自分たちを聴く

今日はパソの前にじゃんくろを連れてきてふたりが歌っているMovieを見せましたんです。
するとジャンリュックもクロエもびっくりして目を剥きました。
ヨウムの写真やムービーには興味を引かれたりしますし鏡もよく見ているふたりです。
彼等は絵柄より音に驚いていたのです。
自分たちが普段よく歌っているフレーズにそっくりであること、音域もそっくりであることに気付いて何故こんなことが起こりうるのか必死で考えているように見えました。
今回見たものは他のMovieより特定できる要素が多かったのかもしれません。
でもこいつらほーほーうるせーと思っただけだったらすまん。

餌入れを引き寄せようとするクロエを阻止しながら撮影。
くろえさん、それはじゃん兄のごはんですが。
餌入れ引っ張れクロエ
ううん。これもぜんぶくろちゃんのだから

寝る間際、相方のシャツをがっちりくわえてはむはむするクロエ。
毎晩やられているのに学習しない相方に説教。
シャツ引っ張れクロエ
目の前に垂らす方がわるいやん

2007.08.31 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュックその美学

ごはんの入れ替えをしに行くとジャンリュックの器はほとんど手つかずのままでした。
彼は大好きなものであっても全く食べなくなることがよくありますが、ひとかじりもせずにブドウを残しているのは気がかりです。

見上げるジャンリュック
なあに?

ジャンリュックの厄介なところは食べ物で釣れないところです。
機嫌を取るために渡そうとすると必ず捨てられます。
あざとい手段を取る我々に腹を立てるのです。
何か彼に理由があるときはくるみだろうがアーモンドだろうが絶対受け取りません。
ジャンリュックの人生で初めてのさくらんぼ、初めての落花生は彼を夢中にさせました。
それが今ではどうでもいい物になってしまったことを思えばくるみやアーモンドも例外ではないでしょう。
今のジャンリュックはいったん落花生を否定してから少し戻ってきたところです。
まあそこそこうまいかな、という顔で一応受け取ります。
病院の先生が昔、好きな物があればいざというときに使えると仰っていましたがこれでは非常事態に真っ先にくたばる男になるでしょう。

足の手入れをするジャンリュック
で、何か言ったかよ?

うちでは彼はさんずいの男と呼ばれています。
そう、漢。
背中が広いよジャンリュック。
やさしいのが本物の漢だよな。
そんな話に頷いてくれるジャンリュック。
でも食わずに死なれちゃ困るんだよ頼むよ。

そんなさんずいを背負った漢のくせに、クロエとの対比をみると彼は秘密の花園でメアリに振り回されるコリンのようなのです。
どうなんだそれ。
でも深遠な考えに頭を使い切って他のことには無頓着な、だらしない研究着を羽織った学者のようでもあります。
神経質に羽根を引っ張ってはお前の顔は初めて見るんだがどこのどいつ?という顔をされたとき、どれだけがっかりしても彼にそれを見せてはならないのでしょう。
それなのに時々下を向いてふー、と息を吐いてしまうことがあるのです。

ただ淡々と、しかし実際に深い感情と意識で行動を決めているようにしか思えないヨウム。
あーもーやーねあんたたち。
一生かけてヨウムの謎を解いてやるから覚えとけよ。

クロエのあくび
ふわーやっと終わったんだ話。長いしー、くろちん飽きた

2007.08.30 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

クチバシリズム

いつもペレットと一緒に入れておく黒大豆のケースを奪い取ったジャンリュック。
彼はクチバシをケースの蓋に乗っけたままこのあとどうしてくれようか思案中。
黒大豆自体はジャンリュックにとってどうでもいい物なので食べたいわけではありません。
食べたいヒトがいるとすればそれはクロエであります。

奪ったところまではいいとして攻略(註・ぶっこわし)を始めるとすぐにまた取り上げられちまうじゃねえかよ。
上にはクロエもうろうろしてるしよ。
ゆっくり邪魔されずに攻略(註・かじりたおし)するためには計画的に進めないとよ、ダメなんだよ。
えっと。
………
……

黒大豆ケースを奪ったジャンリュック
どうしよ…

そしてクチバシを弾くリズムとドラミング。

2007.08.29 | | Comments(8) | Trackback(0) | 動画付き日記

じゃんくろ劇場-No.19

美しいこころにオチなんかあるわけないっての巻じゃんくろ劇場-No.19
りょ、了解

2007.08.28 | | Comments(10) | Trackback(0) | じゃんくろ劇場

歴史探訪・クロエの寝相を振り返る

うちはジャンリュックが1羽で暮らしていた時代からwebカメラと室内用カメラ、クロエが来てからはwebも2台使っています。
室内用カメラは当初のジャンリュックの体調や言葉の練習をそっと確認するのが目的で、別の部屋から動いている様子を見られます。
しかしこれは電波の状態が悪くて昔も今も雑音だらけのノイズだらけ。

webカメラは外出先から携帯で様子を見たいがため。
しかし肝心なときにはあまり役に立たないようで、外出中はふたりで上の方でじっとしていて足しか映ってねー、なんてことがほとんどです。

左がジャンリュックの側、右のカメラがクロエ側から狙っています(これも性能はいまいち)
webカム

幼少時のクロエはまだ足下がしっかりしていなくて正しく寝る方法を知らないヨウムでした。
そんなクロエを昔のwebカメ写真から振り返ります。
画質が悪くてかなり見辛いと思いますがご容赦ください。

止まり木から身体半分ずり落ちた状態で寝ているクロエ。
これでどうやって止まり木に留まっていられるのか不思議。
このあとどんどん身体が沈んでいくクロエの運命やいかに。
寝る昔クロエ1

ごはんの器に寄りかかってずり落ちながら中にハマっていくクロエ。
寝る昔クロエ2
ねみぃの…

現在は熟練してちゃんとまっすぐ寝られます。
ちなみにジャンリュックはコケることはあってもこういう寝方をしたことは一度もありません。

2007.08.27 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

あくしゅとはなんだ

ジャンリュックは今日も暗~い雰囲気を漂わせております。
しかしけだるい気分でありながら人に合わせてくれる余地はあるようで、握手を求めればしてくれます。
これはいつも「あくしゅ」といいながら指を出せば惰性でもやってはくれるのですが、クロエにお手本を見せるために今日はしつこく頼みました。
うんざりされました。

もう足を乗っけてくるだけで指を握ってくれなくなったジャンリュック兄さん。
握手するジャンリュック
まだやらせんのかよ疲れてるヨウムによ

クロエはジャンリュックの「あくしゅ」をさんざん聞いているので「あくしゅ、あくしゅ」としょっちゅう言うようになりました。
ところが自分では絶対に握手をしてくれません。
直前まで可愛くしていても
 A.攻撃に転じる(相方には確実にこれ)
 B.甘えてごまかす(かつをどりはかろうじてこっちもあり)
…のどっちかで返してきます。
彼女は本当は怖いのです。
怖くないことを解ってもらおうと拝み倒しながら鋭意努力中。
そこをなんとかクロエ姉さん。

握手したくないので自分の足をブロックするクロエ。
握手しないクロエ
くろちんのあくしゅはこれってことで

2007.08.26 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

箱齧るヨウム、線香花火するヨウム

ティッシュ箱にバンダナを通してラックにぶら下げたおもちゃに飛びつくクロエ。
バンダナは怖がっていたのでしばらく邪魔にならないよう吊していましたが、ちょっとつつきに行っては逃げ帰るという行動に及んでいたのでデビュー。
まだちょっと怖いようですが箱齧りの欲望が勝ったらしくあっち側とこっち側を攻めまくってました。
こんな手抜きなアイテムなのにがっつり遊んでくれてありがとうな気持ち。
箱を齧るクロエ
あっち側もかじらなきゃダメよね

そして線香花火をおしりの下にくっつけているジャンリュックの図。
線香花火
まぢめなヨウムの変なトコ吹いたりすんのやめてくださいよ

タイトルで線香花火を楽しんでいるヨウムがいるかのような表現を致しましたこと、お詫び申し上げます。
すみませんすみません。

2007.08.25 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

じゃんくろ劇場-No.18

くるみボウラーじゃんの巻
じゃんくろ劇場-No.18
オチは結局くろえのお腹の中に消えてゆくのね

2007.08.24 | | Comments(6) | Trackback(0) | じゃんくろ劇場

何かが道をやってくるかもしれない

今日の朝ごはんはトウモロコシとブドウです。
先日から巨峰を出すと残すようになって、なんちゅう贅沢なことすんじゃ君らはとぷんぷんしていたら甘い物好きのかつをどりですらめげるほどの甘さ。
この巨峰、そのうにひびく味だったに違いない(多分)と推理しました。
ところが2日前にブドウを沢山いただいてしまい人間でも食べきれないくらいの量が冷蔵庫に入っています。
こちらは爽やかな甘酸っぱさが食べやすく、ヨウム的にもいけてるんじゃないかと出したらふたりとも今回は完食しました。
でもジャンリュックは大好きなはずのトウモロコシを半分残してしまいました。
斑が嫌なのか、味がイマイチなのかは謎です。
朝ごはん070823

午後になってごはんの交換をしながら放鳥していたら突如ジャンリュックが凍り付いたように一点を見つめて動かなくなりました。
「どしたの?また何か見えたの?」
と訊ねてもじいっと見ています。
上を見ているのか下を見ているのかさえ判らず(ヨウムだし)そのまま掃除を続けていました。
まあ時々あることなので気にするまいと明るく振る舞うも効果なし。
もう誰も楽しそうじゃないという雰囲気の中必死になってゴムで遊ぶクロエの姿が。
それはまるで怒りっぽい女が取り憑かれたかのように仕事してるという風情。
きょわいよくろちゃん。

挙げ句に気分を変えようと藁のおもちゃを引っ張り出したらビビられてしまい、もう時間は取り戻せないことを知ったのでした。
普段は素直にケージに戻るジャンリュックがやたらと抵抗していたのはまだそこに何かが居たからなのでしょうか。
見えてるジャンリュック
ええアホ毛ならまだここに。でも今それどころじゃないから

2007.08.23 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュックお着替え中

ジャンリュックは夕べから突如喚羽に突入しました。
おかげでまたノリの悪いヨウムになっています。
彼の喚羽は申し訳程度にやってきてろくに着替えないうちに終わってしまうというパターンです。
だもんでいつまで経ってもボロい羽根はボロいまま。
今回はどの辺が新生ジャンリュックウェアとなるのか、まだまだボロ着で押し通す(多分こっち)のか。
ここしばらくどえらい機嫌がよかったので、免疫力が上がった→新陳代謝活発→喚羽来たなんてことがもしやあるのかも。
半眼のジャンリュック
こんなとこに連れてくんじゃねえよコラ

先程ジャンリュックに話をしていたらそれなりに気分よく相手をしてくれていました。
でもTVに気を取られてしまい、ふと振り返ったら既に気を悪くしたジャンリュックがそこに。
足をたたんで「もう行っていいから」と表現されてしまいました。
ううすいませんでしたジャンリュックさま。
でもケージ閉めたら心外な顔するのやめてください。
足をたたんだジャンリュック
誠意ない奴はすぐ判るんだよう

2007.08.22 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

頭の上が好き

ジャンリュックがなんちゃら・ほーと言っている瞬間画像。
喉のへこみに注目。
ジャンリュック・ほーの瞬間
ほーう。

放鳥するときに髪をupしないでいたらクロエに乗りまくられました。
頭に乗せない方がいいという意見もありますが、禁止してもムキになってチャレンジしてくるクロエにとってそんなこと関係ないようです。
クロエはほどよい我が儘を許しておくと素直になるコです。
そうしておくとちゃんとクロエを見てくれる、許してくれることが相手の愛情の証と受け取って、それなりにルールを守ってくれるのです。
人の目を盗んで悪いことしたりもっと悪いことしたり更にいけないことしたりはありますが。
叱られる行為と知っていてコソコソするあたりはもはや褒めどころ。
そんな悪くてよいこのクロエなので肩にだけは乗せません。
ええそりゃ耳を齧るのは確実だから。
070821のクロエ
毎日隣のごはんが美味しいかどうか調べますんで

2007.08.21 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

じゃんくろ、歌う

本日の動画はジャンリュックとクロエがふたりでちょびっと歌っています。
テキトー部分がほとんどですが聴いてやって下さい。

クロエは古~いCMのフレーズを超短く。
ミツワ石鹸の歌なんですがこれは相当古いです。
きっと誰も知りません。
かつをどりが知ってるのはトシだからです。

ジャンリュックは大好きなウルトラセブンやってます。

2007.08.20 | | Comments(6) | Trackback(0) | 動画付き日記

ほよよんとするべし

ここしばらく機嫌がいいジャンリュック。
クロエともちょっと最近では考えられなかったほど長くイチャつく場面も見られました。

しかしクロエのほうは大変なご機嫌斜めです。
先日明け方の地震があったその時、部屋の様子に変化はなく物音もなかったので安心していました。
ところが朝カバーを外すときになってクロエは恐怖に襲われてしまったのです。
そのままケージに張り付いてしばらくは出てこられませんでした。
昨日また外出中に地震がありましたが、クロエが何を感じたかは謎です。
彼女は初めての地震で恐怖に凍り付き止まり木から落ちました。
その後ちょっとした揺れは平然とスルーしていたクロエですが、何かの拍子に嫌な感覚が蘇ったかもしれません。
イライラクロエ
写真撮るのやめれ~イライラするしぃ

地震と関係あるかどうかは本当に判りません。
が、クロエは私に怒っていました。
もしかして私が髪をアップしているせいで頭の上に留まれないから怒っているのかもしれないし、ジャンリュックとの関係に悩んでいるのかもしれない。
はたまたかゆいだけなのかもしれない。
彼女は夕べからまたまた筆毛を大量に引き抜いてしまいました。
長期戦かよクロエさん。
それじゃ快適になっていただくために、あーもう必死だなと悟られないようほよよ~んとする所存で。

ほよよんとするための其の一・白いお髭のジャンの翁。
じゃんの翁
じゃん爺ってだれ?どして?

2007.08.19 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュック、歌う

本日はジャンリュックの死ぬほど下手な歌をご覧ください。
脱力系ですので緊張して肩こりなどあるかたのお役に立ちます。

途中でコンコン言っているのはフレームの外にいるクロエです。

2007.08.18 | | Comments(6) | Trackback(0) | 動画付き日記

フリーズドライはさっくさく

昨日おやつに出してみたフリーズドライのリンゴ。
フリーズドライのふじリンゴ
青森県産ふじリンゴだそうで、スーパーで見かけて珍しいので買ってきました。
クロエは興味津々だったくせにくわえてみると正体不明の恐怖を覚えるらしく投げ落とし。
でも破片をもらったジャンリュックが食べているのを見てやっぱ食うさ!と決意したようです。
食べ始めてからは気に入ったらしい様子が見て取れましたが齧り方が大雑把です。
味はさておき齧り心地に星がついた模様。
乾燥リンゴをいただくヨウムたち
もっと軽いバルサみたいだよ

2007.08.17 | | Comments(7) | Trackback(1) | 日記

じゃんくろ劇場-No.17

スタートレックなAGPの巻
じゃんくろ劇場-No.17
そりゃそうですな艦鳥

2007.08.16 | | Comments(8) | Trackback(0) | じゃんくろ劇場

クロエ、麦茶で克服

人間たちが何か持っているとクロエが凄い勢いで寄ってきて自分ももらえるかどうか様子を伺い始めます。
常用している青いグラスに入った飲み物は特に気を引くアイテムとして大人気。
これを見るとジャンリュックは踊りながら、クロエは真っ直ぐ突っ込んで来るという構図がデフォルトになってしまいました。
このグラスにコーラなんぞ入ってたりしたひにはその怪しげな色合いが素晴らしいのか、欲しくて欲しくて身悶えしちゃうヨウムが見受けられます。

夕べは麦茶を飲んでいたらこれも好評でなんだなんだと寄ってきたので、カフェインの入っていない麦茶ならと小さい器に少しだけ入れて差し出してやりました。
この器はクロエがびびって近寄れなかった器です。
何度近付けてもダメだったのに麦茶ほしさに克服してしまいました。

くれくれクロエは飲食に対する気合いの入り方が違うっすー。
でもちょっと舐めたらブンブン首振っちゃったっすー。
ヨウムと麦茶
そ、それで飲めっての? くろちゃんどうしよう…

2007.08.15 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

今朝のヨウムたち

ジャンリュックは朝カバーをめくると上の止まり木からゆっくりと降りてきます。
既に下にいることもありますが大体はぎりぎりまで動き出さないことにしているらしく、ヒトが覗きこんでも「あ?朝ですか」という確信を得てから。
かたやケージの天井にぶら下がって支度の邪魔をするというのが朝のクロエ習慣。
乗っけている金網を足でがっちり押さえ込んで離さないのがこだわりどころ。

ケージから出したらまずは止まり木に乗せるのですが、今日はクロエに後ろを取られて腰を噛まれました。

朝のカバーをあげたばかりでまだ瞳孔が開いているジャンリュック。
起き抜けのジャンリュック
あさっぱらからご苦労だね

2007.08.14 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

じゃんくろFAQ(よくある質問と答え・ウチだけ限定)

Q.ケージで粘って出てこないジャンリュックやクロエはどうやって引っ張り出せばよいですか?

クロエがジャンリュックのケージでおもちゃの鎖を引き寄せ、ブランコ枠と一緒に掴んで考え事。
こんな風にいつまでもジャンリュックのケージに居座って出てこない時に引っ張り出すのはなかなか骨が折れますね。
外に出たくないジャンリュックも頑固に粘って掃除をさせてくれないことがあるようです。

A.その場合立ち上がって
「そこに居たければ好きにしてていいよ。それじゃあっち行くね、バイバーイ」
などと手を振って出ていくのがポピュラーな手法です。
ジャンリュックはそれでも出てきたくなければ出てきませんが、クロエの場合は独りぼっちにされるのがとっても嫌なので慌ててケージから出てきます。
ジャンリュックも連れて行ってしまうと大変効果的でしょう。

やれやれ。
クロちゃんそこあなたのおうちじゃないんですけど。
ブランコで鎖を掴むクロエ
じゃんのものはくろちゃんのものだもーん

2007.08.13 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

朝のヨウム部屋の温度は

このところ毎日ヨウムたちを起こす時間には部屋の温度が32.5度前後に上がっています。
ケージにはカバーが掛けてあるので相当中は暑くなっているでしょう。
うちのふたりは30度を超えるあたりからヘタれてきます。
そのためか朝方水を沢山飲んでしまうようで朝イチのうんpはかなり水分多め。
バテませんように。

朝の窓辺にかるーく風が入ってきます。
湿度も高くないからか、ほどよい涼しさを伴う風に気持ちよさげなジャンリュック。
朝の窓辺のジャンリュック
今日はなんだか気分いいよ

2007.08.12 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

呼んだらお返事

今日はジャンリュックとクロエのよいお返事教室。
じ、実はクロエのほうがオヤジ声だということがよく判ります。

2007.08.11 | | Comments(6) | Trackback(0) | 動画付き日記

クロエセンサー

クロエはジャンリュックのすることが羨ましくて自分も同じ事をしたがります。
自分に内緒で何か美味しい物をもらっていないだろうか、面白い物を持っていないだろうかとジャンリュックを見張っているのです。
クロエセンサーはジャンリュックがソバの器にペレットを持ち込んでぽりぽり食べ始めた瞬間をキャッチ。
急いでジャンリュックのケージに入って警戒を怠りなくペレットを盗み食い、攻撃をかわしながら撤退に成功しました。
ペレットは大きさが違うので食感も違うのでしょうが、レアな要素はまるでないのです。
しかしそれでも嬉しいという、味は幸福感。
同じ物を食べたというだけで幸せになれるクロエって前向きで楽しいおんなのこなのさ。
クロエ正面
なになになーに?
クロエカキカキ待ち
どうぞ?

2007.08.10 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

いけず野郎ジャンリュック

本日の動画は哀しい少女クロエの物語。
掻いてって頼んでるのにやる気ゼロのジャンリュック。

2007.08.09 | | Comments(6) | Trackback(0) | 動画付き日記

出てってくれよと心で叫ぶ

呼んでもいないのにクロエがジャンリュックのケージに上がり込んで好き放題するのこと。
早く出てってくれないかなーと耐えて待つジャンリュック。
かたやジャンリュックのどよーんとした気持ちに気付こうともせずブランコに乗って次は何をしようかと考え中のクロエ。
写真で見ると仲良しなふたりに見えるかもしれませんが、あくまでもジャンリュックはどよーんとしてます。
この直後、クロエはジャンリュックに背中を狙われて「キャッ」と叫びながら慌てて落ちそうになってました。
じゃんくろinじゃんケージ
くろちゃんなーんにも悪いことしてないもん

2007.08.08 | | Comments(8) | Trackback(0) | 日記

じゃんくろ劇場-No.16

じゃん宅訪問の巻
じゃんくろ劇場-No.16
くろえさんの場合ありがちだよねえ

2007.08.07 | | Comments(4) | Trackback(0) | じゃんくろ劇場

ヨウムの鼻歌

その昔作られた映画でアタックオブザキラートマトという何とも言えない味わいの超B級作品があります。
この作品の中にヒットチャート1位のPopsという設定の曲が出てくるのです。
日本語訳では「恋する思春期」といっていろんな意味で忘れられない一曲。
この歌はキラートマト退治の大事な鍵となります。
なぜならとってもヘタクソだから。
トマトはコレを聞くと悶え苦しんで行動がままならなくなります。
ある日時々ジャンリュックが歌っている鼻歌と「恋する思春期」がそっくりであるという恐ろしい事実が私を襲いました。
私はトマトのように悶え苦しみます。
可笑しくて笑い出すと力が抜けてしまうです。

んーんーへーはーろーにゃー、みたいな。

ジャンリュックペンギン化計画
ジャンリュックペンギン化計画
寒いとこはやだ

2007.08.06 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

ジャンリュックと階段とスクリーン

今日のふたりは疲れた様子もなくいつもと変わりなく過ごしました。
クロエは昨日のお出掛けのために持って行ったおやつの袋が見えて物欲しげ。
それはあげない。

昨日のオフ会にて、しまもり氏宅の螺旋階段を登っていくジャンリュック。
彼にはとっても登りやすかったようです。
オフ/ジャンリュック階段
これなら自分で上までいけるよね

ジャンリュックは掃除をするときに窓のロールスクリーンを動かすと、その揺れ具合が気持ち悪いのか決まってビビります。
彼は昔、鳥のデザインであるこのスクリーンをいつもじーっと見ていました。
とても好きだったようで(揺れるとき以外は)はっきりと見つめているのが判るほどでした。
でもクロエがやってきた頃それを見つめ続けることはなくなったのです。
現実の友達がやってきてジャンリュックは絵の友人にさよならを言ったのかもしれません。
ジャンリュックとロールスクリーン
カゴの中のきみってだれよ?

2007.08.05 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

鳥オフに参加

土曜日はGPW会長さん宅でのオフに鳥連れでお邪魔しました。
ヨウムさんが5羽とボウシさんとセキセイさんというすごい景色の中で楽しく過ごしてまいりました。
みんなそれぞれ個性があって面白い鳥さんたちと親切で楽しい飼い主さんたちにすっかり甘えさせていただきましたよ。

うう、でも残念ながらこちらのお宅のぽちちゃんの撮影に失敗してしまって写真がありません。
お部屋の主なのにごめんねぽちちゃん。

左がクロエ、右がとっても優しくてよいこのアッシュちゃん
オフ/アッシュちゃん・クロエ

じっくり時間をかけてリンゴをいただく未来ちゃん
オフ/未来ちゃん

周囲の騒ぎにどこ吹く風ののんちゃん
オフ/のんちゃん

おや?こちらのお宅にもウチと同じ発着所があったよジャンリュック
オフ/ジャンリュック
うちのは使いたくないけどこっちのは位置が高くて落ち着くなー

クロエは緊張で固まってしまうだろうと思っていましたが、すぐにリラックスして人の頭に図々しく乗っかりまくり、手にも乗せてもらってくつろいでいました。
ジャンリュックはといいますと、隣に来たアッシュちゃんが頭を差し出して友好を深めようとしてくれたのに恐ろしくて攻撃に出るというヘタレっぷりでした。
もっと世間を知る機会を差し上げたいもんだなと思いましたです。

2007.08.05 | | Comments(10) | Trackback(0) | 日記

■ジャンリュックとクロエ・名前由来■

ジャンリュックは某スタートレックの艦長の名、ジャン=リュック・ピカードから。
ジャン=リュックとくればゴダールやバイオリニストのポンティなど凄い面々がいらさるんでどうとでもかっこよく言えるなあとも思ったんですが、うちのはやっぱりピカード艦長です。
頑固なとこだけ似ています。
2001年11月のジャンリュック
2001年11月のジャンリュック

クロエのほうはいろいろ候補名を並べてから悩みまくって決めました。
パメラとかシャーロットとか欲張ってかわゆい名前をつけようとしましたが、呼びやすさも考えてクロエに落ち着きました。
鳥自身も発音できるかなんてこともうっすらと考慮基準に。
ちなみにパメラの出所はパメラ・アンダーソンだったんで、つけなくてヨカタと思いましたです。
全っ然違います。
てか違うにもほどがあります。
2003年4月のクロエ
2003年4月のクロエ

2007.08.04 | | Comments(6) | Trackback(0) | じゃんくろデータ

よの字とC子-No.01

よの字とC子4コマ・本日初up・脱力してテキトーにご覧ください。

ぴなあっつはどこから?
よの字とC子-No.01

2007.08.03 | | Comments(8) | Trackback(0) | よの字とC子

«  | HOME |  »

profile

katsuwodori

Author:katsuwodori
記事を書くひと=かつをどり/♀
ネタ提供=ヨウムのJean-Luc(ジャンリュック)とChloe(クロエ)・あるいはよの字とC子
ジャンリュックとクロエのデータはこちら

よの字とC子ごくたまれんさい

banner

よの字とC子banner

blog内検索

mail-form

●ご連絡はこちらからどうぞ↓

お名前:
メール:
件名:
本文:

 

QRコード