ジャンリュックの微妙なクチバシ

先日からジャンリュックのクチバシが欠けています。
昨日の写真でもよく見ると判るのですが、かなり極端に段差が出来てしまいました。
水栓を囓ったわけでもないんですが、どこか固いところでやっちゃったらしいジャンリュック。
なんだか折れそーでコワいので要観察中。

ジャンリュックの欠けたクチバシ。
Jean-Lucの欠けたクチバシ
へへっじゃんのクチバシ、かっちょいいナイフの形にしてみたさ

クロエが撮られているとぼーっとつまらなそうにしているジャンリュック。
自分が撮られるのはどうやら嬉しいらしく、張り切った表情になります。
でも撮ってばかりいるとまたつまらなくなってしまうので、注目とイコールな写真撮影は最初だけ。

夕べはジャンリュックが相方にナデナデされているときに撮影しようとカメラを向けました。
すると彼はラックのバーの陰に隠れたり頭の角度を変えてきます。
こちらが立ち位置を変え、上から下から動いて狙っても必ず眼を隠そうとするのです。
レンズと眼があったり見られたりすることに罪悪感があったのかもしれません。

相方にナデナデされるジャンリュック。
ナデナデされるJean-Luc
じゃんの密会シーンを勝手に撮るのはじゃん的に違法

クロエ、穏やかに胸元を繕うの図。
胸元を繕うChloe
こうやってお手入れしているとすぐに時間が過ぎていくね

●恐怖のおまけ三面記事●
=朝のケージカバーをめくった私に襲いかかってきた同時ぽんぽことは。
=かつをどり(仮名)さんがインタヴューに答えました。

あのひとたちってばふたりで全く同時に
「ぽんぽこーだよ!」
と言い放ってきたんです。
その直後ジャ○リュックのクチから漏れるくぐもった笑い。
恐れている私に向かって何度も笑いを浴びせかけてくるふたり。
ジャンリ○ックのみならずク○エまで笑っているんです。
あああ、「よ」までくっついてしまったらお終いよ、おしまいだわ!

2008.02.29 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

クロエは今日も囓り足りない

クロエは一昨日もケージ内に佇んで暗い顔をして見せ、齧り木が欲しい気持ちをアピールしてきました。
ところがSサイズを入れてやると目に見えてがっかりしているのが判ります。
こんなものクロエの敵じゃないとでも言いたいのでしょうか。
結局朝には終了してしまい、つまらないという態度が本物であることを証明しました。

そんなクロエにとってジャンリュックのケージの中にいつまでも放置されている齧り木ほど無駄なものはないのでしょう。
事ある毎にその無駄を自分のクチバシで解消しようと必死です。

今まさにジャンリュックのケージに入っていこうとしているクロエ。
Jean-Lucのケージに侵入するChloe
C: ちょっとおじゃましま~すそこどいてちょんだーい
J: はあ? ダレが入っていいっつったんだよ


上: ジャンリュック左と睨み合いになってちょっとヒンソなクロエ右。
下: クチバシ相撲にて決着をつけようとするふたり。

Jean-LucとChloe睨み合う
C: なによぅいいじゃんちょっとくらいーケーチケチケチ!
J: じゃんの平穏を乱すのはやみろっつの


結局クロエに気合い負けしたジャンリュック。
Jean-Lucの齧り木を囓るChloe
J: ……じゃんの神様はどこにいるんだろう…
C: それってホラ代わりにやってあげてるくろえみたいな存在じゃないの?


でもクロエが長時間粘ったりしないのはやっぱりそれが自分のものではないから。
何といっても「自分専用の齧り木を自分のケージに付けてもらうこと」が嬉しく重要なことのようです。

ほー、と発音したジャンリュック。
Jean-Luc横顔
ほぉぉーーーん

2008.02.28 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

水栓上のヨウムはいつか囓り始める

今日は久しぶりにジャンリュックを水栓の上に乗っけてやりました。
クロエはなぜか嫌がってしばらく鳥部屋に粘っていたので、気を使うこともなく水栓を満喫したジャンリュック。
しかし今までは乗っているだけで満足していたのに、隣にある浄水蛇口を囓りはじめてしまいました。
ヨウムの力で囓ると引っ張られて歪んでいくのが眼に見えて判ります。
慌てて止めに入りましたがまたやるなら連れてこられません。
だってコレ、それでなくても根元から水が漏れてるんだよぅ。

そして迎えに行っても手に乗ろうとしないクロエ。
何かどーしても怖いものがあったらしいので。
しかし独りぼっちで淋しくなったクロエは暫くしてからやってきて静かにしていました。
怖いものが何だったのかは不明です。

台所側から撮影したジャンリュック。
水栓上のJean-Luc
J: ここにいるとクロエもやってこなくて快適だね
C: ち、くろえだけ仲間はずれにしたこと後悔させてやるわ


引きこもるつもりがない日のジャンリュックは、ケージを開けると上がってきてまずうんpをします。
そのあと誰かに乗せてもらって上に行くために脚を上げて見せます。
違うことをしていて待たせているとジャンリュックはだんだん所在なさげになり、時々脚を上げてはおろしつつきょろきょろし始めます。
それでもそこから動きません。
たまに自分で動くときはクロエの邪魔が入らないとき。
自分で好きなようにしてくれれば一番ですが、本人がストレスで潰されそうになってしまうので仕方なく私の手に乗っけて上へ。
そのあとはふたり揃ってず~っと羽繕いを続けています。

私はあまりに平和一辺倒な光景にため息をつきながら
「あんたたち、なんかやってくんない? おやつあげに来た甲斐がないぢゃん?」
と鬼畜発言。
そこでジャンリュックは
「ぽんぽこーだ」
と抜かしました。
なんだか昨日からヤツのぽんぽこは「ぽんぽこ~だ」に変化しているのです。
やべえぜ、いつかやられるかもしれないぜ。

羽繕いするジャンリュック、全身膨らんでいるの図。
羽繕いするJean-Luc
ふん、そんなにおれのカラダを見たいかよって言ってみるじゃん

下はブレてしまったためにちょっと変なトリになったクロエの写真。
逆立つクロエの羽根。
羽根が逆立つChloe
くろえが変な顔してるときに出すなんてヒド~

2008.02.27 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

退屈なクロエ迷惑行為に及ぶ

クロエはまだ上にぶら下がっている齧り木を見捨てたわけではないようです。
でもいくらか囓るとすぐにやめてしまいます。
時間をかけていつか終わらせるつもりなのか、まるで私がやりかけているゲームの進行状況のようであります。

齧り木に取り付いているクロエ。齧り木にくっついているChloe-1
おなさけっていうのかな

齧り木にぶら下がった状態のクロエ、ほとんどの体重をクチバシと左足の爪で支えているところ。
齧り木にくっついているChloe-2
こんなのちょろくてつまんないけど遊んであげないとかわいそかなって

今日のクロエは迷惑行為に明け暮れていました。
予測不可能、根限りなく突然飛び立ってジャンリュックを脅かすこと2回。
私がちょっと他のことをしていたのがものすごく不満だったらしく、変な工夫をした結果のようです。
2回目はジャンリュックも臨界点を超えぶっ飛び。
ぶっ飛んだジャンリュックに驚いたクロエは焦って通常フライトから仲良しぶっ飛びモードに。
その時ジャンリュックは立てかけてあったアミに飛びついてアミごとひっくり返ってしまいました。
ジャンリュックに話しかけて2人の世界を作っていると、それが気に食わないクロエがやってきて私の頭に着地。
私のデコをまたえぐって怒られました。

ジジくさいジャンリュック、顔を掻くの図。
顔を掻くJean-Luc
はあああもーココが…ココがじゃんはかゆいノデ

2008.02.26 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

♪たべっこくろちゃん

クロエがたべっこであることが判明したときに生まれた歌、それが
「たべっこくろちゃん」
まじょっこだったりかじりっこだったりしますが、たべっこの歌こそがくろえのテーマ。
もちろん曲はアレ。

♪しゅるんるしゅるんる
ひゅぅひゅひゅぅ わぅわぅ
しゅるんる

Chloe-square-3
♪食後だなんて思ったら
大間違いよ八分目
二つのほっぺのふくらみは
オベント食べてる証拠なの

味見なんてしなくても
くろえはお豆にもう夢中
ペレットお水に浮かべたら
腹ぺこなんていちころよ

たべっこくろえはたべっこくろえは
あなたのケージにしのびこむ
しのびこむ


※可能なかたは魔女っ子メグちゃんのメロディで脳内再生していただければ幸せ。
Chloe-square-2
朝の挨拶であるべき美しい言葉、「おはよう」
これがついにぽんぽこに乗っ取られてしまいました。
クロエが開口一番「ぽんぽこ~」
ジャンリュックも「ぽんぽこ~」
ふたり揃って「ぽんぽこ~」
今うちにはぽんぽこの嵐が吹き荒れています。

ご存知でしょうか、ぽんぽこに隠された恐ろしい意味を。
ぽんぽことは、「ぽんぽこ印にしてやる」といった用法で使う言葉。
実は挑戦的でありめためたにしちゃうもんねという意味を持つのでございます。
かつをどりが幼い頃読んだ書物に書かれておりました。
いやあの、忘れていただいても支障はございません。
Chloe-square-1

2008.02.25 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

底アミはがっこんされる

クロエは意地汚いがゆえにケージの底アミを持ち上げられて暮らしています。
落とした果物など傷みや酸化の早い食べ物を拾い食いするからです。

うちの場合、掃除の時には底に向かってスプレーし、掃除用布巾で底アミを拭きます。
そしてトレイを外したあと底アミを持ち上げて内部のゴミを拭き取るのですが、底アミを固定するとこれができなくなります。
しかしケージを頻繁に洗うのツラい、手を抜きたいからこそのケージの拭き掃除。
そんなわけでいつでも持ち上げさせてくれという気持ちをS字フックにぶつけて作ったが作ったというほどではない底アミ自由稼働システムが下の写真。

本体にS字フックを引っ掛けて外れないように締め、ペンチで下半分をひねって角度をつけています。
これを4カ所につけて底アミを引っ掛けるだけ。
時々ヨウムがやってきてがっこんがっこんする以外は問題なしです。

プラスチックトレイを抜いた状態で撮影したクロエのケージ。
底アミのフック

ジャンリュックは新聞を持ち上げて囓ることはたま~にありますが、普段はあまり悪戯をしません。
が、落ちた食べ物を放置しておくと時々器に持ち込んでいることがあるのでそれだけ要注意な男。
彼のケージは気に入った止まり木が入っていて狭いのであまり持ち上げるわけにもいかないのが現状です。

下は掃除用に使っている歯ブラシ。
植毛一列ものなど特殊な形状なので隙間のゴミ掃除に便利かと思って買ったもの。
んがしかし、何を使ってもイライラすることはございますな。
持ち手の角度がちがーう!な状況がままあります。
掃除用歯ブラシ2種。
掃除用歯ブラシ
オレたちも随分と汚れちまったもんだな相棒

相方のシャツのレンガ色が顔に反射しているジャンリュック。窓辺のJean-Luc
けっして熱があるわけではないんだよ

スタンド止まり木から皿に移動するクロエ。
止まり木から降りるChloe
はいはい邪魔しないでーくろえ降りまーす

2008.02.24 | | Comments(18) | Trackback(0) | 日記

洋鵡マニヤ倶楽部・活動日誌-080223

今日は洋鵡マニヤ倶楽部の活動日です。

ヨウムかんさつノートからの肛門括約筋のはっぴょうをおこないます。
普段見慣れたものであるゆえ、スキ(ウフ)だけどいつでも見られると油断していませんか。
ご一緒にスチルでまじまじと眺めてみませんか。

それぞれの画像をclickすると別ウィンドウにて拡大画像をご覧いただけます。
eのみ欠番になっていて拡大画像はありません。
●更なる註
ピンが甘いよく見えないといった理由でストレスを引き起こす場合がございますのでご注意ください。
その場合は大変恐れ入りますがお手元のヨウムさまをご覧ください。


モデル=ジャンリュック。
ヨウムの肛門括約筋
肛門括約筋-a肛門括約筋-b肛門括約筋-c肛門括約筋-d肛門括約筋-f
ピーナツを握りしめて食べるジャンリュック。
窓辺でピーナツを食べるJean-Luc
モデル報酬はこれなのかよ…しょぼい、しょぼ過ぎる…しかしこれは当たりだぜ

2008.02.23 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

ビーズで遊ぶ

時々ビーズのケースから好きなものを選ばせると喜んで受け取るふたり。

ビーズをそれぞれ熱心に囓り始めると、クロエのほうは握りの悪さでまもなくブツを落としてしまいます。
そこでよせばいいのにジャンリュックのビーズを奪いに行くのです。
クロエの『欲しいオーラ』を敏感に感じ取るジャンリュック。
彼は喧嘩が始まる前にビーズを投げ落として対抗。
そう、ジャンリュックは自分の損失よりもクロエに渡すことの方がイヤなので、何があろうと先にポイしてしまういけず野郎。
底意地の悪さでジャンリュック勝利。

ビーズを選んでいるジャンリュック左とクロエ右。
白枠内は頭を振り回したクロエのビーズが軌跡を作ったところ。

ビーズを選ぶ
J: じゃんが先なんだから寄ってくんじゃねえ
C: ずるいよーくろえも欲しい


クロエはもらったビーズをあらゆるところに持って行って実験をします。
はめ込みと合わせ噛み、気持ちよくて楽しいのはどれなのか調べているようです。
ラックの支柱にわざと落としてみたところ、かこ~んと音がするのがよほど面白かったらしいクロエ。
渡されたビーズを全部そこへ持って行って落とそうとして禁止食らいました。
マグネットはくっつくので大概サルベージ可能ですがビーズは無理。
何のためらいもなく底まで到達してしまったあのビーズとは生き別れのまま時を待つことになるでしょう。

ビーズを洗濯用クリップにはめ込もうとしているクロエ。
ビーズをはめ込むChloe
ここの穴にピッタリ入りそうですっごくもえる~

合わせ噛みして遊ぶクロエ。
左: 黄色い透明ビーズを布と合わせ噛み。
右: 同じく黄色い透明ビーズと鎖で。

ビーズを合わせ噛みするChloe
こっちはハムハムして気持ちいいけどこれはなんだかいまいちね

拗ねてその場に粘っているジャンリュックの図。
粘るジャンリュック
これ以上おれに構うとケガするぜなんだよ

さっき頭の上から私のデコをクチバシでエグって怒られたクロエ。
ラックの中段に飛んで逃げましたが、そこにいたジャンリュックは慌てて逃げ出す前にクロエを嘲笑うことだけは忘れませんでした。
意地悪ジョブのスキルだけは高いことを証明する男。

2008.02.22 | | Comments(16) | Trackback(0) | 日記

ノンフィクション劇場-No.06

クロエに向かって爪やすりを見せびらかしている微笑ましい風景。

■くろえ嫌がらせにリベンジする劇場■
ノンフィクション劇場-No.06
このひとたち、爪切りとかやすりとか大好きです。
クロエはあとでケージの中からやすりに噛みついて振りほどかれ、ばたばたとずっこけてしまいました。
散々謝ったので怒ってはいないようです。

2008.02.21 | | Comments(14) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

ノンフィクション劇場-No.05

■ジャンリュックにアレ襲来劇場■
ノンフィクション劇場-No.05
その後ジャンリュックはケージからやっと出てきたあともアレを探して探して探しまくっていました。
どうせいつものアレでしょうほどに。
この件につきましては直接ジャンリュックにお問い合わせください。

2008.02.20 | | Comments(10) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

ヨウムのこころに齧り木

夕べおやつをもらってから、クロエがジャンリュックのケージの上にやってきて中を覗き込んでいます。
この時はジャンリュックの食べ残し落花生をいただくため機会を窺っているのかと思っていました。
ジャンリュックが手前にいるので、さすがのクロエも正面切って入っていくのをためらっています。

しかし、ふと疑問が。
見ている方向は落花生の入っていそうな器じゃない。
彼女は懲りもせずジャンリュックの齧り木で遊びたいと思っていたのです。
先日入れた齧り木を速攻で落としてしまったクロエ。
不憫に思った相方がごそごそと奥から齧り木Mを探し出しました。

クロエは自分が欲しいものを入れてもらうときは相方だろうと噛んだりしません。
相方が手を突っ込んで齧り木を取り付けている間もどかしく、そして幸せそうな顔で待つクロエ。
そんなに好きなのくろちゃん、などと話しかけながら取り付け、彼女が嬉しそうにクチバシをかけようとしたときにはねんねの支度。

齧り木を取り付けてもらっているクロエ、一歩下がって待つの図。
齧り木を入れてもらうChloe
くろえのかじりやすいところにつけてよね

今朝になって朝ごはんと水替えをしたあと暫し、相方の出勤前の挨拶をするため改めて鳥部屋へ。
2人で入っていくとクロエはもう囓り木の前に立っていました。
お、起きたときは確かそれ、全身残っていたと思うんだがどうよ。
私の頭の中に驚愕が広がったそのとき、ばつが悪そうな顔をしてベストポジションから降りてくるクロエ。
カメラを取りに行って戻ってくると、そのままごはんを食べるフリを始めてしまいました。

上: 起床時から僅かの時間で根元まで囓られてしまった齧り木M。
下: 取り付けてから何日経ったのか忘れるほど長生きしているジャンリュックの齧り木M。

齧り木比較

そして彼女は私が部屋を出て行くまで齧り木のもとへ戻ろうとはしませんでした。
どうやらクロエは自分があんまり早カジリなのでちょっと恥ずかしいと思っているらしいのです。
どよめいたりされると身に覚えがあって赤面な気持ちになってしまうのでしょう。

今度から気をつけるよクロエ、笑ったりして悪かったよー。

お食事中のふりをするクロエ。
Chloe-up
くろえが囓ってるとわらうのダメでしょ?

まさかクロエがそんなことを気にするなんて。
その様子があまりにも可愛くて、クロエのためなら齧り木をいくらでも提供できそうです。
一応在庫があればの話ですが。

コワモテジャンリュックが羽繕いするの図。
羽繕いするJean-Luc
齧り木なんておんなこどもの囓るやわらかアイテムだゼじゃんならリモコンを囓るゼ

2008.02.19 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

ブリティッシュだろうとぽんぽこ

たまには綺麗な歌でも聞かせてあげないと音痴が進むんじゃなかろうか、聞き苦しいアカペラばかりではヨウムたちがいかにも気の毒であると思っているわたくし。
しょっちゅう思っている割にはその聞き苦しいヤツをむりくり聞かせては喜んでいただいているので複雑です。

夕べは Tears For FearsのアルバムCD、Songs From The Big Chair より
Shout、Everybody Wants To Rule The Worldの2曲を聞かせてみました。
ちょっと乗りにくそうなリズムでしたがジャンリュックは気に入ったようで横揺れ。

ジャンリュックの横揺れ証拠写真。
こっちに倒れてー、あっちに倒れるー。

踊るJean-Luc
シャウトシャウトぽよよよん

ジャンリュックもクロエも時々合いの手を入れます。
しかしその内容は
「ぽんぽこ~」
「ぽんこぽんこ」
であり、ブリティッシュじゃないよねと。
でも楽しけりゃいいよねとも。

相方がそうかそうかとジャケットを見せにきました。
このお兄さんたちが歌ってるんだよと。
ジャンリュックは興味深そうに見つめ、しまいには舐めてます。
しかしくろちん逃げ腰。

向こうの端っこまで最大限に逃げているクロエの図。
CDケースにビビるChloe
これ以上こっちにきたらくろえ何するかわかんないから

昨日珍しく床の上に降りたクロエはだーっと走ってきて私の膝を囓ったり、相方をかぷっとやって一目散に逃げ出してはまた近づく、という遊びをしていました。
ヨウムアレンジのピンポンダッシュと言えましょう。

広告で遊ぶクロエ。
床の広告で遊ぶChloe
仕掛けたらさーっと逃げないとね転びそうになるけどね

2008.02.18 | | Comments(13) | Trackback(0) | 日記

クロエのおひなさま

ひな祭りももうすぐです。
私はそんなものを飾ってもらったこともなく、欲しいとも思わず育ちましたがやはりクロエは女のコ。
彼等のためならそんなイベントも有りだろうと、クロエが3歳の時からお雛様を飾っています。
でももちろんヨウムサイズ、いやそれ以下かもしれません。
その上怖がられているので誰のためだかさっぱり判らない状態ではあります。

クロエのおひなさま。
お雛様-1

クロエのおひなさま・ケージの餌入れとの大きさ比較。
お雛様-2
Obina: あっ、比べないで欲しかったっ
Mbina: 別にいいんじゃない…甲斐性ゴマカしたって無駄


窓辺にて見上げるクロエ。
見上げるChloe
ふふっくろえごきげんだよ

クロエが夕べからご機嫌な理由、それは入れてもらった齧り木。
出した齧り木を見たとたんにやっぱり嬉しそうに待機し始めてしまったクロエ。
引っ込めようと思ったときには時すでに遅く、あげないわけには行かなくなってしまいました。
朝ごはんをもらってからも林檎や枝豆をいただく間ももどかしく、すぐに齧り木の前にスタンバイ。

齧り木の前のクロエ、夜と朝。
齧り木とChloe
もう始めていい? ずっと我慢してるんですけど

吊り下げられた齧り木はもう囓りにくくなってしまったのか、そろそろ手をつけなくなってしまいました。
またその気になるのかどうかは様子を見ないと判定不能。

放置された疑いのある齧り木スペシャル。
齧り木080217
お願い捨てないでー

2008.02.17 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

ぽんぽこ再び

寝坊する休日の朝、お日様が高くなっているので窓辺での日向ぼっこは直接陽射しが当たりません。
そこで今日は低い位置に留まらせて日向ぼっこしました。
写真では判りませんが少しは多めに当たったことでしょう。
窓を開けても風もなく寒さを感じない日です。

窓辺でじっくり考え事するジャンリュック。
窓辺のJean-Luc
ふ~ん…もしや今日はアレの日だね…くるみ、おそらくね…ふ、うふっ

最近眠気とあくびばっかり披露しているクロエによる凶悪なまでのあくびの図。
窓辺のChloe
こんなとこにいないでごはん食べようよ~

ジャンリュックは顔をあっちこっちぶつけています。
治る前にまた擦り剥いたりするのでいつもどこか赤かったりします。

眼の横の負傷跡が目立つジャンリュック。
ケージ扉のJean-Luc
ちょっとくらい派手にやったからってどうってことあるまい

ところでジャンリュックの言っていたのは「ぽんぽこぽーん」ではなく「ぽんぽここ」でした。
クロエはすっかりぽんぽここを覚えました。
そんな言い辛いことこの上ないぽんぽここをどぞ。

2008.02.16 | | Comments(12) | Trackback(0) | 動画付き日記

眠い眠いクロエ

クロエは夜の掃除が一段落してからもらうおやつをそれは楽しみにしています。
落花生の瓶やそれを包んだティッシュを見ると急いでラックの上から降りてくるクロエ。
おやつを食べてしばらくしてからねんねという段取りなので、放鳥時間もあと僅かというタイミングでもらうことになっています。

夕べは時間にはまだ大分早いタイミングで落花生を持ち込んだら言わずもがな、クロエセンサーが発動してしまいました。
彼女はそんな時餌入れに乗って片足でケージの扉を握りしめ、スタンバイに入ります。
「まだだよクロちゃん、持ってきただけだよ」
「上で遊んでていいよ」
といくら言っても動こうとしません。

そのままずーっと待ち続けるクロエ。
この頃眠くなるのが早く、眠気を必死でこらえます。
眠気と10分以上闘ったクロエ、それでもおやつを待ち続けるクロエ。
こんな時のクロエは決してキレたり騒いだりしません。
天晴れとしか言いようがなく、見ていて気の毒になってしまいました。

おやつはジャンリュックもケージに一旦戻ってから山分けしますが、あまりに時間が早いともう寝かされるに違いないと疑って降りるのを嫌がります。
夕べはそこをなんとか解っていただきました。

眼を開ける努力をし続けるクロエ。
ねむねむChloe
くろえねてない…ねむくなんかない…アレまだかな…

ついに眼を閉じてしまうクロエ。
眼を閉じたChloe
ん…くろえ何し…て…たんだっけ…

しかしクロエが哀れっぽいのはここまで。
落花生を食べたあと眼が覚めたクロエがさっさと上に登って行ったのは言うまでもありません。
だってそのままケージを閉められてしまう前に逃げ出すことが大事なんだもんね。

ジャンリュックのケージに入り込みおもちゃで遊ぶクロエと手前に誰かの尻尾の図。
おもちゃで遊ぶChloe
じゃんのお部屋は快適だよ

2008.02.15 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

ノンフィクション劇場-No.04

ヨウムの首ってなげえ。
改めてその事実をしみじみと噛みしめたいかもしれない貴方。
4コマ目と5コマ目をclickするといいかもしれません。
別窓にて首が長いジャンリュックの全身をご覧いただけます。

■首が長いヨウムが登ってみる劇場■
ノンフィクション劇場-No.04

首長Jean-Luc-1
首長Jean-Luc-2

2008.02.14 | | Comments(20) | Trackback(0) | ノンフィクション劇場

ジャンリュックのワキクロエのワキ

今日も黙々とクロエは囓り、ジャンリュックはそれを見守ります。
ふたりとも部屋から私が出て行くと
「ぴー!」
と非難がましく鳴き、クロエは追いかけてきます。
が、部屋に戻るとたいして嬉しそうではありません。
毎日一緒なんだからこんなもんだろみたいな、この辺りが日常の本音なのではあるまいかなどと思ってみたり。
それともなんですか私には期待しないことにしたんスか、じゃんとくろえの皆さーん。

することもないのでジャンリュックとクロエが翼を広げている写真を合成してみました。
クロエはワキハゲなので地肌が見えてしまっています。

クロエ左とジャンリュック右の腋の下競演。
翼を広げるヨウムたち
J: えっハゲを争うなら背中にしてよ
C: 争いなんて無意味なのこれはオサレなのだから


中段に降りていくジャンリュックの図。
降りていくJean-Luc
とりにくはおいしくないよおいしくないよー

激しく眠いクロエのあくび。
Chloeのあくび
アクビの精が出ていかないのはなぜーぇ? もっとクチを大きく開ければいいのーぅ?

2008.02.13 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュックはぽんぽこぽん

今日はジャンリュックがへらへらと喋ってくれたので動画です。
最近はカメラを向けるとすぐにやめてしまうのですが、久しぶりに撮れました。

じゃんおとも(だち)ですか~、じゃんはトリですか~。
ほぅ~ら。
じゃんダイジョブですか~。

わけ判りませんが、平和なジャンリュックの気持ちを汲んでやって下さい。

2008.02.12 | | Comments(14) | Trackback(0) | 動画付き日記

あの時のヨウム、それは

昨日ちょっと川崎方面へ出掛けたので、気になっていたデパートのヨウムに会いに行って来ました。
何年も前にそのヨウムに会ってから、sanaさんのblogこちらの記事でその後の様子を知りました。

私が会った頃と違ってかなり毛引きをするようになっている、そればかり考えながら売り場へ。
何年ぶりかの再会なのでヨウムが私を覚えているわけはないのですが、声を掛けるとすぐに寄ってきて頭を下げてくれました。
見るとsanaさんの記事の頃より羽根の状態がよくなっています。
ひと月ほどの間に首の回りの羽根が少し戻ったようでした。
お腹全体の羽根はやはり短冊を並べたように囓られていましたが、なかなか元気そうな様子です。

触るなと書いてあるので従うことにして、頭を掻くことは断念。
話しかけると差し出していた頭を持ち上げて考え込むヨウム・ドゥ(仮名)
そのあとおもむろにひとを睨め回すと、餌入れからヒマワリを引っ掴みました。
そしてケージの前にいる私に向かって投げつけてきます。
何度話しかけてもその度にヒマワリを引っ掴むヨウム・ドゥ。
しかもタイミングが絶妙で、話しかけるとムッとしたように餌入れに足を突っ込みます。
そしてヒマワリをザラッと音を立てて握り込み、投げるぞと無言で伝えてくるヨウム・ドゥ。
私が除けたり離れると考えて待ちに入ります。
何度もやられてしまったのでマフラーにまでヒマワリの殻がひっついてしまったぜ。

掻いてと頼んだのに聞いてもくれないのならあっちへ行け、お前はみんなと同じだと言っていたのかもしれないし、話しかけてくる人間と遊んでいるつもりだったのかもしれません。

でもヨウム・ドゥの瞳には知性の輝きがありました。
ひとに対する興味を失っていません。
酷い気持ちで立ち去ることになるのではと思っていましたが、ファイトの心を持っているヨウム・ドゥ。
沢山話しかけ、ヒマワリ投げで怒られ続けてしまったのが妙に嬉しく、逆に元気づけられました。

ポーリーのようにいつか優しいひとに出会えますように。

うちのヨウム、ジャンリュック。
Jean-Luc-up
誰に会ってきたって?なんのつもりだって?

うちのもう1羽、クロエ。
スタンドのChloe
くろえ頑張ってるよ? おしごとしてるもん

囓りだして8日目、本日までのクロエの仕事。
一番上の段を残して囓るのはこだわりなのか都合なのか謎。

齧り木080211
初日・2/4の状態はこちら

2008.02.11 | | Comments(18) | Trackback(0) | 日記

毎度おなじみの

毎度胡桃やアーモンドをもらうとき必ず餌入れ窓から出てきて待機するクロエ。
胡桃を入れて器を戻そうとすると、外に器を持たせた状態でまず自分が美味しいものを咥えてから中へ引っ込んで行きます。
たべっこくろえ、食い意地のなせる技であります。
はっきり言って邪魔なんですどな。

胡桃待ちで嬉しそうなクロエ。
ケージ餌入れ扉から頭を出すChloe
くろえのぶんは沢山入れていいからね

昨日車で移動中、結構な量の雪が降っていました。
半端な量の雪は滑って転びそうでかえって危険な気がします。
夜中には凍結もしたでしょうが、今朝は晴れていい天気になりました。

窓辺のジャンリュック。
窓際にてJean-Luc
雪はあれで終わっちゃったようだね

ジャンリュックを手に乗せるとぶっ飛びの引き金になることがあります。
リビングでそれをやるとき、ウチの中で一番ごちゃごちゃとした未整理人外魔境地帯へ落ちてしまうこと多々。
そしてそこから救出するとまたぶっ飛ぶという、連続ぶっ飛びをやらかします。
連続ぶっ飛びはその時点で冷静な判断力が残っていないことも多く、毎度おなじみ激突系ブレーキ使用のジャンリュック。
頼むからなんとか成功体験をのうみそに焼き付けてくれジャンリュック。

窓にぶつかって落ちたあと、のそのそ移動するジャンリュックの図。
窓にぶつかって落ちたJean-Luc
え~とどこから行けば上に戻れるんでしょうか

窓辺のクロエ。
窓際にてChloe
うつくしく撮られるっていうのはね生きることに真剣であればあるほど以下略だとおもうの。え。くろえはそうでもないっていうのならそうね証拠はこの足のウラに

2008.02.10 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

おやすみのルール

ねんねの時間になるとセッティングして一度掛けたカバーをめくり、お休みなさいの挨拶をします。
その時ジャンリュックが登ったり降りたりしながら頭を差し出してくるので、頭頂部にタッチ。
しかしこれはジャンリュックの仕掛けてくる悪質な罠なのです。
触ろうとする指に噛みつく、これがお休み前の楽しいゲームと化してから幾年月。
タイミングを測りながら巧妙な角度で頭を突き出してみせるジャンリュック。
私と相方はそれぞれ戦々恐々としながらおさわりゲームに参加します。
その結果として時々犠牲者が出てしまうのは免れませんが、好きでやってるんだろと言われればそれまで。
遊んでるつもりのヨウムに痛い思いをさせられて転げ回っていても、むしろ心外、負けた癖に泣き言言ってんじゃねえと呆れ顔で佇むジャンリュック。
我々、勝つより他ございません。

脚上げ羽繕いジャンリュックバージョン。
脚を上げて羽繕いするJean-Luc
はーいはいはい犯人はわたしですー

クロエはその点優しくて、余程気に入らないことでもなければそんなえげつない行為に及んできません。
ジャンリュックのケージ寄りの角にやってきて、クチバシにタッチするのを待っていてくれます。
但しこれは私に対してのみ。
相方がやろうとすると顔をそむけて回避します。

クチバシに触るときクロエは大抵、
「かわいい?」
と聞いてくるので
「可愛いよ、クロちゃん」
と返事をするのがお約束。

脚上げ羽繕いクロエバージョン。
脚を上げて羽繕いするChloe
くろえは可愛いかどうか毎日確認するもん

クロエ、きょわい顔特集。
齧り木を囓るChloe
きょわいってなによこれってクロエにたいする裏切りなのよ

2008.02.09 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

ヨロコビは縮んで伸びて

ジャンリュックは翼を開いてみたりその場でバタバタすることすら滅多にしない男です。
小さい頃には手に乗せて回したり、バタバタと飛ぶ真似をさせたりもしましたが、そんなことすらイヤになってから長い年月が経ってしまいました。
でも彼は近頃翼をよく広げるようになりました。
彼を見ていると自信を持つことがどれだけ大事かを思い知らされます。

翼を持ち上げるジャンリュック。
翼を持ち上げるJean-Luc
じゃんは柔軟になって怪我を防ぐのがよいと聞いた!ぐばあっ

中段からラックに登ったり降りたり、そこを中継すれば自分ひとりで移動できるのでやっと少し自由な行動が取れるようになったジャンリュック。
昨日も中段から上に登ったあと、嬉しそうに伸びたり縮んだりしていました。
私と相方とジャンリュックで、何度も伸びたり縮んだりしてヨロコビの気持ちを堪能。

誇らしげに胸を張って伸びては縮むジャンリュックの図。
Jean-Luc、伸び縮み
はうはうはう。じゃんはやったね!

しかしその頃クロエは。

注目がジャンリュックに行ったままになり、おやつももらえそうにないので拗ねて脚を畳んでしまったクロエ。
右脚をたたむChloe
え…別に…くろえはかまわないよ好きにしてもらってもね
ふん


ゴングが鳴ってから4日間、クロエ本日までの成果。
齧り木080208
角度がちょっと違いますが初日・2/4との比較はこちら

2008.02.08 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

囓っては休む

ジャンリュックは夕べもまたタンコブを作ってしまいました。
慣れてすこーし上手く動けるようになるといろいろ試したくなってくるジャンリュック。
それでまた風切りにダメージを受けたりすればまた立ち直るのに時間が掛かりそうでハラハラします。
まあ、デコぶつけただけでは失敗なんかじゃないらしく、今のところまだちゃんと図に乗ってます。

ちょっとぶつかっちゃったあと止まり木のお皿に乗っかって相方にカキカキされるジャンリュック。
スタンドのお皿のJean-Luc
おれを図に乗らせるとこわいゼえ

=くろえの囓りっこ通信=
クロちゃんおうちから出てさっそくアレをかじりに行ったよ。
でもアレ、動いちゃうからやりにきーんだけどアレ。
ハラ立つ、アレ。
それにぃカドが取れると新鮮じゃないじゃん?
ま、タイムアタックは期待しないでいいからいいから。
じゃねぇ。


そんなわけでクロエ、時々齧り木を攻略しに行ってはすぐやめるの繰り返し。
これは相当時間が掛かりそうです。
いつもの齧り木と違ってぶら下がっている上に取り付きにくい大きさで、さすがのクロエも疲れてしまうのかもしれません。

クロエ、びじんモデルのフリ。
止まり木のChloe
オベントカスを隠せばなんとかなるって聞いたけどほんとかな

クロエ、レトロポスターアイドルのフリ。
齧り木とChloe
グラビアアイドリってなに?

2008.02.07 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

じゃんくろ劇場-No.33

洋鵡的官能世界・R18指定ありの巻
じゃんくろ劇場-No.33
なんだったのかなんて聞かない方がいいと思います。

●この物語はフィクションなんだぜ。登場する名称は全て架空のものであり、 実在する団体、地名、企業名、個人とは一切関係ありませんぜ。

2008.02.06 | | Comments(16) | Trackback(0) | じゃんくろ劇場

クロエと齧り木の世界

外に出ると黙々と齧り木に取りかかるクロエ。
仕事率はまだまだですが気合いは充分。
少し遠慮がちに始めたかと思うとあっという間にクロエと齧り木だけの世界へ。

クロエ、齧り木ファイトに燃える。
齧り木ファイト
もう誰の声も聞こえないから話しかけてもむだむだーぁ

クロエがごはんを食べに行ったあとどうでもよい気分のジャンリュック。
半眼のJean-Luc
あっそう…きみは頑張っててどうぞー

ジャンリュックのケージにはしばらく前に入れた齧り木Mがたいしてすり減ることもないままに突き出しております。
でもクロエを眺めているうちにふと洗濯用クリップを囓ってみたりもして。
自分には夢中になれるものがあっただろうかと立ち止まって内省する男のようです。

私もあんなに入り込めたら、あんな姿勢で仕事が出来たらスゲーのになどと今更遅い考えに襲われてみたり。
自虐街道は独りじゃイヤなのでジャンリュックと共に。
くろちんひとりで先に行かないで~。

クロエがラックに降り立とうとするの図。
降り立つChloe
くろえさまこうり~ん

2008.02.05 | | Comments(18) | Trackback(0) | 日記

窓辺に降るコナ

午後に窓辺でコナgetしました。
ぼーっとした光の中に浮かび上がるヨウムコナ。
何故これを見るとこんなに嬉しいのか解りません。
必要以上にありがたいソレに感じてしまう魔法のコナ、それがヨウムコナ。

動いたあとに舞い上がるヨウムコナ。
窓辺のコナ-1
どうですこれがじゃんのおこなですよふふん

掻けば烟るヨウムコナ。
窓辺のコナ-2
まあ見てよホーラホラ

クロエはリビングを飛び回り、その辺のパンフレットや自分が囓った紙の切れ端を飛ばしてしまいました。
後で拾っておかなくてはと思っているとまた上空にクロエの影。
狭い部屋だというのにそれらは今行方不明です。
散らかってないように見えるだけの嬉しくもないお掃除をしてくれました。

ヨウムたちはヤカンで加湿器に水を入れているところが好きです。
そんな時はいつも近くに寄ってきて嬉しそうに覗き込みます。
今日もそれをしていると上から
「こわい…」
とつぶやくクロエの声。
「え、怖くないよ。クロちゃんこれ好きでしょ」
しかし
「こわいよ、こわい」
と繰り返すクロエ。
見上げるとラック中段で齧り木おもちゃを避けるように留まっているクロエの姿がありました。
「こわいし…」
そっちか。

齧り木おもちゃから離れて立つクロエ。
齧り木おもちゃとChloe
まだ決心がつかないんだもん

でもそこまで近づいたらもう秒読みだったということです。
10分も待たぬうち、ついにクロエはクリスマス因縁のあいつを征服すべくクチバシをかけました。

囓り木おもちゃとのファイト及び本日午後分成果。
齧り木おもちゃを囓るChloe
やっぱくろえ我慢できないかぢるっ

2008.02.04 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

雪の朝

今日は雪。
連日の寒さで慣れてはいますが、雪空で陽射しがないので窓際は更に冷え込みます。

ジャンリュックは手に乗せた途端に飛んでいき、テーブルのマグカップを引っ掛けて落としたあと壁にぶつかってしまいました。
引き続き探検を続けていたところを見ると本人はまだやる気があるようです。

クロエはジャンリュックが止まり木スタンドからいなくなったのでそちらに移動。
クロエの止まり木は作るときにジャンリュックのことを考えてわざと低く作ったので、彼女はすぐにジャンリュックの止まり木に行きたがります。
思えば低くしておいてよかったような、ひとのものが良さそうに見えるクロエでは同じだったかもしれないような。
でもジャンリュックが先住兄貴であり敬意を払うべき相手であることは認識してくれていると思います。
押しのけるけど。

窓辺のクロエ。
窓辺のChloe
寒いよくろちんそっちに行くよ

あくびするジャンリュック。
あくびするJean-Luc
はう…朝は寒いね

ちょっとぬくっとしてあくびが出かかっているクロエ。
止まり木であくびするChloe
あフ…こっちはぬくいねー

朝はエアコンをタイマー起動させて、カバーを外したときの温度差が出過ぎないようにしています。
エアコンはそのあと切ってしまいますが、寒さに弱かったジャンリュックもその程度で震えることはなくなりました。
しかし今朝は膨れて首を埋め、寸詰まり野郎に。
伸びたときと比較すると半分になってるんじゃなかろうか。

全身膨れたジャンリュック。
膨れたJean-Luc
じゃんですけどわかりませんよね

2008.02.03 | | Comments(17) | Trackback(0) | 日記

黒絵さま、カウンター上陸

今日もジャンリュックは水栓の上に乗ってご機嫌です。
もう最近はカウンターの前に止まり木を置くと(降りられる角度なら)自分でカウンターに降りて水栓に乗りに来るようになりました。

しかしその流れで心配していたことがひとつ。

水栓ライダージャンリュック。
水栓の上のJean-Luc
ここはじゃんの憩いの場なんだよね

ずっとジャンリュックを羨ましそうに見つめていたクロエ。
彼女はカウンターに乗る勇気が出なかっただけ。
ええ。
ジャンリュックだけ水栓に乗ってよいライセンスを出すのは御法度。
クロエの眼がキラキラと輝いた時点で判っていたことではありませんか。

何言っても無駄とばかりに本日ついに来ました。
黒絵さまカウンター上陸。
彼女はジャンリュックと違ってここが怖くないと判ったらどんどん悪戯を始めてしまうでしょう。
もうクロエの前でジャンリュックを水栓に乗せることは控えなくてはなりません。

カウンターにやってきたクロエ右と警戒するジャンリュック左。
水栓上のJean-LucとカウンターのChloe-1
J: ねーくろえそのへんにいるのやめてくれない?
C: えっみんなくろえに文句あるの?


当然すぐ思いつきそうなことを始めたクロエ。
水栓にかぶりつき、引っかかりがキモチよく囓り甲斐のありそうなジョイント部分が気に入ってます。

水栓レバーを囓ってみるクロエ。
水栓上のJean-LucとカウンターのChloe-2
つるつる~

メッキが剥げるからやめれー。

2008.02.02 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日記

ヨウムの首が羨ましい

もう一昨日のことになりますがわたくし、パソの画面をじっと見ていまして、姿勢を戻した時点で首を痛めてしまいました。
勢いよく動いたのではなく極めてゆっくり戻しただけですが、冷えて血行が悪くなっていたのでしょう。
筋繊維が痛んでる模様が何やら伝わってくる痛みでございます、ぐすん。

痺れたりしているわけでも半身だけでもないので大丈夫ですが、動くのは大丈夫ぢゃないことに。
つかヨウム写真撮ろうとして寝転がったら首が痛くてきゃー、じゃないぎゃーなことになってました。

脚を繕うクロエ。
脚を繕うChloe
そんなとこでなにしてんの?面白いの?

指を噛むジャンリュック。
指を噛むJean-Luc
じゃんは蓑なんか着てませんがなにか

苦しんでいる私を見てジャンリュックはすかさずあざ笑いました。
やっぱりそこだけは外さない男なんだぜ。
あんたの首よこせよ。

クロエ、おもちゃを持って満足するの図。
おもちゃで遊ぶChloe
えへ、邪魔しないでね

2008.02.01 | | Comments(14) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード