クロエが伝えてくる気持ち

ジャンリュックがぶっ飛んでいったりするとき。
彼は大袈裟に心配されると表情が曇ります。
クロエはびっくりして飛び立っても余程のことがない限り自分の力で危険回避が出来るコ。
でも彼女は自分も心配して欲しいと思っているから、放っておくと怒りを胸にため込みます。

自分がワルいことをして叱られると嬉しいジャンリュック(噛んだときとマジは別)
腫れ物のように扱われるのが嫌いです。
叱られるのが嫌いなクロエ。
でも何かを落としそうになったりつついたり、そんなことばっかりしてるクロエ。
ジャンリュックより動き回っているから、もらう注意も盛り沢山。
私が本気で叱るのはかなり危険なとき、痛いことを教えるときの一瞬だけ。
それでもコラコラーとか言われる度になんでクロエだけ…と思うらしいのです。

クロエはずっとそんな気持ちを持ち続けているのかもしれない。
フォローしているつもりでも彼女の心にはそんな疑心暗鬼がくすぶっているのかもしれない。
さっき、なんとなくクロエがそんな気持ちを投げてよこしたような気がしました。

あんよのお手入れをするクロエ。
Chloe
こんなときくろえは余計なことを考えないの

クロエのあくび。
Chloeのあくび
なんか…まだ寝る時間じゃないのに…だまされたぅゎぁー

クロエがジャンリュックのケージに入り込んでのんびりしたがる行為。
あれはやはり輪の中心にいるためだと思います。
いやそれは五分。
もちろんクロエである以上、食べっこだからという理由が五分。
だけど彼女はものすごく淋しがっているような気がします。

そう。
つんつんしてとりつく島もないことも多いクロエですが、それでも頑張って点稼ぎしろと。
ワルいコトしても優しくヨシヨシしろと。
具体的に言うとなんだかなですが、これもひとつの真実。
ヨウムたちは状況が解った上で、常に相手に気持ちを証明して欲しいと思っているから。

そんなクロエにさっき死ぬほど申し訳ない気持ちになってがっつんがっつん謝りました。
共に頷きあってわかった、大丈夫という顔をする太っ腹なクロエ。
ただまあ、○○ちゃんのことだからどうせアレだよねって思われたようです。

ジャンリュックのケージに入っていくクロエ。
Jean-Lucのケージに入って行くChloe
うっふん今日もよろしくね

カメラと見つめ合うジャンリュック。
Jean-Luc
じゃんの真実を写してくれたまえね

2008.10.01 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード