しかしよくないことも同時に起こっておりました。
ジャンリュックがツリー上空をモロにカスって飛んで行った痕跡がそこに。
ツリーのてっぺんは完全にひん曲がり、サンタじじいとその手下共はどこぞに吹っ飛ばされております。
後で救助隊を派遣しますが、ツリーてっぺんが真っ直ぐ直された今でも行方不明。
まあゆっくり待っててくれじじい。

ジャンリュックがひん曲げて行ったツリーてっぺん付近。
曲がったツリー
T: もうだめ…オレっちかっこわりい

強い陽射しの中のクロエ。
Chloe
えっちょっとケバ立ってる?目立つ!?

明日はクリスマスイブ。
今年は幸せな気分で迎えられそうです。
だってとても素敵なプレゼントをふたつも戴いたから。

ひとつはjojoさんが送ってくださったヨウム画のタイル。
見るものを柔らかく包んでその世界で遊ばせてくれるような、最高に素敵なタイル。
わたくし既にどう見てもじゃんくろにしか見えなくなっております。
いやー左はじゃんですよ、じゃん。
ちょと小柄な右のコがくろちんね。

jojoさんより戴いたヨウム画タイル。
ヨウム画タイル

もうひとつは、sas_pさんから戴いたじゃんくろサンタ。
丁寧でクオリティの高い画像に仕上げてくださって、じゃんくろたちをとても可愛くしていただきました。
暖炉のある部屋でプレゼントの山に囲まれ、喜びを噛みしめたくなるような構図です。

sas_pさんに作って戴いたじゃんくろのサンタ画像。
頂き画像・じゃんくろサンタ

このふたつの戴き物はただそれが持つ形の素晴らしさだけでなく。
そのお気持ちが嬉しく有り難く、様々な価値を添えてくれました。
今年のクリスマスは喜びが支配するクリスマスになるでしょう。
ヨウムたちと結びついて行くクリスマスは、これからもっと幸せの記憶を持つようになるでしょう。

jojoさん、sas_pさん、至福に包まれた乾杯と愛情の帽子をありがとう!

2008.12.23 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

喜びも哀しみもチラシスティック

昨日の朝、ヨウムたちを起こすためカバーをめくっておはようをしたとき。
いつものようにケージの中から
「おはよーぅ」
と言ってくれたクロエですが、そのあと続けざまに
「ただいまー」
と発言。
今まで1度も口にしたことがなかった言葉であるそれ。
朝になってまた会えたから「ただいま」なんだろうね、クロエ。

じゃん55そして。
昨夜は久方振りにチラシスティックを作ってヨウムたちに配りました。
受け取ると夢中で齧り始めるじゃんくろたち。

これはジャンリュックが小さかった頃からよく遊んでいたおもちゃの1つ。
時々作って渡してやると結構集中して齧ってくれる安上がり&手間なし代表おもちゃ。
それがチラシスティック。

材料はチラシや要らなくなった出前のメニューなど。
それを出来るだけ細くきゅっきゅと丸め、両の端っこを内側に折り返して止めます。
程良く固いものとペラい材質では、齧り心地も違うので使い分け。
あいや私はもちろん手当たり次第であります。
それから柄によってはビビるヨウムもおりますので要注意だったりもするであります。

チラシスティックを齧るジャンリュック。
チラシスティックを齧るJean-Luc
うむっこのぱりっとした固さはじゃん好みだぜ

左: チラシスティックを齧るクロエ
右: 楽しそうなクロエ上と黙々と齧り進むジャンリュック下

チラシスティックを齧るChloeプラス
C: くろちんはゆっくり楽しんでかじるんだもん

ラック上段止まり木で楽しく齧っていたクロエ。
その頃齧り終わって短くなったチラシスティックを投げ捨てていたジャンリュック。
ラック中段で、しばらくじっとんとしていました。
ふと動きだし、クロエの居る上段に登って行くジャンリュック。
そして胸を張って真っ直ぐ立ったジャンリュック、クロエを思いっきりド突きました。
突然の狼藉に呆然としたクロエを前に、怯まず胸を張るジャンリュック。
なぜに。
ジャンリュック、穏やかな笑みさえ浮かべています。
そしてチラシスティックを握りしめたままのクロエを再びド突きに行くジャンリュック。
哀しみのフチに突き落とされ、チラシスティックを落としてしまったクロエは信じられないという表情でジャンリュックを見つめます。
笑みを浮かべたジャンリュックと信じらんない顔のクロエ、そのまま見つめ合うふたり。
しばらくすると呪縛が解けたクロエが、静かにラックの奥に移動して行きました。

ジャンリュックはなぜそんな意地悪をしたのか。
チラシスティックは好きだけどそれが欲しいわけでなかったのは明らか。
今のところ「いい加減それをやめてじゃんと遊べよと(ドヘタクソに)主張した」説が有力視されております。

クロエ左がジャンリュック右にド突かれ愕然とするの図。
争うJean-LucとChloe
C: じゃん…ひどい…くろえ何もわるいことしてないのにぃ
J: DV野郎とか呼ばないでくれたまへよじゃんには深遠な理由があるのだからね

2008.12.22 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ノンフィクション劇場-No.52

■味わう喜び劇場■
ノンフィクション劇場-No.52
幸せの瞬間が沢山あればそれだけでいいじゃんね。

↓おまけ・羽を出しっぱなしであくにんヅラをするジャンリュック。
窓辺のJean-Luc
ふ…月夜の晩ばかりじゃねーし昼間も見えるってこった

2008.12.21 | | Comments(8) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

ノンフィクション劇場-No.51

■ばっさばさのビリビリな新聞劇場■
ノンフィクション劇場-No.51
小さな小さな切れ端を楽しむことにしたクロエ。
かたや最後の切れ端が落ちるまで破きまくり、理性をなくして遊んだジャンリュックであった。

2008.12.20 | | Comments(6) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

通じ合えない日

今日はヨウムたちと心が通じ合わず、傷つけ合ってしまった日。
ジャンリュックは行きたくもない(らしい)のに窓辺に連れてこられたし。
クロエは行きたい(らしい)のにカウンタの角っこに近寄れないし。

ジャンリュックは窓辺で外から響いてくる音に驚いたのか、30cmの距離を網戸に向かって突撃。
そしてデコ受け。
しかし今のジャンリュックを舐めてはいけないと感心するほど素早くターンし、床にべったんと降り立ちました。
掃除をサボっているうちの網戸から降り注ぐ埃はヨウムのコナを軽く凌駕いたします。
そしてデコ受けした以上は当然デコを擦り剥く運命を背負ったジャンリュック。
いつもと違ってアミで擦ったため、広い範囲を削って赤くなっています。

鳥部屋に帰れば浮かない顔のジャンリュックとクロエ。
クロエは私の指をキツく噛み、痛いよ!と怒られてしまいました。
元々機嫌が悪かったのでそこでまた雰囲気が悪くなるクロエ。

一旦退室してからクロエに(噛ませるような原因を作った私が悪いからと)謝っていたら、ジャンリュックが必死で頷きます。
直前までムスッとしていたジャンリュックが、一生懸命に何度も何度も。
ジャンリュックはこの場の空気を恐れ、肯定することで流れを変えたかったのだと思います。
そんな気持ちにさせてごめんよ。
もちろんジャンリュックもクロエも悪くないよ。

私が謝る度にあまりに熱心に頷くので、ジャンリュックに対しても何度も謝るハメになりました。

カウンタの止まり木クリップから下を覗き込むクロエ。
止まり木クリップのChloe
くろえこっちだけで遊んでてもつまらないんだけどなー

足の手入れをするジャンリュック。
足の手入れをするJean-Luc
じゃんは昔から色白なんだけどさー日焼けしようかなー

翼の内側を繕うクロエ。
羽繕いするChloe
世の中くろえの気に食わないことだらけっ

水栓の上のジャンリュックと食器棚に映り込んだクロエのまるい影。
水栓の上のJean-Luc
ここにいれば魔法のようにほっとするね

2008.12.19 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

じゃんはなんだかこわい

今日はジャンリュックが居間に行きたがらず、ずっと地味な佇まいでした。
守護神の力を感じることなく放鳥時間を過ごしたクロエはイライラもなし。

放鳥時間も終わる頃、クロエを手に乗せてほいほいしながら鳥部屋を練り歩きます。
嬉しそうなクロエをラックに降ろしてから、ジャンリュックを誘うとすぐ手に乗ってきました。
ずっと気が進まない顔でそこに立っていたジャンリュック。
でも。
自分もそんな気分になりたい、自分もやりたい。
そう思って待っていたのか、ワクワクした顔をします。
そこでジャンリュックを手に乗せてクロエよりずっとゆっくり練り歩き。
最後は上のキャリーにへばりついたジャンリュックをアミに乗せ、鳥部屋1周の旅をいたしました。

夕方のおやつの時間にちょっと出てきてケージにかえろうという時。
ジャンリュックが逆さになって帰宅拒否しました。
説得していると、自分が帰らされそうになるとき言っているセリフで実況中継するクロエ。
「おうち帰ろ、さ、おうち帰ろ」
そんなクロエはジャンリュックが帰ったところを確認しないと絶対帰ろうとしないおんな。

ラックの上からこれから何をしようか考えるクロエ。
ラックの上のChloe
くろえの邪魔しないようにそこで待ってなさいね

首を埋めてあくびをするジャンリュック。
中段止まり木のJean-Luc
首のばすとさーちょっと寒いよねー

「じゃんはなんだかこわい」とのたまうジャンリュック。
こわくも何ともなさそうですが前半と後半の2回言ってます。

2008.12.18 | | Comments(4) | Trackback(0) | 動画付き日記

5代目守護神誕生

現在カウンタの端っこに立てかけてあるものは手ぼうき。
以前鳥部屋で使おうと持ち込んだら、ジャンリュックが大変ビビったため本来の目的を果たせぬまま封印されていたもの。
するとクロエ、しばらくカウンタに降りません。
やっと降りたと思ったらいつものようにカウンタの角っこまで攻め入ろうとはせず、正面辺りでウロウロしているクロエ。
ほうきを手にとって彼女に近付けようとすると逃げていきます。

そんなわけで、やっと新規採用決定・守護神誕生であります。
まるで役に立たなかった軟弱守護神も数えると、通算5代目の守護神としてカウンタに降臨。
末永く頑張っていただきたく。

ある時は守護神(98%)、またある時は全長30cmの手ぼうき(2%)
ほうき
H: ほうきとしての生き方は望むべくもないんすか

カウンタでケリケリを始めるクロエ。
カウンタでケリケリするChloe
くろちんなんだか切ない…あっちに行けないからこっちでこうするしか

水栓に立つジャンリュックの図。
台所のJean-Luc
じゃんはおだやかな気分だよ…ダレも因縁付けてこなければね

しかし。
今日は妙にイライラしていたクロエ。
鳥部屋ではジャンリュックと激しい喧嘩をやらかしました。
始めるとどっちもどっちになってしまい、イライラモード全開のふたり。
加減はしているのですが、腹の虫が治まらないらしくいつまでも上と下で怒りをぶつけ合っています。
仕方なく途中でブレイクを入れましたが、なんだかクロエはそのままイライラ。
やっぱり強力な守護神のせいかね軍曹。

夕方には機嫌も直っていたクロエですが、しばらく気をつけてほどよい加減を探りたいと思います。

ラック中段で喧嘩するジャンリュックとクロエ。
喧嘩するJean-LucとChloe
J: こっちくるんじゃねーてんだよくろえ足癖わるーっ
C: んじゃくろえはどーやって上に登れってのよぅ! じゃんこんじょわるーっ

2008.12.17 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

くろちゃんふー、じゃんくんふー

昨日書いたジャンリュックの不興を買った遊びのひとつとは、いつもクロエにしている遊び。

それは「くろちゃんふー」という遊び。
両手を丸めてクロエに近付いて、顔の辺りで
「くろちゃんふー!」
と言いながら息を吹きかけます。
するとうにうにと逃げ回ってみたり手の中に頭を突っ込んできたりするのがクロエ。
きゃーきゃーしているクロエに向かって何度も何度も「くろちゃんふー」をいたします。
追っかけられるとまた嬉しそうに頭を突っ込んでくるクロエ。
そこでクロエはふーされると楽しいと判定されました。

でもこれがジャンリュックだと
「じゃんくんふー!」
とやったら手の中にクチバシを突っ込むや否や掌を噛んでくれます。
そのリスクはジャンリュックが相手の場合は当然負わなければならないので仕方ありません。
しかし初めはこれに付き合ってみたものの、どうやら楽しくない判定をしたらしいジャンリュック。
しかも掌を噛まれたくない卑怯な私にお腹辺りを狙われたため、余計気に食わないという展開に。
吹けば吹くほどテンション下向きになるのです。

ただでさえジャンリュックのお腹はおようふく着たコとそよそよ具合が同じではないはず。
最近ふーふー吹いてばっかりだったし、ウザかったに違いねえ。

止まり木クリップのクロエ。
止まり木クリップの上のChloe
くろえが行きたいところに変なひとがいるみたいだから調べてきてよ

アホですがもう1つ吹く系の遊びがあります。
その遊びとは、
「さぁじゃん、行くよっ!」
などと適当に声をかけてから
コブシをタテに重ね口に当てターゲットロックオン。
「ぷつっ!」
と音を立てて吹き矢を飛ばす(フリをする)というもの。

ジャンリュックもクロエも
「うを?」
と思うらしく、身体を乗り出してこっちを見てきます。
離れた位置からだとヘーキなようだねきみたち。
その上人間ふたりで始めたりすると余計にアホ過ぎて一瞬注目したくなっちゃうのかい。

羽繕い中のジャンリュック。
羽繕いするJean-Luc
ワイルドな漢のアレンジをやらかすぜ

バタバタするジャンリュック。
バタバタするJean-Luc
バタバタというよりワタワタしています

ぶら下がって遊ぶクロエ。
アクロバットChloe
くろえの曲線をごらんなぁ

2008.12.16 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュック、ストライキしてみる

昨日辺りからやけにジャンリュックの出が悪くなっております。
うんpではなくジャンリュック自身のことです。
昨夜もケージから出てこようとしないで粘るので、釣り出すために相方と退室して待つハメになりました。

最近では引きこもることが殆どなく、ケージが開くとスムーズに出てきていたジャンリュック。
こんなことは久しぶりです。
やっと出てきてラックの上にいるジャンリュックを居間の方に誘っても、昨日と同じで決して手に乗ろうとしません。
逆さになって断固拒否する決意を固めております。
それで台所行きはなくなったので、クロエも守護神候補の面接が出来ませんでした。

ジャンリュック、ちょっとばかりうんざりしていたらしいのです。
私の変なノリについて行くのはいかにも不本意だったためストライキ決行。

実のところ、
・この遊び方はいつものジャンリュックのペースにちょっと合っていないよなー。
・呆れてるなー。
・許可取らなかったしなー。
等々の自覚があったので、間違いなく私のせいだと思います。
受け入れる側の準備が整っていなければ、いいはずの刺激も悪い刺激。
混乱しちゃったんだねジャンリュック。
○○ちゃんは次に何始めるんだか判らないので取り敢えず引きこもっとくと言うわけだね。
いやだから悪かった。
もう(ちょっとしか)しません。

お詫びの気持ちをつらつらとジャンリュックに話しかけていましたら、少し気を取り直してくれたようです。
ありがとありがと。

ケージの中から決意も固く見上げてくるジャンリュック。
Jean-Luc-1
じゃんはぜっっっったい、出ないし

人間たちが部屋からいなくなったので心配になってケージから出てくるジャンリュック。
Jean-Luc-2
じゃんを置いていくのは卑怯じゃん

クロエとあおいひと。
Chloeとクリップ-1
くろえのいとしいひと、さあくろえのクチバシで散るがいいわ

左:上の写真の直後、クリップに足をかけて落ちそうになるクロエ。
右: 慌てて飛び上がったクロエのしっぽがちょっとだけ見えるの図。

Chloeとクリップ-2
おわっち! とぅわっち!

2008.12.15 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

金具直撃ヒザにアザ

クロエが水ボトルの金具を落として回る件。
危険を回避するため、水ボトルメンテナンス中は金具を外しておく件。
そのことは何度か書きましたが、クロエは全く諦めていません。

そう、金具を外してしまうとケージの上をうろつきながら恨みがましくこっちを見ているクロエがそこに。
しかし昨日うっかり金具を取り付けるタイミングを間違えたかつをどり。
ぴくっとしたクロエ、凄い勢いで金具のところへダッシュ。
構える間もなく金具を床に叩き落とし、バウンドしたそれが私の膝のお皿を直撃しました。
アザがしばし遅れて浮かび上がること必至です。

クロエ、血も涙もない女。
只今守護神と面接中ゆえ覚悟せよ。

朝ごはん待ちしながら金具を外されたことに非難の眼差しを向けるクロエ。
Chloe
くろえから楽しみを奪うなんて最低

クロエがこだわる金具取り外しを敢えてシミュレートするの図。
Chloeの所業
仕事は確実にやるのがくろえの信念だーぅりゃたー

今日は居間に行きたくないとの主張を爽やかに続けるジャンリュック。
Jean-Luc
傍にくるとこれまたくるっと逆さになりますのでご注意ください

2008.12.14 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

鳥親さんといっしょ&今年のツリー

昨日はsanaさんsas_pさんとご一緒して来ました。
夏のあんこツアー年末版とでもいいましょうか、近い年齢女のコヨウムの会とでもいいましょうか。
鳥たちの行動を語り合うこと。
相違点や共通点を見つけること。
鳥親同士のお付き合いはいつもながら楽しくて栄養満点です。

そしてsanaさんからはとても立派なナッツ、sas_pさんからはありがたやオリジナルグッズをいただきました。
お2人からの頂きものを帰ってからヨウムたちに見せびらかしたです。
ワラワラ寄ってきたので危険を感じてとっとと隠しましたよええ。
sanaさん、sas_pさん、お心遣い本当にありがとうございました。

--------
1週間前から出ていたツリーですが、電飾の巻き付けがあまりにも不細工(責任者・相方)だったため出番が遅れました。
なんとかマシになったので今こそ出番。
もっと小さいと思っていたのに、よくよく見ると微妙に邪魔なデカさのツリーでした。
だから鬱陶しかったのか。
夜の撮影バージョンがなくそれっぽさに欠けておりますので、そのうちな夜にテキトーに。

クロエは昨年のツリーからもう怖いものなし。
カウンタの守護神群を足蹴にした実績を持つ女クロエ、オーナメントのサンタ目玉を早速千切り取ってしまいました。
かたやもうこれは自分にとって迷惑なだけだと悟ったのか、もちろん今年も迷惑そうなジャンリュック。
1年の中のいろんな区切りの1つだよ。
迷惑も味のうちだからホラ。

ツリーは面白いおもちゃの宝庫と認識したクロエ。
ツリーとChloe-1
わーいくろちん壊す~もっと近く行く~

目線を上げたくない気持ちが微かに表れているジャンリュック。
ツリーとJean-Luc-1
じゃんをそっちに連れて行かないでください

左: ツリーの回りでご機嫌なクロエ。
右: ある事情により上のほうで曲がっている昼間のツリー逆光版。

ツリーとChloe-2
C: くろえが自分で行けるようにハシゴがあるといいのに…
T: 私の上のほうでとあるバイオレンスが


スツールの上のジャンリュック。
ツリーとJean-Luc-2
じゃんをこの辺に置いといてくれればいいよ

そしてここから下はひゃっほうサンタじじい2008。
推定年齢131歳となったサンタじじい。
手下をふたり引き連れてバイオレンス殺人サンタとなりこれから街に繰り出して行くところです。
フライングツリーに乗ったまさにその瞬間を捉えました。
どんなアホ画像でも苦しうない、と思った人は拡大して見るもよし。
怒っちゃダメだし。

※clickで画像拡大しちゃうバイオレンス
ツリーのてっぺんが曲がっている理由・サンタじじい。
サンタじじいと手下ども
SJ: ひゃっほう行くぜ! 今年は姿勢悪くて不機嫌だぜ!
ST1: バラバラに刻んでやるぜ
ST2: オイラも刻んでやるぜ

2008.12.13 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

洗濯用クリップ、しつこく現役街道をゆく

近頃じゃんくろに大人気のあおいひと=洗濯用クリップ。
↓それを中心にアクロバットするクロエ。
↓↓向こうで時報するジャンリュック。
↓↓↓こわーとか言ってみたりするジャンリュック。
↓↓↓↓物欲しげなジャンリュック。
そしてクリップを自分だけのものにし、落とせば拾えオーラをがんがん出してくるクロエ。

…てなことになっている動画です。


2008.12.12 | | Comments(6) | Trackback(0) | 動画付き日記

不機嫌な当てっこ

ジャンリュックとクロエのケージにそれぞれ入れてやったおもちゃは、一晩でほとんど遊び尽くされました。
まだ残っている部品に手を付けないところを見ると、ふたりとも齧りたいところは齧り終わってしまったようです。
頑張ってるとかそんな瞬間すら意識されないうちに藻屑と成り果てていくおもちゃ。
洗濯用クリップの方が効率いいんですけど。

ジャンリュックとクロエそれぞれの使用後のおもちゃ。
使用後のおもちゃ
O1: 遊んでくれてありがとうとお礼が言える程度に形が残ってるなオレたち
O2: うん…オレの方がかっこいい


放鳥時間にジャンリュックがケージに戻ってつまらなそうにしていたときのこと。
ふと当てっこでもして遊ぼうと思いついたかつをどり。
最近ふたりにそこそこ好評だったプラスチックの小さいおもちゃを手に握ります。
手を開いて見せてからシェイクして
「はいっ!」
と両コブシを突き出すと、一応当ててくるジャンリュック。
しかし無表情。
そこへクロエがやってきてそのおもちゃを所望したので当てっこして渡してやりました。
その後引き続きつまらなそうなジャンリュックを見て、どうしようかとキョロキョロ回りを見渡すかつをどり。
齧り終わったおもちゃの部品がそこに。
それは小さなカトルボーン。
ジャンリュックがこの感触を好んでいたという歴史的事実があったので、それを手にジャンリュックに当てっこを仕掛けました。

ジャンリュック、当ててきます。
当てたので
「おおおおおーすごいねじゃん、はい」
とぐいぐい手を差し出しましたが、ものすごーくイヤそうな顔で受け取り拒否されました。
こんなものを賞品にされて腹が立ったようです。
中身はアーモンドか胡桃でないと当てる意味がないと。
もう、ほんっとに心からふざけんなよと。

ごめんなさい。

何かを見上げるジャンリュック。
見上げるJean-Luc
アレは心眼で見るんだよ

開脚ブランコ芸に挑むクロエ。
ブランコのChloe
くろえ忙しいからあとで遊んであげる

↓おまけ・クリップの取り合い画像※clickで画像拡大します
やっぱり下に落ちるまでの攻防。
クリップを巡る攻防
J: ぱっくーん
C: ぐぎゃーなにす…あっ…

2008.12.11 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

クロエ、6歳になる

今日はクロエの誕生日。

今回はイベント用の朝ごはんはなし。
用意するにも間が悪く、別に喜んでくれないという事実も手伝ってまあいっかという朝を迎えました。
特別なものを用意する楽しさは全体の空気をよくしますし、それはそれでいいものです。
でも今日は何がなんでもフツーのごはん(しかない)
丸残しするほどつまらないものでは可愛そうなので、絶対食べてくれるトウモロコシ。
そしてレッドグローブ、悪いけどクロエの嫌いなミニトマト。

ついにクロエも6歳になったのかと、何度も何度も心の中で反芻します。

毎年、同じ気持ちで迎えます。
傍にいてくれてありがとう。
生まれてきてくれたこと。
元気でそこにいてくれて、いつもと変わりないクロエがいてくれること。
クロエを構成する全てに感謝。

実はこれでもかこれでもかと、毎日同じようなこと考えているためはっきり言って感謝のインフレ。
それでも足りないという気持ちはきっとどなたも理解していただけると思います。
たとえ大事なアレやコレを齧られたとしても。

今日は昔のジャンリュックとクロエの動画をご覧ください。

2003年7月、クロエを繕うジャンリュック。
ジャンリュック3歳、クロエ7ヶ月の頃。


2003年9月、アクリルの壁の横から登れなくなって困っているクロエ。
やらかしていることは小さい頃から同じです。


現在のクロエ、窓辺にて。
Chloe-1
いまくろえのこと考えたでしょ

現在のクロエ、ケージにて。
Chloe-2
くろえはむかし美人さんって呼ばれてたんだけど今はどう?

2008.12.10 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

想いを伝えあうヨウムたち

昨日のジャンリュックはちょっぴりクロエに積極的。
いつもと違う場所からクロエを誘い、いつもと違う場所でクロエと仲良し。
気持ちが盛り上がる季節でも今までなら有り得なかった構図。
ジャンリュック、やる気です。

しかしなんだかおもちゃの方が気になってたりもするクロエ。
そこを何とか振り向かせようと上から何度もアタックするジャンリュック。
ぶら下がりながら後ろアタマを見せて掻いてと催促したり、振り向かないクロエに触ってみたり。
あらゆるダイナミックなポーズを取りつつクロエに迫ります。

そして気をよくしたクロエ、ラックの柱を登って行きました。
今までは必ずラックの奥のバーの上で仲良くしていたふたりでしたが、今回は手前の明るいところ、初めての場所で盛り上がります。

クロエ下に誘いを掛けるジャンリュック上。
Jean-LucとChloe-1
J: ねーねーねープレゼントあげる
C: もっとくれるの?


ラックの手前位置で仲良しするジャンリュック右とクロエ左。
Jean-LucとChloe-2
んん

そして夜の放鳥時間。
この時間は相方と遊ぶのが楽しみだったりするジャンリュック。
早い時間にケージに戻ってそこで相方と遊んでいました。
するとだんだんクロエがイライラしてくる様子が空気を伝わってまいります。

わざと大きな羽音を立ててブルブルしたり。
ラックについているステンレスのおもちゃをこれ見よがしに回したり、突如逆さになって暴れてみたり。
それは夫に腹を立てた妻がテーブルにお茶をドン! と置く気分であり、気がつけ、早よ気がつけという脅しでもあります。
そんな嫌味な音を立てながら、ヒステリーを定期的に起こしてみるクロエ。
考えがあっての抑制なのか、昔のようにギャーギャーという叫び声を出したりはしません。
それでも知らん顔して能天気に相方と遊んでいるジャンリュック。

イライラするクロエ。
イライラするChloe
あーもーくろえをいつまで放っとくつもりなのかなぁああっ

放鳥時間もそろそろ終わるという頃。
ピーナツをいただいたあと、上に戻ってしばらく遊びます。
クロエがどんな気分でいたか実は気づいていたらしいジャンリュック。
その埋め合わせをするべく、クロエに合図を送り始めました。
しかし渡されたおもちゃを齧り続けるクロエ。
必死になってクロエを見て訴えかけるジャンリュック。
クロエ、無視。

そう。
これはおもちゃが面白いというより、さっきの仕打ちに対する復讐。
どう見ても復讐。

ジャンリュック、どれだけ必死で合図を送っても最後まで無視されました。

自分を無視し続けるクロエをガン見して判りやすく合図を送っている(つもりの)ジャンリュック。
Jean-LucとChloe-3
J: くろえ~さっきは悪かったよーこっち見てくろえ~
C: 黙々黙々黙々


それはジャンリュックにとっては激しく侘びしいオチ。
でも人間たちにとっては、ヨウムたちの感受性がどんどん発達していることを改めて感じる感動の(笑)展開でした。
同じことを繰り返しているようでいても、直接彼等の立ち居振る舞いを見ていると感じます。
豊かになってきている表現の素晴らしさ。
その表現を使い分けながら、暮らしを共にする相手に感情を伝えるヨウムたち。
そうだ、そこだ頑張れジャンリュック。

2008.12.09 | | Comments(11) | Trackback(0) | 日記

今日も守護神は留守だった

台所へ一緒するのがもう習慣になってしまったふたり。
甘えるクロエとベタベタしてから掃除など始めますと、そろそろあっちへ行かないのかという空気が漂い始めます。
私が連れて行こうという様子を見せないと、部屋から部屋へ飛び回ってプレッシャーを掛けるクロエ。
そして顔を曇らせてどうせ自分のことなんてどうでもいいんだ的表情になるジャンリュック。
しかしスルーしてしばらくすると、今日は行かない日なんだと諦めてそのまま忘れてくれるのがポイント。
台所へは毎回行くわけではなく別のパターンもあるんだという余地を残すようにしています。
…とか何とか言いながら今日も連れ立って台所へ行きましたよ同志。

水栓に立っているだけで充分楽しいというジャンリュック。
かたやクロエ。
死ぬほど楽しそうです。
私がこのコーナーに住んでいたら滅びを予感して移住するでありましょう。
てか既に予感は要りません。

バラバラではチカラも発揮できまいが集まればなんとかと慌てて置かれたクロエブロッカーズ。
…見事玉砕しました。

下は歴代全員がどれだけ頼りにならないかを物語る様子。
キョロちゃんやタワシさんやピーちゃんやかじり木ブロックやらが守る奥地に分け入っていくクロエ。
カウンタのChloe-1
ここ足場が悪いよ

タワシさんやドリンクボトルに構うクロエ。
カウンタのChloe-2
くろえこのひと気に入っちゃったかもねー

いつもと違う角度にしたラックで楽しそうなジャンリュック。
Jean-Luc
景色がいいとじゃんのこころの景色も晴れるさ

いつもと違う角度にしたラックで楽しそうなジャンリュック上とクロエ下。
Jean-LucとChloe
J: ここはふたりの場所だから占拠禁止ね
C: えっ…しぶしぶ

2008.12.08 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

クロエ、被害妄想全開

昼間の放鳥時、居間で止まり木スタンドにいたヨウムたち。
日向ぼっこをしているうち体温も上がってきたので窓から離して部家の真ん中へ移動。
ジャンリュックに話しかけていたら、その向こうにいるクロエが突然
「ギャッ!」
と叫んだのです。
一瞬クロエにしっぽを向けていたジャンリュックが叫んだのかと思ったかつをどり。
しかし声を出したのはクロエです。
誰も何もしていません。
普通にしていればクチバシも届かない距離で、ただ落ち着いて止まり木に留まっていただけ。
「一体どしたのクロちゃん?」
と訊ねるも、変な表情を浮かべているクロエ。
というよりなんだか心ここにあらず。
まるで自分がしっぽを掴まれたか、不意打ちを受けたかのような様子だったのです。

落花生の殻を咥えて遊ぶクロエ、瞬膜出しっ放しの図。
落花生の殻とChloe
ここに落ちてるものは全部くろえのだからね

クロエの態度や前後の様子で感じたこと、それは。
クロエのギャは被害妄想のギャ。
白昼夢でも見ていたのでしょうか。

そのあとケージに戻る前にシャワーをしたふたり。
お約束のアーモンドを見せると、ラックの上から怒濤の勢いで戻ってくるクロエ。
クロエが受け取って齧ろうとしている頃、ジャンリュックが相方からアーモンドを受け取りました。
その時ジャンリュックの方をまじまじと見るクロエ。
向き直って自分のアーモンドを見つめるクロエ。
アーモンドをぽろっと投げ捨てます。
そう、落としたのではなく間違いなく投げ捨て。

くろちん、ダマされている。
ぜったいこのアーモンドはいいアーモンドじゃない。
くろちんダメなヤツ渡された。

そんなクロエの心の声が聞こえてくるようでした。
拾ってやっても受け取ろうとしないので、もう1個別のを渡すとやっと食べ始めました。
もしかしてもうシャワーは嫌いじゃないからご褒美イベントじゃないとか。
だからアーモンドがご褒美にもらえるのが不審な出来事に思えたとか。

そう、今日のクロエは被害妄想に駆られまくっていたのです。
大丈夫だってば、くろちん。
大事なクロエに変なコトするわけ…→

相方の携帯に首を伸ばすジャンリュック。
携帯とJean-Luc
それをじゃんによこしたまえよ

窓辺のジャンリュック。
窓辺のJean-Luc
このあとはシャワーをセットでお願いします

相方の頭の上のクロエ。
相方の頭の上のChloe
このモアモアなアタマこそばい…でもスベらない

→ないよ。

2008.12.07 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

ノンフィクション劇場-No.50

■やる気エナジー分解劇場■
ノンフィクション劇場-No.50
ジャンリュックはこの日、2度とあおいひとに手を付けようとはしませんでした。

2008.12.06 | | Comments(8) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

些細で大きなジャンリュックの時間

ジャンリュックの些細な変化。
それは手タクに乗せたとき、足もとを揺らしても嫌がらなくなったこと。
ケージに送っていくとき、ケージから出てラックに乗せてやるとき。
「ほいほいほい」
とリズムを取りながら揺らすと、嬉しそうにどっちに行くの?という表情をするようになりました。

ジャンリュックは 「このあと何が起こるか見当がつかないこと」 が大嫌い。
大事なのはそれが楽しいという記号で結ばれていること、やっぱりイヤなことだったという記憶にさせないこと。
ジャンリュックは最近クロエが同じようにほいほいされたり、手を使った遊びでキャッキャと楽しんでいるのを見ています。
彼の場合は決めてあるところ、慣れたところだけに連れて行かれます。
たまーにサプライズを混ぜ込んでやると、ちょっとだけ新鮮な気持ちになるジャンリュック。
1分にも満たないその時間をジャンリュックが楽しく感じている。
それは些細であって些細でないこと。
積み重ねの意味がだんだん形作られているのを見る嬉しさは決して小さくはありません。

今年はバランスを取るのが上手くなって、体重のかけ方が変わったのでそれが前準備になりました。
ジャンリュックの苦手なことはおそらく半分以上は意識の持ちかたの問題です。
幼い頃の彼は、手に乗ってぐるぐる回されても平気だったのですから。
その遊びで事故ったこともないのにある日突然それがイヤになってしまったジャンリュック。
しかしいま、おようふくを脱いじゃってもなお開放的で希望に満ちた眼をしているジャンリュック。
なんだかスゴー。
もっと嬉しいことや楽しいことをいっぱいしようね。

ナスカンの掛かったじゃんケージ上で手つかずのおやつを狙うクロエ。
じゃんケージの上のChloe
ところであそこのアレをくろえがもらってあげてもいいんだけど?

きのこが全滅していないことを証明するジャンリュック。
Jean-Luc
収穫の時期はじゃんに任せてくれればいいんだよ

ジャンリュック足に掻かれるジャンリュックアタマ。
頭を掻くJean-Luc
カユいのはここです

翼を開くクロエ。
翼をあげるChloe
くろちんのわきっちょ見ちゃだめぽん

2008.12.05 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

ノンフィクション劇場-No.49

■スゲーワイルドなあくびをする劇場■
ノンフィクション劇場-No.49

2008.12.04 | | Comments(10) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

刈り取りの日

今日のジャンリュックはいまいちなジャンリュック。
昨日のこと、ジャンリュックは夕方から夜の放鳥までの間にお腹側に育ったきのこをかなり収穫してしまいました。
そして今日は朝からお昼までの間に背中側。
背中もすっかり筆毛が開き、ハゲを覆い隠そうとしていたのです。
どうにもその半端なのが気に入らなかったらしく、整理に取りかかったようです。
全滅ではありませんが、千切られた羽根が沢山ケージの底に落ちていました。

どっちみちそのまま素直におようふくを着るとは思っていません。
ジャンヌグにはこれから長いお付き合いをよろしくと挨拶を済ませております。
しかしなんで昨日から今日が刈り取りの日なのか、今まで気にもせず放置して伸ばしていた心境とは何か。
彼の心の内を打ち明けてくれまいか、と思うのです。
たとえばふっと髪伸び過ぎちゃったなー切らなくっちゃ、なキモチなのでしょうか。
そしてその様子をちょいと私が観察してしまったのが気に入らないのか、罪悪感も手伝っているのか今日のジャンリュックは機嫌の悪いスタートを切りました。

居間に連れて行くと床に飛んで行ってしまったので、暫し床探検に付き合いました。
私の脚の上を乗り越えたり、いろいろ歩き回ろうとしたものの、気が進まないらしく脚を上げて上に行きたいとアピールします。
すぐ戻してはつまらないだろうとゴミ箱に留まらせてやるとちょっとだけ嬉しそうなジャンリュック。
ゴミ箱経由でテーブル下の横木にご案内し、ヒマを持てあましてソファでケリケリしていたクロエを連れて台所へ。
台所からジャンリュックが見える角度にテーブルを動かしておいて、声をかけながら洗い物を始めます。

いつまでもびっくり顔維持のままかつをどりの脚の上に佇むジャンリュック。
脚の上のJean-Luc
じゃんはこれから何されるんだろうって心配なキモチです

するとジャンリュックが隣にいないのがつまらなくなったクロエ、飛んで行って床に降り立ちました。
彼女が自ら居間の床に降りるなんてことは滅多にありません。
ソファカバーの端っこをクチバシで探りつつ、首を突っ込みつつ流していくクロエ…戦慄の光景。
のんびり洗い物などしていたら、水を切るより前に何かが起こりそう。
てなわけで仕方なく全員撤収しに行きました。

クロエ、確実に守備範囲が広がっています。
何とかして○らえ○ーん。

ソファの上のクロエ。
ソファの上のChloe
そはのうえは潜れるところがいっぱいだからトクベツ

ソファの上でケリケリし続けるクロエ。
ケリケリするChloe
はうーここにくるとくろえはケるの何故かケるの

あおいひとに取り掛かる前の静かなジャンリュック。
Jean-Luc
齧ってほしそうだねいかにもね…ふふふふ

2008.12.03 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

クロエ、いろんな意味で大丈夫

先日ほ~せんさんからタワシを守護神にしてはどうかというアイデアをいただき、そりは安上がりであり用意もしやすいと思ったタワシもといわたくし。
早速新品を手に入れてまいりました。
そして無造作にカウンタのキッチンスケールの上に置いておいたのです。

するとクロエ、歩いて行ってタワシを無視。
無視してキッチンスケールをがっこん。
ここでヤなよかん。
持って近付けると、ビビって遠ざかるクロエ。
しかし更に近付けるとこっつんこ。

こっつんこ出来るですと!
白っぽい綺麗な色にしたのが間違いですか。
ヨウムに威厳を示すには小さすぎたというのですか。
それともそれとも相方の言うとおり伝統的亀の子にすべきだったのでしょーか。
これって払いのければ終わりじゃありませんのか軍曹~!

そんな事情でタワシ守護神はあっさり却下されてしまいました。
タワシ、あなたは悪くない。
なんであれ水回りでヨウムと無関係なジョブにてきっちり役に立っていただきます。

洗濯用クリップで遊ぶクロエ。
クリップで遊ぶChloe
さあさあくろえが可愛がってあげるうふん

さて噛み合わせもずれボロけた姿のみどりのひとが、今日は哀れ床に投げ出されていました。
まだまだ未練が続いているらしいヨウムたち、やたらと首を曲げてはそれを見つめます。
そこでまたラック中段に付け直してやると喜んでぶら下がるクロエ。
ジャンリュックもおとなしくクロエが遊ぶところを見ていました。

すると突然、クロエがクリップごとひゅうっと落ちていくところが私の眼に飛び込んでまいりました。
1mちょいの高さからどすんと音を立てて背中から落ちたクロエ。
眼を剥いて固まっているジャンリュック。
クロエを見つめるかつをどり。
一瞬その姿勢で固まっておりました鳥部屋メンバー。
真っ先に我に帰ったクロエは、素早くくるっと立ち上がるとラックの上に飛んで行きました。

受け身うまっ! と思っただけあってクロエに怪我はなくぴんぴんしております。
「くろちん大丈夫?」
と訊ねるとちょっと恥ずかしそうに頷くクロエ。
切れそうなロープにぶら下がったままナイフで切っちゃうような遊び方してたもんね。

みどりのひとはそれでもまだまだモテモテでございます。
齧るヨウムがいる限り、みどりのひとは頑張ります。

みどりのひととヨウムたち。
Jean-LucとChloe
バラバラになるまで構ってほしいっていってるし

アルミ板をバッチンしながら進むジャンリュック。
アルミ金具をばっちんするJean-Luc
おしりをあげて行くのが正しい歩きかたね

2008.12.02 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード